2018年5月17日 (木)

アトレ川崎「白金魚プラチナフィッシュ」クラフトビールのボトルが買えて、樽生が飲める場所

先日、2018年2月川崎駅北口直結のアトレにOPENした「白金魚プラチナフィッシュ」にお邪魔しました。

こちらは12種類の樽生クラフトビールが飲めるビアバル。

12種類は全て日本のクラフトビールです。

Sサイズ710円、Lサイズ1140円、そして3種類選べる飲み比べセットが1400円。

こちらが飲み比べセット。
お会計はキャッシュオンデリバリーです。

カウンター席が中心で、駅でサクッと飲むのにぴったりのお店。

おつまみもワンコイン程度でそろっています。
こちらはお店のイチオシ、北海道産かみこみ豚のローストポーク。
500円でこのボリューム!しかも美味しい。

こちらは北海道帯広産スモークジャーキー540円。

サンクトガーレンからは湘南ゴールド(オレンジ)パイナップルエールYOKOHAMA XPA(IPA)の樽生が順次つながっています。
タイミングによっては飲めないこともあります。

そしてこちらのビアバルの最大の特徴は、目の前のマルシェでボトルビールを購入することが出来るということ。

冷蔵庫には各社のボトルビールがびっしり。
サンクトガーレンからは9種類のボトルビールが並んでいます。

ビアバルで飲んだ湘南ゴールド(オレンジ)パイナップルエールYOKOHAMA XPA(IPA)をここで自宅用に買って帰ることが出来ます。

他にはベアードビール、城端ビール、富士桜ビール、箕面ビール、KAGUAなどなど。
適宜入れ替わりもあるそうです。

関連ランキング:ビアバー | 川崎駅京急川崎駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 6日 (日)

横浜DeNAベイスターズ「Boulevard Cafe &9」でクラフトビール。ホームラン割発動なら最大50%引き。

ヨコハマフリューリングスフェストの帰りに、お疲れビールを飲みに横浜DeNAベイスターズが運営する「Boulevard Cafe &9」に寄ってみました。

横浜スタジアム目の前の、「旧関東財務局横浜財務事務所」の1階にあります。
横浜市所有の指定有形文化財でもある風格ある建物。

入り口を入ってすぐに、ずらりと並ぶ20本のビールタップ。

このタップハンドルは実際に試合で使われていたバットやボールを利用してつくられたもの。

こちらではベイスターズのオリジナルビールなど常時10種類以上のクラフトビールを楽しむことができます。
中でも神奈川のクラフトビールのラインナップが豊富です。

本日のラインナップはこちら。
サンクトガーレンからはYOKOHAMA XPA(ワールド・ビア・アワードで2度のワールドベストを獲得したIPAビール)湘南ゴールド(夏季限定のオレンジのフルーツビール)がつながっています。

スタッフが試飲してつくられた味覚チャートが参考になります。
これによると、湘南ゴールドはこの日のラインナップで最も甘くてすっきりしたビール。
YOKOHAMA XPAは最もどっしりして苦いビールとなるようです。

ビールはハーフパイントが550~700円、パイントが800~1100円。
1番人気があるのは3種類自由に選べる飲み比べセットだそうです。



塁ベース形の椅子なんかもあります。
奥にはゆっくり座って楽しめるテーブル席(店内がL字型になっています)。

おつまみには季節野菜のスパイシーグリルを。
塩気も強めでビールが進みます。

ベイスターズのホームゲーム時は店内で放映があり、ベイスターズの選手がホームランを1本打つと、その回に注文したドリンク10%引きという「ホームラン割引」が発動されるそうです。

2本目は20%引き、3本目30%引き・・・10本目100%引き!?!?
さすがにそれはなく、上限は50%引きまでだそう。

※予告なくサービスの終了、変更がある場合がありますので、実施の詳細については店頭にてご確認下さい

店内も多いに盛り上がるそうです。ぜひ次はホーム戦にお邪魔してみたいです。

関連ランキング:カフェ | 日本大通り駅関内駅石川町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

ジャンドロ店長へ。8月26日は1000Lのビールを用意してShonan BMW スタジアム平塚でお待ちしております!登山靴を用意してお越し下さい。

サンクトガーレンが公式ビール(ベルマーレビール)を手掛けている湘南ベルマーレは本日、味の素スタジアムで対FC東京戦でした。

FC東京グッズショップ のジャンドロ店長(ジャンドロンパ人形)は、対戦相手に合わせてコスプレをするのが名物になっています。

今日の店長のコスプレは…うちへの挑戦状じゃないですか!!!!

説明しよう!

FC東京のサポーターさんは食欲旺盛なことで有名。アウェイ各地のスタジアム内外で名物を食いつくすため「蝗(イナゴ/イナゴの大群が通ると全ての食物が食べ尽くされ、何も残らない様から)」と言う名称がついているほど。

ベルマーレビールの歴代最高消費量記録(560L)をもっているのもFC東京サポーターの皆様で、今年の8月26日の試合でその記録更新が期待されています。

ベルマーレビール歴代消費量ランキング

【1】560L FC東京戦(2016年5月8日)
 →FC東京サポーターとベルマーレビールが今年も激突(ドメサカブログ)
【2】485L 川崎フロンターレ戦(2016年7月30日)
【3】445L FC東京戦(2015年4月12日)
 →FC東京サポーター、ベルマーレビールの消費量で歴代最多記録をたたき出す(ドメサカブログ)
【4】415L ガンバ大阪戦(2015年4月18日)
【5】385L 川崎フロンターレ戦(2015年8月22日)
【6】380L 横浜F・マリノス戦(2016年7月2日)
【7】355L 松本山雅FC戦(2015年9月12日)
【7】335L サンフレッチェ広島線(2016年8月13日)
【9】350L 浦和レッズ戦(2010年7月25日)
【10】315L 横浜F・マリノス戦(2015年9月26日)

今年は夏の試合ということもあり、サンクトガーレンからは1000Lのビールを用意していく予定です。

2016年の500Lの空樽の山でこの高さ。

まさか飲み尽されないとは思いますが、万が一、2倍量の1000Lが飲み尽くされたら、この2倍の高さなので、ジャンドロ店長は登山靴を用意したほうが良いかもしれませんね。

いやー、でも、まさかね。1000Lですよ?ビールイベントじゃなくてサッカーの試合ですよ?
そこで1000Lのビールが飲み尽されるなんてことが、ある訳ないと思うんですけど、どうだろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018年4月 酒税法改正。それでもビールになれないフルーツビール。