2018年7月19日 (木)

ビール会社では「お湯が沸かないので、帰れません!」ということがあります

昨日SNSに以下のような投稿をしたところ何個か質問を頂いたので、まとめて回答してみます。


■麦芽はお湯で煮込みながら粉砕するのではないのですか?

コーヒーを淹れるのにお湯と挽いたコーヒー豆を用意しておくのと同じで、
麦汁をつくるためにお湯と挽いた(粉砕した)麦芽が必要です。


■麦芽はお湯に浸して、柔らかくなってから砕くのかと思っていました

粉砕していない麦芽は脱穀していないお米と同じで、 お湯に浸しても柔らかくならないし、内の糖分も抽出されません。
外の硬い殻を粉砕して、内の糖分(ビールの発酵に必要)を抽出しやすくしています。


■前日から準備するんですか?

ビール1回の仕込みにはだいたい6、7時間かかります。
サンクトガーレンの発酵タンクは2回仕込んで満タンになるので、1日2回仕込み(ダブルバッチ)が基本です。

そうすると仕込みの日は12時間以上かかることになり、 (厳密には1回目と2回目の仕込みは途中から並行して行うので、単純に倍の時間がかかる訳ではありません) 少しでも時間を短縮するために前日に出来る準備をしておきます。

前日準備は麦芽の粉砕のほか、お湯を沸かしておく(約5000L)ことも必要です。
5000Lのお湯が沸くのに約7時間かかるため、前日は朝イチからお湯を沸かしておかないと、「お湯が沸かなくて帰れない…」とか、最悪仕込みのスケジュールを変更することもあります。

沸かしたお湯はホットリカータンクで保温しておきます。
見た目はビールタンクのようですね。

Photo

ちなみに隣のタンクはコールドリカータンク。
中の水は水道水よりも冷たくなっていて(2度くらい)、これは麦汁を冷やす時に使います。

熱々の麦汁の中にビール酵母を入れると死んでしまうため、醸造の最後の工程で麦汁を冷やして発酵タンクに移す必要があるのです。


●糖化槽…ここで砕いた麦芽とお湯を合わせて「麦汁」をつくります

●煮沸釜…糖化槽でつくった麦汁をここで煮沸。
ホップや、フルーツビールなどをつくる際の果物はだいたい煮沸の途中で投入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金)

【完売必至】 毎夏恒例、保冷バッグ付録付き「GLOW(グロー)」8月号発売中

クラフトビールは要冷蔵のものが多く、持ち運びには保冷バックは必須ですよね。 そんな方に見逃せない情報です。

毎年恒例、DEAN&DELUCAの保冷バッグ付録付きの「GLOW(グロー/宝島社)」8月号が今年も発売になっています。

863cb03c6dcb4f74a5a9a680f5e37f78

昨年は白だったので汚れが目立つなぁ…と思っていたのですが、

今年は汚れの目立ちにくいモスグリーン(正確にはソーホーグリーンという色だそうです)。

S・M・Lサイズの3点と、DEAN&DELCAデザインの保冷剤がセットになっています。

Sサイズは縦9.5×横9.5×マチ10㎝で、デザートを入れるのにちょうど良さそうなサイズ。

Mサイズは縦19.5×横19.5×マチ10㎝で、サンクトガーレンのビール3本を立てて持ち運べるサイズ。

Lサイズは縦21×横22×マチ21.5㎝で、サンクトガーレンのビール6本は余裕で入るサイズ。 Lサイズは肩から下げられるストラップ付。

昨年は1週間で50万部が完売したそうなので、今年も完売必至です。
気になる方は書店へお急ぎ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

箱根 芦ノ湖テラス「ラ・テラッツァ」で窯焼きピッツァと、オリジナルラベルの湘南ゴールドビール

週末、梅雨の合間をぬって箱根に行ってきました。

芦ノ湖テラスにあるイタリアンレストラン「ラ・テラッツァ」は天気の良い週末はいつも混雑していて1時間待ちということもあるのですが、この日は雨が降ったり止んだりの天気だったためか待つこともなく中へ。

天井が高く、大きな窓からは芦ノ湖が一望できます。
晴れていればテラス席も利用できます。

こちらのお店では約30種類のピッツァとともに、湘南ゴールドビールのボトルが楽しめます。

ピッツァは店内にあるイタリア製の薪窯で焼き上げられた本格的なもの。
「ディアヴォラ コン プローヴォラ」というピリ辛のピッツァを頼みましたが、燻製されたモッツァレラチーズがアクセントになっていて美味しかったです。

ちなみにこちらで頂ける湘南ゴールドはオリジナルラベルのものです。
オレンジの華やかな風味がバカンス気分を盛り上げてくれます。

箱根に行かれた際にはぜひ。

関連ランキング:イタリアン | 箱根その他

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【クラフトビール片手に日本を応援】 ワールドカップ放映が予定されている都内ビアバー3選