2017年10月14日 (土)

横浜オクトーバーフェストで美味しいビールの証“エンジェルリング”づくりにチャレンジを

先日「グラスの内側の気泡は汚れ!?美味しいビールを楽しむために」という記事をアップしましたが、

Photo_2

その逆の美味しいビールの証と言われるのがエンジェルリング。

美味しいビールの泡はすぐには消えず持続力があるため、最初の1口から最後まで泡が残ります。
エンジェルリングはそのビールの泡が上から下に移動していった跡です。

綺麗なエンジェルリングは何個かの条件が揃わないとできません。

ビールが新鮮であること、ビールの通るラインやサーバーが綺麗であること、そしてビールの注ぎ方はもちろん、使うグラスや飲み方にも重要なポイントが。


【ポイント1】
食器洗浄機で洗ったグラス(もしくはグラス専用スポンジで洗ったグラス)を使うこと

通常、鍋や食器を洗うスポンジは綺麗に洗ったつもりでも油分が付着します。

そのスポンジで洗ったグラスにも(目には見えませんが)油分がつきます。

ビールの泡にとって油は大敵ですので、そのグラスに注いだビールの泡は粗くなり、すぐ消えてしまいます。

お薦めは食器洗浄機で洗ったグラスを使うこと。


食器洗浄機が無い場合は、グラス洗浄専用スポンジで洗ったグラスを使うのがお薦めです。

【ポイント2】
自然乾燥させたグラスを使うこと

意外に思われるかもしれませんが布で拭いたグラスはNGです。

目には見えない布の繊維がグラスの内側に付きビールの泡を粗くします。

グラスを洗い終わったら水を切って自然乾燥がベストです。

これらの条件が揃っているのが横浜オクトーバーフェストです。

ビールは毎日工場から運んでいて鮮度抜群。グラスは食洗器で洗い、自然乾燥です。

22089393_1804968519543943_682686887


【ポイント3】
ビールを飲むときは泡を上唇で押さえながら飲む


綺麗なエンジェルリングを作るには飲み方にもポイントがあります。

最初に泡を飲んでしまうのではなく、 泡を上唇で押さえて、泡の下の液体を飲むようにします。

最後まで泡が蓋の役割をし、液体から気が抜けるのを防ぎ、ビールの液面と空気が触れるのを防いでくれます。

ただ油は大敵なので、口紅を付けている方はエンジェルリングをつくるのは難しいようです。

22154311_1803970302977098_866223417

残りあと2日ですが、横浜オクトーバーフェストにお越しの際には、ぜひ綺麗なエンジェルリング作りにチャレンジしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 7日 (土)

横浜ワールドポーターズ5階「美食米門 横浜店」でクラフトビールフェア

横浜ワールドポーターズ5階「美食米門 横浜店」でクラフトビールフェアをやっているということで、横浜オクトーバーフェスト後にお邪魔してきました。

ラインナップされているのは北海道麦酒醸造、ノースアイランドビール、ベアレン醸造所、常陸野ネストビール、コエドビール、箕面ビール、宮下酒造、ヘリオス酒造、そしてサンクトガーレン。
いずれもボトルでラインナップされています。

悩みましたが、やはり頼んだのはYOKOHAMA XPA
スタッフの方が横浜のキリンビール工場見学で習ってきたという3度注ぎで注いでくれました。

最初に勢いよく泡をたてて注ぐと、炭酸がほどよく抜けて樽生ビールのように柔らかい飲み口になります。
(ボトルビールは瓶詰めの際に炭酸ガスの圧力を利用するため、どうしても樽生ビールよりも炭酸が強くなっています)

Img_5272_1

アテに梅水晶。これ大好きなんです。
サメの軟骨と梅肉を和えた珍味なのですが、意外と出会えないメニュー。
コリコリした食感と、梅の酸っぱ過ぎず甘過ぎずの塩梅が本当に絶品。

彩り野菜のバーニャカウダ。
醤油麹のオリジナルシースで頂きます。

串揚げ3種盛り合わせ。
トマト豚バラ巻き、カマンベールチーズ、海老のフライ。

熟成 牛フィレ肉の陽炎石焼き。
恐らくこちらの名物メニューのようで、どのテーブルの人も頼んでいたと思います。

目の前で炙って仕上げてくれます。

Img_5271

特選海鮮大名丼で〆。
酢飯が美味しかったです。

窓際の席なら観覧車を目前にお料理を楽しむことが出来るためか、カップルの方が多かったです。
こういう方たちが、クラフトビールを楽しんでくれるようになると嬉しいなと思いました。

美食 米門 横浜店

関連ランキング:居酒屋 | 馬車道駅みなとみらい駅桜木町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

「東京味わいフェスタ(臨海副都心)」で、“食べる雑巾”と検索すると1番上に表示される、エチオピアのインジェラを食べてきた

サンクトガーレンは24日(日)まで臨海副都心で開催中の「東京味わいフェスタ2017」に出店しています。

サンクトガーレンからは6種類のビールをご用意しています。
1杯500円で楽しめるほか、専用の「Taste of Tokyo」グラスを200円で購入して頂くと、1杯200円で楽しめます。

1杯200円で楽しめるのはサンクトガーレンと、デビルクラフトと、TDM 1874 BREWERYの3社。
グラスは自分でリンサーで洗います。それもまた楽しいです。

このイベントでは日本各国の郷土料理のほか、珍しい海外のソウルフードが500円程度で色々楽しめます。

これはポーランドのソーセージ「ケウバサ」。蛇のように大きくてびっくりします。
ソーセージ単品なら400円。ポテト付きで500円。
肉々しい味わいはビールにぴったり。

個人的なイチオシはジャマイカのチキンスープ。確か300円とリーズナブル。
スパイシーな味わいかと思いきや、チキンのお出汁の効いた優しい味わい。
小麦粉のおだんごスピナーズは“すいとん”のようで、どことなく和を思わせる1皿。

Img_3958

さらに今回のイベントで、エチオピアのブースで“食べる雑巾”と言われるインジェラが食べられると聞いて試してみました。

食べられる雑巾なんて、そんな失礼な…と思う方がほとんんどだと思うのですが、
事実として「食べる雑巾」と検索すると上位にはインジェラの情報が出てきますし、
インジェラを検索すると予測変換で「雑巾」と表示されます。

日本の納豆が海外で“足の臭い”と言われるようなものなんでしょうね。



何が雑巾なのかと言うと、まず見た目。
グレーがかったこの色合いと、

この表面の気泡。
これがタオルやスポンジを連想させるようで、グレーの色と相まって雑巾…と。

インジェラは“テフ”というイネ科の実を発酵させて蒸し焼きにしたもの。
この気泡は発酵の証。



カレーのような辛い煮物(ワットというようです)と一緒に頂きます。

インジュラ初体験の感想は…香りはビール酵母のような香り。
ドイツのビール酵母を使ったライ麦パンのような香りがします。

そして肝心の味ですが、、、、酸っぱい!とても酸っぱい!
傷んだビールのような酸っぱさがあります。

この味も雑巾と言われる所以なのでしょうか。

“テフ”はグルテンフリーの健康食材。
鉄分・ミネラルも多く含まで、ハリウッドセレブの間ではスーパーフードとして注目されているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«乾杯からはじまる異色のヨガ 【 ビールヨガ 】 は、笑いっぱなしの最高の50分だった