2018年2月15日 (木)

クラフトビール樽生30種類が480円、780円の均一価格 【クラフトビアマーケット ルクア大阪店】 に行ってきました

クラフトビール樽生30種が480円、780円の均一価格で楽しめ関東で絶大な人気を誇るビアバー「クラフトビアマーケット」が昨年末関西に初出店。

先日、大阪をまわった際にお邪魔してきました。
大阪駅直結の国内最大級の駅型商業施設、LUCUA(ルクア)の地下2階にあります。
日曜日のお昼過ぎにお邪魔しましたが、にぎわっていました。

これが480円のグラスサイズです。

「クラフトビールを楽しむときはまず香りから(by 社長)」

この日はお昼を食べてからお邪魔したので、おつまみは軽く。

お店の名物でもある盛り合わせを頂きました。5種類の前菜が楽しめて1,080円。2人でも十分な量。
ごぼうのピクルスが入っていたのですが、これが初体験の美味しさでした。

今、サンクトガーレンからはオレンジチョコレートスタウトの樽がつながっています。
今年のオレンジチョコレートスタウトの工場にある樽在庫は、もうほぼ完売となっていますので、お飲み逃しなく。

関連ランキング:バル・バール | 大阪駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪神)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

大阪なんば バー「NOLA(ノラ)」でサンクトガーレン特集開催中(2018年2月)

週末、バレンタインでお世話になっている関西の売場をまわってきました。







夜は、大阪なんばのバー「NOLA(ノラ)」さんにお邪魔しました。

雑居ビルの2階にある隠れ家のような外観。

今、こちらでは13種類のサンクトガーレン ボトルビールが楽しめます。

現在楽しめるほぼ全てのボトルビールが揃います。

まずはゴールデンエールから。

カウンター席の両隣のお客様も偶然(?)サンクトガーレンを飲んで下さっていて、嬉しくなります。

NOLAさんは驚いたことにフードが300円で色々楽しめます。
さらにサンクトガーレン特集ということで、神奈川のフードも色々。

こちらは神奈川産いわしのスモーク。繰り返しますが300円!
神奈川でいわし??と思いましたが、そうでした!神奈川にはいわしで有名な相模湾がある!

他におでん、いわしのフライ、たたみいわしなどがありましたよ。

今年のインペリアルチョコレートスタウトも頂きました。
少し時間をおいてぬるくなったほうがお薦めです。

一緒に頂いたのは、具だくさん粕汁。
具だくさん過ぎて、もはや汁物というより煮物!温まります。

大阪の飲み屋さんでは粕汁をメニューに入れているお店が多いんだそうです。初耳。

〆にアップルシナモンエール
店主の寺田さん(写真)とサンクトガーレンとの出会いは14~15年位前の大阪ビアフェス。
初めて日本の地ビールが美味しいと思ったブリュワリーがサンクトガーレンだったそうです。

それ以来、お店でちょくちょくボトルを扱って頂いていますが、今回最多となる13種類が楽しめます。
サンクトガーレン特集は今月末頃までの予定です。

お店はカウンター席だけかと思いきや、奥に秘密の小部屋「インペリアルスタウトルーム」なるものがあります。
"インペリアルスタウトをゆっくり楽しむほしい部屋"がコンセプトだそうで調度品などもカッコイイんですよ。
グループでの利用にも良さそうです。お近くの方ぜひ。

関連ランキング:バー | 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)難波駅(南海)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

1月16日は禁酒法公布にちなんだ「禁酒の日」。禁酒法をかいくぐって生まれたビールとは。

今日、1月16日は禁酒の日。
1920年のこの日にアメリカで禁酒法が公布されたことにちなみ制定されたそうです。

ここでいう“酒”は飲料用のアルコール0.5%以上のもののこと。
当時のアメリカではアルコール0.5%未満のものは酒扱いではなということで、ビールに似た低アルコール飲料「near beer(ニアビール)」が沢山登場したそうです。

一方、日本ではアルコール1%未満のものが法律上ノンアルコールに分類されます。

そのためサンクトガーレンは一部の大手メーカーにしかビール造りが許されていなかった1993年、六本木で酒造免許の要らないアルコール1%未満のノンアルコールビールの醸造をしていました。(と並行して、アメリカでビール免許を取得)

日本でノンアルコールビールの市場が活発化したのはそれから10年後、飲酒運転が厳罰化した2003年のことでした。


※1992年4月1日、24時間限定でそのノンアルコールビールが復活。
http://www.sanktgallenbrewery.com/news/20120401.html

Photo

※現在、ノンアルコールビールの製造にはもろみの免許が必要です。

※ノンアルコールに分類されているものでも、完全なアルコール0.00000…∞ のものでない限りは、体質や飲む量によっては飲酒運転となる可能性があります。ご注意下さい。また未成年の方も飲用出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【12月1日は映画の日】タイタニック気分を味わえる、黒ビール「ポーター」