2017年2月26日 (日)

鎌倉市景観重要建築物、鎌倉「三河屋本店」は神奈川のクラフトビールがずらり揃う、戦前から続く老舗酒屋

北鎌倉でつるし飾りを楽しんだ後は、鎌倉へ。

鎌倉の鶴岡八幡宮の表参道にあたる「若宮大路」にもサンクトガーレンの販売店があります。
それがこちらの三河屋本店。

古都鎌倉の中でもひときわ歴史を感じさせる重厚な建物。
それもそのはずで、三河屋本店は鎌倉市景観重要建築物に指定されています。

三河屋本店は明治33年創業で、現在の建物は昭和2年に建てられたもの。
出桁造りの店構えは複雑に重なり合う屋根、長大な差鴨居など伝統的な戦前商店建築を代表する建物でもあるそう。
恐らく、サンクトガーレン販売店の中で最も歴史ある酒屋さんなのではないかと思います。

店内にはサンクトガーレンをはじめ、鎌倉ビール、湘南ビールもずらり。
北鎌倉の恵みだけではなく、チョコビールさくらも販売中です。

麦のワインはかなり多くの本数を確保されていて、見本の1本を除き新聞紙で遮光しながら丁寧に販売して下さっています。

店内にはお店の歴史を感じさせるものが色々。

この真ん中のジョッキは何リットル入るのかなぁ。
1リットル以上は入りそうです。

お店の横には店舗と蔵をつなぐトロッコのレールが敷かれており、未だ現役だそうです。

レールの長さは約30m。

YouTubeに動いている様子がアップされていました。

鎌倉散策、鶴岡八幡宮参拝の際にはぜひ!


■三河屋本店
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-9-23
電話:0467-22-0024
営業時間:9:00-19:00
定休日:火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

ビール「北鎌倉の恵み」をお伴に、100個のつるし飾りが並ぶ北鎌倉の街散策(2017年3月20日まで)

JR北鎌倉駅を中心に、南北約2Kmの県道沿いの店舗などが参加する「つるし飾りのある街」が3月20日(月・祝)まで開催されています。

まずは駅近くの(駅を出たら右に真っすぐ)スリーエフ北鎌倉店で…

散策のお伴の「北鎌倉の恵み」を購入。
このビールは日本では珍しい硬水の北鎌倉の湧水で仕込んだビールです。

お店の店頭に色んなデザインのつるし飾りが出ています。

ファミリーマートの店頭や

北鎌倉の駅

あじさい寺として有名な明月院にも。
丸窓とつるし飾り、外には梅。
(注意:ここは室内に入れないので、外から撮影するしかありません。撮影に行かれる方は望遠レンズを持参されることをお薦めします)

市内約100箇所で飾られているそうです。



2011年からはじまったというこのイベント、

北鎌倉の歴史を感じさせる、武士や僧侶などをモチーフにしたつるし飾りが今年新登場のものだそうです。

今、北鎌倉は梅の花も咲き始めています(まだ満開一歩前くらい)。

鎌倉から少し足を延ばして北鎌倉にもぜひ。

散策のお伴、お土産にはぜひ北鎌倉の恵みを!

33063702066_d5d6ce391c_b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

2006年のインペリアルチョコレートスタウト発売初年を振り返る

今日、取材で使うために発売初年度(2006年)のインペリアルチョコレートスタウトを用意しました。

中身はダミーで、ラベルは本物。

改めて並べてみるとラベルのデザインも素材も大分変わりました。

まず2006年当時はラベルを貼る機械が壊れていて(新しいものを買うお金はもちろん、修理するお金すらなかったし、銀行に貸してももらえなかった)手貼りだったのでネックラベルをつくっていません。

このビールの発売をきっかけにたくさんの新聞やテレビに取り上げて頂き、これまでこちらが頭を下げてもお金を貸してくれなかった銀行が逆に向こうから挨拶に来るようになりました。

私はサンクトガーレンで働く前も広報の仕事をしていましたが、広報の仕事にはこんな効果もあるんだ、とこの時初めて知りました。(広報で融資は勝ち取れる!)

また、当時社長は「アルコールが9%もあるマニアックなビールだから1年がかりでゆっくり販売して、また気が向いたらいつか造る」と考えていたためラベルに年号も入れていませんでした。

ところがこのビールの記事を見た横浜高島屋のバイヤーさんから「うちで販売させてほしい」と熱心にお声掛け頂き、2006年のバレンタインの終わりには2007年のバレンタインの生産が決まりました。
毎年の継続生産が決まったのはこのときで、2007年からラベルに年号が入りました。

今ではサンクトガーレンの大きな柱となっているネットショップを整備したのもこのビールがきっかけです。

当時あまりに電話注文が多かったために、通常業務の時間を全て電話応対にあてなければならず、電話が静かになる夜中にやっと自分の仕事に取り掛かれるような状態でした。
それでこれはマズい…とネットショップの勉強をはじめました。

うーん、懐かしい。

サンクトガーレンにとってインペリアルチョコレートスタウトの存在は本当に大きくて、インペリアルチョコレートスタウトがサンクトガーレンを大きくしてくれたと言っても過言ではないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«【2/23OPEN】 大手町直結、立ち飲みBAR 「壌 大手町店」 。クラフトビール樽生を、ブランド豚の和食とともに。