« 2年連続★最多メダル獲得 | トップページ | パイナップルを速く切るには? »

2007年9月19日 (水)

「インターナショナル・ビアコンペティション」2年連続最多受賞

神奈川新聞(9/19)経済面より

============================

厚木の「サンクトガーレン」
2年連続最多受賞 地ビールコンペ

 日本地ビール協会(兵庫県西宮市)主催の「インターナショナル・ビアコンペティション2007」の表彰式が16日、「ジャパン・ビアフェスティバル2007in横浜」の会場で行われ、厚木市金田の地ビール醸造所・サンクトガーレンが最多の11メダルを獲得した。2年連続の最多受賞(昨年は5個)で、同醸造所が牽引役となり、都道府県別でも神奈川県は最多の15個のメダルを獲得し、2位の山梨県の7個を抑えてダントツの1位となった。

 サンクトガーレンが獲得したメダルの内訳は、金2個、銀5個、銅3個。金は同醸造所が提案するデザート感覚で楽しむビールのうち、「スイートバニラスタウト」と「黒糖スイートスタウト」が受賞した。

 「バニラスイートスタウト」はアロマホップの代わりにバニラビーンズで甘い香りを溶け込ませた黒ビールで、チョコレートのような後味。「黒糖スイートスタウト」は沖縄県・伊平屋島の黒糖を使った黒ビールで、泡までしっかり黒糖の風味が付いていて、飲む和菓子といった趣。

 銀は、昨年のボジョレー・ヌーボー解禁日に合わせて販売したワインに近いビール「エル・ディアブロ」(スペイン語で「悪魔」の意)や、今年のバレンタイン・デーに向けて仕込んだチョコレート風味の「インペリアルチョコレートスタウト」が受賞した。

 県内からは同醸造所のほか、横浜ビール(横浜市中区)の「横浜エール」が銀、箱根ビール蔵(小田原市)の「箱根ピルス」が金、同「小田原エール」が銀、湘南ビール(茅ヶ崎市、熊澤酒造)の「湘南リーベ」が金、同「湘南ルビー」が銀を受賞した。

 サンクトガーレンは、日本で地ビールが解禁される前の1993年に米国・サンフランシスコで創業し、日本に地ビールを逆輸入した「元祖地ビール屋」。これがきっかけで、翌年にビールの醸造免許の基準が2,000キロリットルから60キロリットルに引き下げられ、地ビールの醸造が容易になった(いわゆる地ビール解禁)。同醸造所は、現在は厚木市に拠点を移し、岩本伸久社長(醸造長)以下3人で地ビールを造っている。岩本社長らは「おいしいビールを醸造するのはもちろんのこと、地ビールを知らない人にも『まず飲んでもらう』きっかけとなるような、話題性のある商品開発にも力を入れたい」と、意気込んでいる。

============================

これからも、応援よろしくお願いします>>>ランキング

こちらもよろしくお願いします>>>>酒ブログランキング

|

« 2年連続★最多メダル獲得 | トップページ | パイナップルを速く切るには? »

サンクトガーレン、マスコミ登場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/8104128

この記事へのトラックバック一覧です: 「インターナショナル・ビアコンペティション」2年連続最多受賞:

» 鹿児島 地ビール [ビール好き]
【クール便送料無料】富山の地ビール飲みくらべ8本セット商品価格:3,360円レビュー平均:4.86うまい酒とワインとビールのお店 上越で祭りに向け生原酒製造新潟日報上越、妙高両市の蔵元19社とワイン、地ビールメーカーなどが一堂に会する「越後・謙信SAKEまつり2007」(..... [続きを読む]

受信: 2007年10月 7日 (日) 17時29分

« 2年連続★最多メダル獲得 | トップページ | パイナップルを速く切るには? »