« ヴァイツェンの香りが変わる発酵温度の境目☆地ビール会社の広報による“超私的”ビール解説 | トップページ | 横浜オクトーバーフェストでの出来事 »

2007年10月 4日 (木)

日本経済新聞に掲載されました

(日本経済新聞 神奈川・首都圏経済面 10月4日)

ボージョレ解禁日 〝麦のワイン〟いかが
サンクトガーレン 長期熟成ビール発売

 ボージョレ・ヌーボー解禁日に麦のワイン」を---。
地ビール会社製造のサンクトガーレン(神奈川県厚木市、岩本伸久社長)は、11月15日のボージョレ・ヌーボー解禁日に、長期熟成ビール「エルディアブロ(悪魔)’07」を発売する。昨年醸造し、1年以上寝かせた「エルディアブロ’06」も同時に限定販売する。
 
 エルディアブロは「バーレイワイン」と呼ばれる、アルコール度数が高いタイプのビール。通常より6倍以上長い半年間熟成させた。アルコール度数は10%。2.5倍の麦芽と6倍のホップを使い、甘さは2.5倍、苦さは4倍。ブランデーのような熟成された香りと濃厚な口当たりが特徴という。

 解禁日には今年仕込んだ2007年版(300ml、1050円)を3,000本販売する。昨年仕込んで1年以上寝かせた06年版(同、1365円)は07年版とのセットで200本用意する。販売は同社のホームページや横浜高島屋などで。



|

« ヴァイツェンの香りが変わる発酵温度の境目☆地ビール会社の広報による“超私的”ビール解説 | トップページ | 横浜オクトーバーフェストでの出来事 »

サンクトガーレン、マスコミ登場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/8277171

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済新聞に掲載されました:

« ヴァイツェンの香りが変わる発酵温度の境目☆地ビール会社の広報による“超私的”ビール解説 | トップページ | 横浜オクトーバーフェストでの出来事 »