« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »

2007年10月7日 - 2007年10月13日

2007年10月11日 (木)

神奈川新聞に掲載されました

(神奈川新聞 経済面 10月11日)

廃果で地ビール
第1弾は伊奈産リンゴ 11月1日発売予定
サンクトガーレンが企画

 元祖地ビール屋・サンクトガーレン(厚木市金田)は、見てくれが悪くて売り物にならない「廃果」を有効活用して「フルーツビール」を生産するプロジェクトを立ち上げた。第1弾は、長野県・伊那産リンゴを使ったアップルパイ味のするビールで、11月1日に発売の予定。果実の生産良全体に占める廃果の割合は3分の1に達するともいわれているため、リンゴ以外の産地もプロジェクトに熱いまなざしを注いでいる。

Applecinnamon_2  同社は地ビールの新商品として、食後やティータイムにデザート感覚で楽しむ「スイーツビール」を今月5月に発売。バニラや黒糖を加えたビールが、各地のビアコンペティションで最高賞を受賞するなど好評を博したことから、ラインナップに「フルーツビール」の追加を決めた。

 その材料を探すため、相談に訪れた地元・厚木市役所で紹介されたのがリンゴの産地・長野県伊那市。伊那市役所は、ちょっとした傷や規格外のサイズで売り物にならない「廃果」の有効活用を提案した。勧めに従って、伊那産「つがる」の廃果を大量に購入。

 厚木の醸造所にこもって試行錯誤を続けた結果、発酵のどの段階で何個ぐらい投入すればいいかが、ようやく明らかになった。ベースとなるビールには、通常より少し高温で焙煎した「カラメルモルト」を多めに使い、甘く香ばしい風味を引き出した。2,000リットルのビールを造るのに使った「つがる」は約400個。

 第1弾のフルーツビールは「アップルシナモンエール」と命名。口に含むとまず、リンゴとシナモンが香り立ち、アップルパイのような風味が楽しめるが。後味にはビールの苦みも、きっちり残っている。330ミリリットル瓶入りで、450円。県内では横浜高島屋で限定販売する。

 これに続いて、来年初夏には県産ミカンの新種「湘南ゴールド」の廃果を使ったフルーツビールの発売も計画。すでに、ミカン栽培のエキスパートの県農業技術センター根府川分室(小田原市)や生産者団体のJAかながわ西湘などと研究や話し合いを進めている。

 同社の岩本伸久社長らは「県内にはミカンのほか、イチゴ、ナシ、ブドウ、キウイなどの産地があり、廃果の処理に困っている農家も少なくないはず。フルーツビール・プロジェクトを成功させて、これらの農家のお役に立ちたい」と意気込んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

Yahoo!ニュースで配信されました

(Yahoo!ニュース 10月9日)

ボジョレ・ヌーボー解禁に合わせ長期熟成ビール限定販売

Diablo2007_3  地ビール製造販売「サンクトガーレン」(神奈川県厚木市)はボジョレ・ヌーボー解禁日に合わせ11月15日より、麦のワインともいわれるバーレーワイン(長期熟成型ビール)「el Diablo(エルディアブロ)」を限定発売する。

 バーレーワインは、ブドウ栽培に適していないイギリスで麦芽を原料とする「上面発酵ビール」を使用してワイン代わりに生まれたアルコール度数の高いビール。今回発売される「エルディアブロ」は、通常ビールの2.5倍の麦芽と6倍のホップを使用したもので、アルコール度数10%、数値上通常ビールの2.5倍の甘さと4倍の苦さがあり、名称は「悪魔」の意味をもつスペイン語からつけられた。

 同社の担当者は「高いアルコール度数は長期熟成によるもので、製造タンクが占有されるバーレーワインは日本の醸造所では敬遠されがち。しかし、数あるビールスタイルの中でもマニアックとされ、いつかは製造したいと考えていた。今回販売するのは出荷時点で通常の6倍以上の熟成期間を経ており、ブランデーのような熟成香をぜひ味わってほしい」と話している。
 
 販売は1年間貯蔵熟成させた2006年醸造分(1,300円/300ミリリットル)を横浜タカシマヤとサンクトガーレンのホームページで限定200本提供するほか、2007年醸造分(1,000円/300ミリリットル)を限定3,000本同時発売する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000001-hsk_yk-l14

関連記事(黒糖とバニラのデザート感覚ビール-横浜タカシマヤで先行発売)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

【6樽限定】ヴァイツェン出荷します

横浜オクトーバーフェスト用に造ったヴァイツェンを下記お店に1樽ずつ出荷します。
早くからご注文頂いていたお店の6樽のみの確保です。(後からご注文頂いた飲食店の方、本当にすみません。予想以上にオクトーバーフェストで売れてしまい、これ以上の在庫が全くありません)

もうこれで、本当にヴァイツェン完売です!また来年をお楽しみに♪
____________________

サンクトガーレンヴァイツェンがお飲み頂けるお店(順不同) >>>ランキング

※開栓時期は各お店にご確認下さい。
※各店1樽限定のため、完売の際にはご了承下さい。

1cafe+beer dining padre(池袋)
 http://r.gnavi.co.jp/g300300/

2Ales&Cigar PANGAEA(洗足) 
 http://www1.cts.ne.jp/~pangaea/top.html

3ulupica(江戸川区)
 http://ulupica.jp/

4ENGLISH PUB Trafalgar(町田)
 http://members.jcom.home.ne.jp/english.pub.trafalgar/

5クラフトビアバー(横浜)
 http://craftbeerbar.seesaa.net/

6Beer Cafe Barley(西宮)
 http://www.beercafe.jp/
____________________

サンクトガーレンのヴァイツェンは現在日本で主流となっているバナナ香が特徴のヴァイツェンとは異なるスタイルです。
ぜひ、飲み比べてその違いをお楽しみ下さい。

●バナナの香が特徴のヴァイツェン
比較的高い温度で発酵さるとバナナ香が強くなります。
現在日本の地ビールメーカーが造るヴァイツェンはこちらが主流です。

●エステル香が特徴のヴァイツェン
エステルの香り・・・青りんごや、洋なしに例えられます(若干のバナナ香もともなう)。
トップがエステルの香りで、飲んだあと鼻にクローブの香りが抜けるものが秀逸です。
比較的低い温度で発酵させると、エステル香が特徴のヴァイツェンになります。
サンクトガーレンのヴァイツェンはこちらです。

応援よろしくお願いします>>>酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時事ドットコム(Web)にて紹介されました

(時事通信ドットコム 10月4日)

ボージョレ解禁日に"悪魔のビール"を限定販売

Diablo2007_3 今年のボージョレ・ヌーボー解禁日となる11月15日、地ビール販売業サンクトガーレン(神奈川県厚木市)が長期熟成タイプのビール「el Diablo=エルディアブロ=」(悪魔の意)を限定販売する。

 このビールはバーレイ(麦)ワインという種類で、通常ビールの2.5倍の麦芽と6倍のホップを使用し、通常の2.5倍の甘さと4倍の苦さがある。アルコール度数が9.2%の琥珀(こはく)色の液体で、口当たりは濃厚なブランデーのようで、ビールが凝縮された味わい。ワインのように料理に合わせた飲み方がおすすめ。さらに寝かせておくと味が変化していくという。300ミリリットルボトルで2007年醸造分が1000円(税抜き)、06年醸造分が1300円(同)。

http://www.jiji.com/jc/c?g=ent_30&k=2007100400232

| | コメント (0) | トラックバック (1)

モノメトロ(Web)で紹介されました

(モノメトロ 10月5日)

デザート感覚で味わうスイーツビール「アップルシナモンエール」、冬季限定で発売

Applecinnamon_3   1994年の地ビール解禁前から米サンフランシスコでビールの醸造を開始し、逆輸入で自社の飲食店に提供した“元祖地ビール屋”のサンクトガーレン。地ビール解禁後は神奈川県厚木市で醸造を開始し、これまでに国内外で多くの賞を受賞している。そのサンクトガーレンが提案しているのが、デザート感覚で味わえる「スイーツビール」。その新商品として、麦芽ビスケットのような味わいの「アップルシナモンエール」が11月1日に冬季限定で発売される。330ミリリットル入りで、価格は450円(税込み)。

 地ビールの雄として知られるサンクトガーレンだが、近年力を入れているのがスイーツビール。デザート感覚で楽しむ甘い香りと風味が特徴のビールで、これまでにチョコレート風味の「インペリアルチョコレートスタウト」や黒糖を使用した「黒糖スイートスタウト」、バニラが香る「スイートバニラスタウト」が発売され、いずれも人気を博した。

 今回発売される「アップルシナモンエール」は、生のリンゴとシナモンによる甘くスパイシーな味わいが特徴のデザートビール。ベースのビールに通常より少し高い温度で焙煎した「カラメルモルト」を多めに使い、ビスケットを思わせるような甘く香ばしい風味を引き出している。

 色は琥珀色で、口に含んだ瞬間はアップルパイのような味わいながら、後味にはしっかりとビールの苦味が感じられるようになっている。まさに食後にぴったりなビールだ。

 また、リンゴには長野県伊那産のキズ、規格外など外観の問題で商品にならなかった「廃果」を利用。生産量の3分の1に当たる廃果を使用することで、果物の廃棄処分の抑制にもひと役買っている。同社は今後、全国各地の廃果を活用したビールの製造を計画しており、来夏には地元の新種ミカン「湘南ゴールド」の廃果を使ったビールを発売する予定だ。

http://www.monometro.jp/2007/10/05/post_314/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産経新聞に掲載されました

(産経新聞 文化面 10月7日)

食のファイル

★アップルパイ味のスイーツビール

 地ビールメーカーのサンクトガーレンは11月から、デザート感覚で飲める発泡酒「アップルシナモンエール」を発売する。規格外で廃棄される果物(廃果)を有効活用する「フルーツビール」第1段。通常より少し高めの温度で焙煎したカラメルモルトを多めに用い、長野県産の廃果リンゴにシナモンを合わせてアップルパイのような風味に仕上げたという。口に含むと甘くスパイシーだが、後味はビールの苦みが残る。色は焼きリンゴを思わせるこはく色。購入・問い合わせは横浜高島屋 045・311・5111.今月25日から先行受注。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

横浜オクトーバーフェスト最終日のラインナップ

① ヴァイツェン → ★ラスト10樽★
オクトーバーフェストといえば、やっぱりこれ。
専用グラスで楽しむ、フルーティーでまろやかな小麦ビール。
日本最高峰のブルワリー渾身のオクトーバーフェスト限定ビール!

② ゴールデンエール → ごめんなさい!完売しました。
しっかりした苦味、しっかりしたコクで飲み応えのあるビール。
ビール好きの方におススメ。

③ ブラウンポーター → 完売間近!会場内で数少ない黒ビール。2杯目に最適。
コクたっぷりながら、やわらかく、まろやかな黒ビール。
麦芽の焦げ香ばしい風味はコーヒーを思わせます。

④ パイナップルエール → ごめんなさい!完売しました。
生のパイナップルをたっぷり使ったプレミアムフルーツビール。
香りはパイナップルそのものですが、味はしっかりビール。
とっても爽やか!

⑤ スイートバニラスタウト → あと数杯!
アロマホップの代わりに、バニラビーンズで甘い香りをとけ込ませた黒ビール。
ベースのビールはアルコール度数高めの濃厚な黒ビールなので、ゆっくりデザート感覚で味わって下さい。

⑥黒糖スイートスタウト → 最終日にして、オクトーバーフェストお初。2樽限定!
沖縄産黒糖を使用した黒ビール。泡までしっかり黒糖風味で、まるで飲む和菓子のような印象。ベースのビールはアルコール度数高めの濃厚な黒ビールなので、ゆっくりデザート感覚で味わって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

40樽が・・・

完売しました。ありがとうございました。

1

2

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新製品:アップルシナモンエール

スイーツビールに冬季限定の新しい味、登場です。

=======================
NEWS RELEASE

冬季限定“スイーツビール”はアップルパイの味
「アップルシナモンエール」11月1日(木)発売
麦芽のビスケットのような風味 × りんご × シナモン


廃果を有効活用法する新しい試み。信州伊那産の廃果りんごを使用。
傷、規格外など外観の問題で売り物にならない「廃果」を有効活用した
フルーツビールの製造プロジェクト第1段

Applecinnamon



 サンクトガーレン有限会社(厚木市/取締役社長 岩本伸久)は2007年11月1日(木)より冬季限定のスイーツビール「アップルシナモンエール」を発売いたします。
 スイーツビールはサンクトガーレンが提案する、デザート感覚で楽しむ新感覚ビールの総称です。甘い香りと風味が特徴で、食後やティータイムにコーヒーや紅茶を楽しむ感覚で飲んでほしいビールです。
 「アップルシナモンエール」のベースとなるビールには通常より少し高温で焙煎した"カラメルモルト"を多めに用い、ビスケットやトーストを思わせる甘く香ばしい風味を引き出しました。そこに生のりんごとシナモンで、甘くスパイシーな風味を加えました。香り、口に含んだ瞬間はアップルパイのような風味が楽しめますが、後味にはきちんとビールの苦みも残しています。ビールの色は焼きりんごを思わせる琥珀色です。



●商品概要

【商 品 名】 アップルシナモンエール(発泡酒)
日本の酒税法では、ビールの原料として果物やスパイスの使用が認められていないため、今ビールは麦・麦芽100%でも【発泡酒】という表記になってしまいます。

【内容量】   330ml

【希望小売価格】 450円(税込)

【販 売 場 所】 関東地域:横浜高島屋限定
           長野県内:一部酒販店


※今商品の瓶は横浜高島屋限定の発売となります。サンクトガーレンからの直送も一切予定しておりません。地方への配送も高島屋にて承ります。問い合わせ先:横浜高島屋代表 045-311-5111。

※樽生での発売は12月15日頃からを予定しております。


【発 売 日】 11月1日(木)
         ※10月25日(木)より先行受注開始


■“廃果”の有効活用について
 表面の傷・規格外など外観の問題で売り物にならない果物(廃果)は一節によると生産量の3分の1に当たると言います。今ビールは長野県伊那市の廃果りんごを有効活用して造りました。
 当社は今年5月に立ちあげた新ブランド「スイーツビール」のラインナップに新しくフルーツビールを追加し、今後も各地の季節の果物(廃果)を活用したビールの製造を計画しています。来年初夏には神奈川県産の新種みかん「湘南ゴールド」の廃果を使ったビールを発売予定です。


■スイーツビール(商標登録出願中)について
 サンクトガーレンが提案する、デザート感覚で楽しむ甘い香りと風味が特徴のビールの総称です。スイーツとビール、一見ミスマッチな組み合わせですが、本来ビールは苦いだけではありません。世界には85種類ものビールがあり、その中には酸っぱいもの、甘いもの、10%以上のアルコールを持つもの、多種多様な味わいが存在します。
 サンクトガーレンは個性的なビールを世に送り出し"ビールの味は1つではない"ということを多くの人に知ってもらいたいと考えています。


【 「スイーツビール」ラインナップ 】
 現在のラインナップは2007年5月15日に発売した「スイートバニラスタウト」と「黒糖スイートスタウト」の2種類です。今後フルーツを使用したビールを追加し、ラインナップの拡充を図ります。


◎スイートバニラスタウト・・・バニラビーンズで甘い香りを溶け込ませた黒ビールで、後味にはチョコレートのような風味が残ります。「インターナショナル・ビアコンペティション2007」金賞受賞。日本最大のビールの祭典「ジャパン・ビアフェスティバル2007 in東京」来場者人気投票1位獲得。

◎黒糖スイートスタウト・・・沖縄の黒糖を使用した黒ビールです。泡までしっかり黒糖風味で、まるで飲む和菓子のような印象です。「インターナショナル・ビアコンペティション2007」金賞受賞。


【 「スイーツビール」開発のきっかけ 】
 弊社がバレンタイン時期に発売したチョコレート風味のヴィンテージビール「インペリアルチョコレートスタウト」の劇売れが今ビール開発のきっかけです。

 「インペリアルチョコレートスタウト」は高温で焙煎した麦芽でビターチョコのような風味を出した、フルボディ・高アルコールのヴィンテージビールです。昨年は限定6,000本が4日間で完売し、今年は20,000本を市場投入するも、たったの1日半で完売。バレンタインという時節に合わせた商品でしたが、贈り物としてばかりではなく、女性が自分で楽しむために購入していく姿も多く見受けられました。バレンタイン後も継続して販売してほしい、との声が多く寄せられ、それに後押しを受け「スイーツビール」の開発、発売に至りました。


■元祖地ビール屋「サンクトガーレン」について
 当社は地ビール解禁以前の1993年から、小規模のクラフト(手造り)ビールが盛んなアメリカでビールを醸造し、それを日本に逆輸入して販売していた"元祖地ビール屋"です。その味は「インターナショナル・ビアコンペティション」で2006年、2007年の2年連続で最多メダルを獲得するなど高い評価を得ています。現在は厚木を拠点にスタッフ3人で運営しています。

==========================

日経プレスリリース http://release.nikkei.co.jp/print.cfm?relID=171961

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〝あれ〟の英語表記がわからない

横浜オクトーバーフェストには海外からのお客様も数多くいらっしゃるので、メニューに英語表記が必須です。

ここで1つ問題が発生>>>>ランキング

先ほどの日記に書いたのですが、間もなくラインナップが「スイートバニラスタウト」から「黒糖スイートスタウト」に代わります。

で、「黒糖」って英語でなんていうのでしょう???
〝Brown Sugar〟という意見があったのですが、なんかちょっと違いますよね。。。。
ローマ字表記で〝Kokutou〟が良いのかな。。。

応援よろしくお願いします>>>>酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜オクトーバーフェスト:ラスト2日間のラインナップ

横浜オクトーバーフェストもラスト2日。
好評につき、完売のビール、完売間近のビールがあります。

① ヴァイツェン → 1番売れてます☆
オクトーバーフェストといえば、やっぱりこれ。
専用グラスで楽しむ、フルーティーでまろやかな小麦ビール。
日本最高峰のブルワリー渾身のオクトーバーフェスト限定ビール!

② ゴールデンエール → ごめんなさい!完売しました。
しっかりした苦味、しっかりしたコクで飲み応えのあるビール。
ビール好きの方におススメ。

③ ブラウンポーター → 会場内で数少ない黒ビール。2杯目に最適。
コクたっぷりながら、やわらかく、まろやかな黒ビール。
麦芽の焦げ香ばしい風味はコーヒーを思わせます。

④ パイナップルエール → 人気のため、追加しました。
生のパイナップルをたっぷり使ったプレミアムフルーツビール。
香りはパイナップルそのものですが、味はしっかりビール。
とっても爽やか!

⑤ スイートバニラスタウト → 完売間近!完売次第「黒糖スイートスタウト」にチェンジ。
アロマホップの代わりに、バニラビーンズで甘い香りをとけ込ませた黒ビール。
ベースのビールはアルコール度数高めの濃厚な黒ビールなので、ゆっくりデザート感覚で味わって下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月30日 - 2007年10月6日 | トップページ | 2007年10月14日 - 2007年10月20日 »