« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2007年10月21日 - 2007年10月27日

2007年10月26日 (金)

あつぎ商観まつり1日目

雨~雨 寒い~げっそり

で、会場はこんな感じ。

Photo  Photo_2

ブース内は床下浸水、ブース前はテントから流れ落ちる雨で滝!

そんな状況で足をお運び頂いた皆様、本当にありがとうございました。
______

ランキングに2つ参加しています。ポチっと応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング  酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

あつぎ商観技能まつりに出展します

今日工場では、ブラウンポーターを醸造中です。麦汁の甘くていい香りがします♪

さて、サンクトガーレンは明日から厚木市中央公園で行われる「あつぎ商観技能まつり」に出展します。

●日時
10月26日(金)から10月28日(日)までの3日間
午前10時から午後5時まで(28日は午後4時まで)

●会場
厚木中央公園

●公式HP
http://www2.city.atsugi.kanagawa.jp/jouhouit/backnumber/japanese/page_16077.html

●出展ビール

<樽生> 大600円/中500円
・ゴールデンエール
・アンバーエール
・黒糖スイートスタウト

<瓶(持帰り可)>
・ゴールデンエール 360円
・アンバーエール   360円
・黒糖スイートスタウト  450円
・スイートバニラスタウト 450円

<フード>
・厚切ベーコン   300円
・厚切ソーセージ 300円


今イベントには、厚木の地ビール会社3社(サンクトガーレン、厚木ビール、さがみビール)が勢揃いします。滅多にない機会なので、飲み比べに来て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日新聞、信濃毎日新聞などで紹介して頂きました

10月18日 朝日新聞(夕刊)ブームの卵で紹介して頂きました。

ビールでデザート気分を♪

記事はこちら▼
http://www.asahi-mullion.com/column/boom/index.html

___________

10月21日 毎日新聞(神奈川版) で紹介して頂きました。

サンクトガーレン:廃果(※)リンゴ活用した発泡酒
冬季限定で来月発売--厚木/神奈川

記事はこちら▼
http://mainichi.jp/area/kanagawa/archive/news/2007/10/21/20071021ddlk14020259000c.html

※廃果・・・表面のキズや、形がいびつ、など見た目の問題で売り物にならない果物のこと。味には何の問題もありません。
___________

10月23日 信濃毎日新聞 で紹介して頂きました。

上伊那産のリンゴの香りがするビール

記事はこちら▼
http://www.shinmai.co.jp/news/20071023/KT071019BSI090011000022.htm

___________

[横浜・鎌倉] All about で紹介して頂きました。

横浜・横浜タカシマヤ
スィーツビール「アップルシナモンエール」発売


詳細はこちら▼
http://allabout.co.jp/travel/travelyokohama/closeup/CU20071019A/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

横浜国立大学で「スイーツビール」について講演して来ました

横浜国立大学経営学部の「ベンチャーから学ぶマネジメント」という授業で講演をして来ました。
この授業は毎回大学外よりゲスト(起業家、経営者の方)を迎え、その方の実体験を基に起業や経営について学ぶ、という講座です。

そのゲストの方がまた豪華!
ピーチ・ジョンの野口美佳氏とか、OISIXの高島宏平氏とか。。。
そんな授業で、私がしゃべっていいんですか。。。

さらに追い打ちをかけたコーディネーターの方の一言。
「あ、最初に言っておきますが階段教室ですから。」
Photo
ひゃーー。
__________

前置きはこのくらいで、レジュメを以下簡単に。

■サンクトガーレンについて

・日本の地ビール解禁以前の1993年からアメリカで地ビールを生産
・日本の地ビール解禁の幕開けをつくる
・現在は神奈川県厚木市を拠点にスタッフ3人で運営

■地ビールの販路と市場の現状

・地ビールの販路は大きく分けて2つ
 それぞれの道のライバル、障壁、市場の可能性
  
・どちらを目指すか?現状は?
 一般の人と、より強烈な個性を求める地ビール愛飲家
 溝は広がるばかり
 
 ⇒ そもそもサンクトガーレンがビールをはじめたきっかけは?

■溝を埋めるための試み

もっと広く一般の人にも地ビールに興味を持ってもらえるような商品を
 07
 バレンタイン限定チョコビール
 「インペリアルチョコレートスタウト」
 
 →2万本が1日半で完売
 →本来想定していたシーン:女性が男性への贈り物として 
 →実際は?  横浜高島屋の売場に立って気がついたこと

■ビールの飲用シーンとターゲットの変化(データを基に)
 
 
■スイーツビール誕生


■新しいビール市場を創る
 
 □地ビールの4つの壁
  10年以上打ち破ることができなかった
  → 発想の転換 : 壁をよける 


■スイーツビールの今後の展開


■学生の皆さんへ
 小さな会社だからこその武器を活かした挑戦
  ・小まわりがきく
  ・冒険しやすい
  ・数字ありきではなく、アイデアありき
  ・万人受けするものを創る必要はない → 小さな市場のNo.1を

Photo_4
__________________

Photo_2  最後に出席した生徒さん(約300人)のアンケートのコピーをもらったので、それを読んでみると【地ビールの4つの壁】の部分と、最後のメッセージ部分【小さな会社だからこそ】の部分が印象に残っている人が多かったようですね。

 <アンケートより一部抜粋>

・「小さな会社でもできることがある」という言葉にリアルな説得力を感じた

・小さな会社と大きな会社の戦略の違いを比較しながらの話がわかりやすく、面白かった

・女性ならではの発想を武器にする、という部分に興味が湧いた

・問題点(地ビールの壁)を新しいものを生み出す発想に変えていくのが面白い

・スイーツビールを以前テレビで見たことがあり、今日話を聞いてさらに興味をもった

・クラフトビールにという言葉を初めて知り、興味を持った

・大きな会社ばかりが良いと思っていたが、小さな会社を見直した

・たった3人の会社でも、テレビや新聞に載ることができるのがすごい

また中には、サンクトガーレンはバイト先でお世話になっているので、面白かったという感想が!どこでバイトしている方だろう・・・。

ご拝聴頂いた皆様、ありがとうございました。
サンクトガーレン、そして私自身まだまだ発展途上ですが、少しでも皆さんに何かを感じてもらうことができたのなら嬉しいです。

アンケートはまだ全部読んでいませんが、1枚1枚が宝物です。
スランプに陥ったときに読み返します。

そして、こんな貴重な機会を与えて下さった横浜国立大学のI教授、コーディネートして下さったK先生、本当にありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年10月22日 (月)

朝日新聞で紹介されました

(朝日新聞 神奈川版 10月22日)

Applecinnamon_2訳あり果物“ビール”変身

傷や形悪いリンゴ・湘南ミカンも

厚木の会社が来月から販売


安い原料 農家にも収入

 傷などで売り物にならない果物を使った「フルーツビールプロジェクト」を、厚木の地ビール醸造所「サンクトガーレン」(岩本伸久社長)が立ち上げた。甘い香りと風味が特徴のリンゴを使った商品は横浜高島屋で11月1日から販売、来年には湘南のミカンを使った商品も登場する予定だ。

 11月発売の商品名は「アップルシナモンエール」。傷が付いたり、形や色がいま一つだったりして売り物にならないリンゴを利用している。長野県伊那市産の「つがる」を通常価格の5分の1程度で購入した。
 モルトを高温で焙煎してビスケットに似た香りを出し、生のリンゴ、シナモンを加えてある。アップルパイのような風味が特徴だ。
 焼きリンゴを思わせる琥珀色で、後味はビールの苦みを楽しめるという。酒税法で果物が(ビールの)原料として認められていないため、正確にはビールではなく発泡酒となる。
 サンクトガーレンはこれまで一般的な地ビールのほか、バニラビーンズを使った黒ビール「スイートバニラスタウト」、和菓子風の「黒糖スイートスタウト」など、デザート感覚のビールを「スイーツビール」と名付けて開発、発売してきた。
 売り物にならない果物を使った「フルーツビールプロジェクト」はその一環。
 「果物を安く調達でき、廃果の処理に困っている農家のお役にも立てると思う」と岩本社長。第2弾は県産新種ミカン「湘南ゴールド」を使ったビールを来年3月ごろに発売する予定だ。
 アップルシナモンエールは330ミリリットルで、450円
____________

ランキングに2つ参加しています。それぞれ1クリック頂けると嬉しいです。
ランキング  酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンエールをフィルターしました

今日、ゴールデンエールをフィルターしました。
ビールをフィルターに通して、酵母やホップの細か~いカスなどを除去する
ビールの最終仕上げ工程です。

去年撮った写真が出てきたので、貼り付けてみました>>>ランキング

Photo
↑ これがフィルター装置

Photo_2
↑ 2種類の珪藻土を使用します

Photo_3
↑ 奥がフィルター前、手前がフィルター後のビール

Photo_4
↑ フィルター前のビール(拡大)

Photo_5
↑ フィルター後のビール(拡大)

Photo_8
↑ フィルター直後の超新鮮なビール♪
フィルター直後のビールって、アルコールを全く感じないでスイスイ飲めてしまうのです。
(もちろん、実際はアルコールあるので飲み過ぎると大変です)

という訳で、明日より出荷するゴールデンエールは超新鮮な出来たてです。
見かけたら飲むべし(笑)!

応援よろしくお願いします>>>酒ブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »