« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

2007年12月9日 - 2007年12月15日

2007年12月15日 (土)

アップルシナモンエール樽★開栓!

りんごアップルシナモンエールりんごの樽生、本日より開栓開始です。

<注意>________________________________

12月15日開栓開始予定(15日よりお飲み頂ける予定)ですが、お店の事情により遅れることがあります。詳しくは各お店に直接お問い合わせください。
お店によっては1樽限定入荷などで、売り切れになる可能性があります。ご了承ください。
※「アップルシナモンエール」をお店で提供予定なのに掲載されていない、住所が間違っている、などの連絡は046-224-2317まで。
※掲載は順不同です。
____________________________________

 サンクトガーレン(神奈川/愛甲石田) 
小田急線愛甲石田駅すぐ/TEL:0463-92-5001

 BeerBar うしとら(東京/下北沢)
http://blog.ushitora.jp/

 cafe+beer dining padre(東京/池袋)  
http://r.gnavi.co.jp/g300300/

 World Beer Pub & Food BULLDOG (東京/銀座) 
http://r.gnavi.co.jp/g074200/

 ulupica(東京/小岩) 
http://ulupica.jp/

 THE ALDGATE British Pub(東京/渋谷)
http://www.the-aldgate.com/

■ 地ビールダイニングバー La cachette (東京/神楽坂) 
http://la-cachette.jp/

 The Grafton(東京/五反田) 
http://www.the-grafton.com/

 Ales&Cigar PANGAEA(東京/洗足)
http://www1.cts.ne.jp/~pangaea/top.html

 The Green Sheep (神奈川/横浜)
http://www.foodcom.jp/green-sheep/top.php

 Beer and Food HIGURASHI (北海道/札幌)

http://vfhigurashi.blog107.fc2.com/

 焙りもの燻りもの 和知(京都/中京区) 

http://www.wachi-net.com/

 Craft Beer Dining eni-bru (大阪/堺) 
http://www.ajara-web.com/eni-bru/index.html

 THE LONDON PUB TOWSER (愛知/名古屋) 
http://r.gnavi.co.jp/n187600/

 I's Public Ale House (沖縄) 
沖縄県中頭郡北谷町美浜2-2-9 サンハイムビル2-E
TEL:098-894-7486

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

どこからどこへ?

Photo_3

間もなく「アップルシナモンエール」の樽解禁です>>>ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新商品?

バタバタしていて走る人

勝手に新商品をつくってしまいました。

Photo

あっ、ちなみに正しくは「ブラウンポーター」です。

応援してね走る人 >>>>ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

チョコレートスタウト(チョコビール)醸造前日

明日「チョコレートスタウト(チョコビール)」を造るにあたり、その準備をしています。

まずは、モルトのミル(麦芽の粉砕)をしておきます。
麦芽を砕くことで、内の糖分が抽出されやすい状態にしてあげるのです。


 ▼ モルト計量中                 ▼ これから粉砕するモルト
 6種類のモルトをブレンドして使います       手前がチョコレートモルト

 Photo_2   Photo_3

チョコレートスタウトといっても、チョコレートモルトだけで造るわけではありません。
詳しくは前の日記で>>>こちら
チョコレートスタウトのモルト全体量に対し、黒いモルトが占める割合は約10%程度です。

モルトを粉砕するのは機械ですが、粉砕機の中にモルトを入れるのは人力です。
1回のチョコレートスタウト醸造に使用するモルトは約570Kg!



これはかなり肉体的に大変な作業なので、男性陣が頑張ります。

で、私は何をするのかというと>>>>ランキング

お湯を沸かします。

とはいっても、やかんで沸かすわけではありません。

  ▼こいつで沸かします          ▼ これでお湯の温度を見ます

Photo_4   Photo_5

上から2番目の「196」が現在のお湯の温度です。

196度の訳ではありません。うちのシステムは全てアメリカ製なので華氏表示なのです。
華氏→摂氏へ直す式は忘れましたが、ここが「212」になったら、摂氏100度です(のはず)。
「212」になったら準備完了=業務完了です。

これが、なかなか時間がかかるのです。まだ、1度しかあがってない~。

Photo_6

早くあがれ~。

応援よろしくお願いします>>>酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これがチョコレートモルトだ!

「インペリアルチョコレートスタウト」にチョコレートのような風味をもたらしているのは、160度の高温で焙煎した“チョコレートモルト”です。でも、チョコレートモルトだけでビールができる訳ではありません。高温で焙煎したモルトを大量に使うと、えぐみ(焦げ苦い感じ)、酸味が発生します。なので、ベースモルト(焙煎温度85度)にどの程度の割合でチョコレートモルトを配合するか、その割合が職人のさじ加減となります。

 ▼ チョコレートモルト(160度焙煎)       ▼ ベースモルト(85度焙煎)
Photo_3
      Photo_4

この他にも、焙煎温度によって様々な種類のモルトがあります。有名なものだと、琥珀色(赤銅色)のビールに使われるカラメルモルト、カラメルとチョコレートの中間のブラウンモルト、さらにチョコレートモルトより高温で焙煎したブラックモルト、というのもあります。

今あげたモルトを焙煎温度の順に並べると
ベースモルト < カラメルモルト < ブラウンモルト < チョコレートモルト < ブラックモルト
という感じになります。

「インペリアルチョコレートスタウト」にはこのような焙煎温度の違うモルトを、贅沢に6種類もブレンドして使っています。

その詳細は>>>ランキング

残念ながら、お教えするわけにはいきません(笑)

応援よろしくお願いします>>>酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートモルトがやって来た!

インペリアルチョコレートスタウトの仕込みのために、大量のモルトが到着です!

  Moruto_2    Photo

先日2日間にわたって4回仕込みましたが、また今週2日間にわたって4回仕込みます。

1回に醸造できる量が、1170L(約3000本分)。1日に2回連続で仕込みます。
つまり、2日間で計4回、合計4680L(約12000本分)のチョコビールができます。
今回は30000本を発売予定なので、発売日までに合計10回造るのです。

インペリアルチョコレートスタウトの、インペリアルはアルコールの高いビールに冠される言葉ですが、「皇帝」という意味があるように、その昔は皇帝に献上された高価なビールなのです。
アルコール度数の高いビールを造るには、原料をたくさん使います。そのため、とても贅沢品とされていたのです。
ちなみに当社の「インペリアルチョコレートスタウト」は通常の黒ビールの2.5倍(当社比)の原料を使っています。そのため、超濃厚な飲み口で、アルコールも8.5%と高いのです。

応援よろしくお願いします>>>ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »