« ビールづくり3 ~麦汁を沸かす~ | トップページ | ビールづくり5 ~麦汁を冷却して発酵タンクへ~ »

2008年6月 4日 (水)

ビールづくり4 ~ホップ投入~

6月11日に発売の beer 「YOKOHAMA XPA」 beer先行予約受付をスタートしました。

これから数回にわたって、このビールの醸造風景を動画 tv でアップします。
ビールづくり1ビールづくり2ビールづくり3のつづき。

煮沸釜でビールを沸かします。沸騰したら、1回目のホップを投入します。

これがホップです▼ 
Dsc01255
このビールには主に「カスケード」という品種のホップを使用しています。
カスケードの香りはマスカットや、オレンジ、グレープフルーツなどに例えられます。

1回目に投入するホップは主に苦味をつける働きをします。
ビールづくり6【YOKOHAMA XPA】 ホップ投入1回目

1回目のホップ投入後も麦汁を沸かし続けます。時間がきたら、2回目のホップを投入します。
2回目に投入するホップはフレーバー付けの役割があります。


ビールづくり7【YOKOHAMA XPA】 ホップ投入2回目

2回目のホップ投入後もさらにビールを沸かし続けます。時間がきたら再びホップを投入。
ここで投入するホップは、さらにフレーバーを強める働きをします。

ビールづくり8【YOKOHAMA XPA】 ホップ投入3回目

3回目のホップ投入後、さらに麦汁を沸かし続けます。時間が来たら火を止め、4回目のホップ投入。
このホップはアロマ付けの役割をします。

ビールづくり9【YOKOHAMA XPA】 ホップ投入4回目

このビールには最終的に5回ホップの投入を行っていますが、5回目のホップは発酵タンクで一次発酵が終了した後(だいたい5~7日後くらい)に投入します。

ちなみに、通常のビールのホップ投入は3回です。
1回目が苦味付け。2回目がフレーバー付け。3回目がアロマ付けです。

このつづきはまた次の日記で。

応援よろしくお願いします>>>ランキング 酒ブログランキング 


flair 「YOKOHAMA XPA」の特徴


Dsc01255 beer 濁度0.0000という、驚異の透明度をもつ横浜市のオフィシャルウォーター「はまっ子どうし」を使用。(水道水より透明です!)

beer “赤道を越えても腐らない”という「はまっ子どうし」の伝説にちなみ、赤道を越えてペリーが日本に持ち込んだとされるビールを再現。

beer 長い航海に耐えられるようにつくられたビールは、防腐効果のあるホップを大量に使用したものでした。

beer ハーブの一種であるホップは、防腐効果の他、鮮烈な苦み華やかな香りをビールにもたらします。

beer 今ビールには、通常の約4倍のホップを使用。当社の定番ビールの中で“最も苦く、最も香り高い”商品です。大手ビールメーカーの商品と比較しても、約2倍の苦さがあります。もちろん、苦いばっかりではありません。たっぷり使った麦芽の旨味がしっかりと苦味を支えていますので、しっかりコク、しっかり苦味の飲みごたえのあるビールです。

pencil さらに詳しい商品情報はこちら ▼
http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/yokohama.html

pencil 先行予約受付中 ▼
http://www.sanktgallenbrewery.com/shop.html

|

« ビールづくり3 ~麦汁を沸かす~ | トップページ | ビールづくり5 ~麦汁を冷却して発酵タンクへ~ »

YOKOHAMA XPA」カテゴリの記事

サンクトガーレン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/21390803

この記事へのトラックバック一覧です: ビールづくり4 ~ホップ投入~:

« ビールづくり3 ~麦汁を沸かす~ | トップページ | ビールづくり5 ~麦汁を冷却して発酵タンクへ~ »