« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »

2008年9月21日 - 2008年9月27日

2008年9月27日 (土)

【緊急告知】9/28「藤沢市民まつり」に出店します/今日は社長の誕生日♪

突然ですが、明日、藤沢市民まつりに出店します。
http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/jiti/page100031.shtml

会場が数か所ありますが、サンクトガーレンが出店するのは
藤沢駅前の【さいか屋大会場駐車場】です。私と野田が行きます。

持っていくビールは、ゴールデンエール、アンバーエール、湘南ゴールド、スイートバニラスタウトの中でいずれか3種類を常時提供。
もちろん樽生。大500円、中400円の破格値でご提供しますので、お近くの方は遊びに来てください!
____________

明日、関西のほうでは「地ビールフェスタinひろしま」が開催されますね!
http://www.golden-garden.tv/beerfesta/2008.html

持っていくのは湘南ゴールドと、YOKOHAMA XPAです。
こちらには社長が参りますので、よろしくお願いします。

ちなみに、本日社長の誕生日birthday
会場で会ったら「おめでとう」を言ってあげてください(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

【閑休話題】シナモンの香りは恋に効く

りんごのつづき書けよという声が聞こえそうですが、聞こえないふりをします。

マクドナルドで9月19日より発売になっている「シナモンメルツ」を食べました。

Photo

このテレビCMのテーマが“シナモンの香りは恋に効くheart04

シナモンと言えばさー、シナモンと言えばさー、

10月21日発売の「アップルシナモン」 

Applecinnamon

「シナモンメルツ」は一時期流行った(シナボンってありましたよね?)シナモンロールの味です。
お砂糖の焦げた“カラメル”っぽさと、シナモンの風味が「アップルシナモンエール」に合うと思うなぁ。

きっと両方一緒に食べれば“2倍恋に効くheart04はず。

アップルシナモンエールが完成したら(ただ今、発酵中)試してみよう。

恋に効くかどうかではなく・・・、シナモンメルツとビールの相性をね!

応援よろしくお願いします>>>ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

400個のりんごを焼く【アップルシナモンエール仕込:400個の“焼りんご”づくり】

前の日記のつづき

さて、いよいよ400個のりんごを焼きます

Photo_18

Photo_19

Photo_20

Photo_21

Photo_22

Photo_23

オーブン1段に天板4枚×オーブン3段を全てフル稼働sweat01

「たぶん30、40分かかると思います」という奥田さん。

という訳で焼きあがりを待つことに・・・。


でも、気になってオーブンの前から離れられない職人2人▼
  奥  : ル・フルラージュ 店主 パン職人 奥田さん
手前 : サンクトガーレン 社長 ビール職人 岩本


Photo_25

うち(サンクトガーレン)にとって初めての試みであると同時に
奥田さんにとってもこんなに大量の焼きりんごをつくるのは初めてのこと。

出来上がりを待つまでは、わくわく、どきどきhappy02 皆さん少しテンション高めです。

応援よろしくお願いします>>>ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

400個のりんごを並べる【アップルシナモンエール仕込:400個の“焼りんご”づくり】

前の日記のつづき。

洗った400個のりんごを天板に並べます。

Photo_8 

ひたすら並べます。

Photo_9

大きさが揃っていないので、ちょっとしたパズルのようです。

Photo_12

でも、とにかく、どんどん並べます。

Photo_11

かなり壮観です。

さぁ、いよいよ焼きます!

応援よろしくお願いします>>>ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

400個のりんごを洗う【アップルシナモンエール仕込:400個の“焼りんご”づくり】

前の日記のつづき。

アップルシナモンエールに使う400個の焼きりんごをつくります。

りんごappleりんごapple


どーんtyphoon
Photo

このりんごは全て、長野県伊那市でとれたもの。
しかも、表面のキズ(写真左)や、色ムラ(写真右)、形がいびつ、という外観上の問題で売り物にはならない、本来は捨てられてしまう運命にあったりんごです。
こういう廃棄処分になってしまう果物のことを“廃果(はいか)”と言います。
ある説では、果物の収穫量の1/3はこのような廃果に当たるのだとか!
私たちはこのビールの販売を通じて廃果を少しでも有効に活用できれば・・・と思っています。
Photo_2  Photo_3  

まずは、これらのりんごを洗います。

Photo_4

ひたすら、洗います。
400個の道のりは長いぞー。

Photo_6

私 「まだ2箱しかいってないぞー。がんばれー。」

社長 「写真ばっかり撮ってないで手伝えangry

私 「はい・・・」

Photo_5

私。。。洗ってます。。。。

つづきは次の日記で。

応援よろしくお願いします>>>ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

パン屋でビールづくり!?【アップルシナモンエール仕込:大量の焼りんごをつくる】

今年で2年目の発売となる「アップルシナモンエール」ですが、昨年と大きくレシピを変えました。

りんごのビールは数あれど、フレッシュなりんごの風味ではなく、火を入れた香ばしいりんごの風味がするのがアップルシナモンエールの特徴です。

その風味をより強調するために、りんごappleの使い方を大きく変えました。
昨年は麦汁(ばくじゅう:発酵前、つまりまだアルコールになっていないビールの前身。とても甘いです)でりんごappleを煮込んで火を入れたりんごの風味を表現していました。ところが、今年はりんごそのものを“焼りんご”に加工してから麦汁に投入しています。

レシピを変更した際の1番の課題が大量(約400個)の焼りんごをどうやって作るか?でした。

以前より親交のあった厚木のパン屋さん「ル・フルラージュ」の店主、奥田さんにそのことを相談したところ“焼りんご”作成のための協力を快諾して頂きました。

▼ ル・フルラージュ(定休日に押し掛けたので、お店がしまっています)

Photo_2

▼ 店主 奥田和幸さん

Photo_3  Photo_4

ル・フルラージュさんでは、当社の「ブラウンポーター」を使用したビールケーキ(写真上:ザッハトルテをベースにしたオリジナルケーキ)とビールパン(写真下:正式名称 ビア ブロート)を販売して頂いています。

Photo_5  Photo_6

●ビールケーキ(土・日・祝限定発売。ご予約可。1/2、1/4のカット売りも有。)
ベルギー産ビターチョコ「ベルコラーデ ノワール プール アメール」とサンクトガーレンの「ブラウンポーター」を使用したル・フルラージュさんのオリジナルザッハトルテ。しっとりしたチョコのスポンジに黒ビールのシロップを染み込ませ、黒ビールを使用したガナッシュ(チョコクリーム)をサンド。フランボワーズジャムとグラッサーズショコラの2層で仕上げています。ビールのほろ苦さと豊な香りが堪能できる大人のチョコレートケーキですheart04

●ビアブロート(土・日・祝限定販売)
仕込み水の代わりに黒ビール(ブラウンポーター)を使用!なので、パンはほんのり茶色。ビールの程良い苦みと豊かな香りと、フランス産のビオ小麦のスパイシーな風味は相性抜群。パリパリしたビールの上がけも食感の良いアクセントになっています。ハムやソーセージをサンドして食べるとより一層◎。


約400個のりんごとの獲得の模様は、また次の日記で。

ポチッとクリックして頂けると、更新が早くなったりならなかったり>>>ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

【スイーツビールコラボ第4弾】黒糖ビール(黒糖スイートスタウト)のソルベ@仏料理「アルテリーベ」

スイーツビールのコラボ第four弾のお知らせです。

さて、ここで第one弾~第three弾をおさらい。

one 2007年夏~継続中:自由が丘のスイーツフォレストさん(マルメゾン大山シェフ)とのコラボ
http://sweetsbeer.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_e555.html
http://www.sweets-forest.com/event/beer_crepe/index.html

two 2007年バレンタイン限定:モンサンクレールの辻口シェフとのコラボ
http://ameblo.jp/h-tuji/entry-10072578008.html
http://sweetsbeer.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_cc17_1.html

three 2008年夏限定:恵比寿のスイーツショップ「sweets&smile BON」とのコラボ
http://sweetsbeer.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_5f84.html


four弾は、横浜のフランス料理店「アルテリーベ」さんとのコラボです。
日本大通りにある素敵なお店です▼

Photo_2


こちらがそのデザート▼
Sorbet biere brune KOKUTO Sankt Gallen
黒糖入り黒ビールのソルベ、エスプレッソゼリーとともにPhoto

下の層がエスプレッソのゼリー、上の層が黒糖スイートスタウトのソルベです。

口に含むと確かにビール!!
香りもエール(上面発酵ビール)特有のフルーティーな香りがしっかりします。
でも、黒糖の味がしっかり効いていてちゃんとスイーツになっている!!
後味に残るのはビールの苦み。
この苦味が全体を引き締めていて、大人のデザートという感じ!
未体験の感動の味です!


実際はこのようにプレートで提供されます▼

Palat chocolat cafe,Compote de amarena
Sorbet biere brune KOKUTO Sankt Gallen

カフェ-ショコラのムース、アマレナのコンポート
黒糖入り黒ビールのソルベ、エスプレッソゼリーとともに

Photo_3

ちゃんとメニューに“Sankt Gallen”と載っているんですよ。

Dsc01635

このデザートをつくったパティシエ、ロイック ピボ氏▼

Photo_5

なんでも、前衛的なメニューを出すことで有名な二ツ星レストランでチョコレートケーキにビール(黄金色)のシャーベットが添えてあって、それを食べたときに「これは絶対、黒ビールのほうが合うはず!」と思い、形にしたのがこの1皿なのだとか。

様々な黒ビールを試した結果、うちの黒糖スイートスタウトが1番しっくりきたのだそう。


フルコースで楽しむとこんな感じrestaurant(一例)▼

Photo_4  Dsc01628

うにー(名称忘れ…)  (右)アイスバインのアスピック、フィアグラのムーズ、ハーブのジュレ、カリフラワーのクスクスとともに
Dsc01623  Dsc01625

(左)ヴィシソワーズの冷たいエスプーマ、サマートリュフの香り (右)香草を纏った仔羊のメダイヨン、アンティローブのローストとともに
Dsc01626  Dsc01629

(左)ホロホロ鶏のメダイヨン、フレッシュな無花果とフィアグラのポワレとともに (右)モンブラン-マンダリン、ミントの香るさわやかなマンダリンのソルベとともに
Dsc01630  Dsc01633

カフェ-ショコラのムース、アマレナのコンポート
黒糖入り黒ビールのソルベ、エスプレッソゼリーとともにheart04
Dsc01631

美味しかったー!!ご馳走様でした。

応援宜しくお願いします>>>ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイーツビールのヒットと味覚の幼稚化の関係

昨日(9月20日)の読売新聞夕刊で、サンクトガーレンのスイーツビールが紹介されました。

Dsc01634

進む若者のビール離れについてと、今秋大手が続々と発売する“苦くない”ビールについての話でした。

苦味は1番高度な味覚と言われ、幼児はまず甘みを覚え→塩分を覚え、、、で最後に覚えるのが苦味だそうです。その苦味を嫌う若者が増えているのは“味覚が幼稚化”している傾向だと、新聞では書かれていました。

以前の日記で書きましたが、苦味は毒物のシグナルとして、本来生物が避ける味です。
しかしそんな苦味も習慣的に摂り続けると、いつしかそれを「美味しい」と感じるようになり、1度美味しいと感じるようになると、今度はそれを常習的に欲するようになるんだとか。

その昔、食卓には魚のワタや山菜など(苦い食材)が普通に並び、小さい頃から苦味に慣れ親しむ機会がありました。ところが、現代、そのような食材を口にする機会はめっきり減りました。
苦味に慣れ親しむ機会が減り、“苦い”を“旨い”と思えないようになってしまったのかもしれません。

大手が“苦くない”ビールを開発してきたのにはそういった背景があったのかもしれませんが、サンクトガーレンが「スイーツビール」を発売した目的はそれとは大きく異なります。

私たちがスイーツビールを発売したのは“従来の日本にはなかった多彩なビールの味を広めたい”という目的があったから。
スイーツビールは、お陰様で発売1年間で出荷量200%を突破するヒット商品となりましたが、そのヒットの背景にあるのが日本人の味覚の幼稚化だとしたら…ちょっと複雑ですね。

応援よろしくお願いします>>> ランキング 酒ブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年10月5日 - 2008年10月11日 »