« 地ビール税制優遇がはじまった背景(地ビールの税率軽減の縮小について) | トップページ | 2009-12-07Twitterまとめ »

2009年12月 7日 (月)

そもそも地ビール税率軽減は誰のために?(地ビールの税率軽減の縮小について)

この日記は前の日記のつづきです。

1、地ビールの税率軽減の縮小について思うこと
2、日本のビールの税金について思うこと(地ビールの税率軽減の縮小について)
3、地ビール税制優遇がはじまった背景(地ビールの税率軽減の縮小について)

そもそも、この優遇措置は誰のためのものか。

結局、地ビール会社のためのものなんですよね。

まわりまわって愛飲家のためになっているという意見もあるかもしれないけど、
やっぱり直接恩恵を受けているのは地ビール会社。

だって、2003年に減税された部分をビールの価格に反映した(値段を下げた)会社は皆無。

でも、ウイスキーが減税になったときってウイスキーは値段が下がりましたよね?
地ビールでそうなってもよかったと思いません?

その大きな流れがあれば、もう1回地ビールブームが起こった可能性もある。

“ブーム”に否定的な意見もありますが(ブームはいつか廃れるので)
ブームは何度も何度も起こって(仕掛けて起こして)定着していくものだ、
というのが私の持論です。
そもそも知られていないものよりは、1回でもブームになったもののほうがマシ。
0を10にするより、1を10にするほうがずっと楽ですし。

優遇措置で台所事情が少し楽になった、ということに甘んじて
消費者還元も経営革新もしなかった会社が大半なのではないかと。

昨年、ビールの原料高騰(麦芽もホップも)並びに石油価格の高騰により
段ボール、瓶、王冠などビール周りの備品も値上がり、
それに伴い地ビール会社が相次いで商品を値上げしました。
(当社は行っておりません)

でも、原材料の価格が落ち着いた今、
価格を元に戻した(下げた)地ビールメーカーの話はほとんど聞きません。 

今回の優遇措置撤廃で20%→15%(実質5%の負担増)で値上げをする地ビール会社もあるだろうし、 
企業努力で現状維持を保つ地ビール会社もあると思う。(当社はもちろん現状維持に努めます)

つまり、どんな理由であれ値上げするところはするし、しないところはしない。
周りの環境のせいにしてれば、そりゃ楽だ。という訳です。

▼こういう意見だって、きっと氷山の一角。
財源足らず、なのに地ビール減税だと!
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=m&board=1002914&tid=a3ja3t&sid=1002914&mid=32061

5%負担が上がっても、まだ15%優遇されている訳です。
他から見たらうらやましく感じる業界だっていっぱいあると思う。

苦しいのはどこの中小企業だって同じだ!
なんで地ビールだけ(ではないですが)優遇されるんだ!と
ビールを飲まない人に聞かれたら、あなたはどう答えますか?


________

以上っ!私の意見ここまで。長々とお付き合い頂きありがとうございました。

|

« 地ビール税制優遇がはじまった背景(地ビールの税率軽減の縮小について) | トップページ | 2009-12-07Twitterまとめ »

コメント

>ただの飲兵衛さん

コメントありがとうございます。

>高くても価値があれば買う。
の、価値があるほうになれるよう頑張らねばhappy01

投稿: みき@サンクトガーレン | 2009年12月10日 (木) 23時54分

>匿名3号(笑)さん

コメントありがとうございます。

うちも税率が優遇されたときに(まだ私は業界関係者でなかったとは言え)
特に価格は下げていないので大きなことは言えないのですが・・・。


地ビールを盛り上げたい、という想いは皆同じなんですが
その条件として「税率ダウン」は関係ない、というのが私の持論です。

大きなこと言ったか、結果を出さねば。。。

投稿: みき@サンクトガーレン | 2009年12月10日 (木) 23時53分

>匿名さん
(匿名さんが多くてややこしいな・・・)

>業界の中にいる方にしては大胆な見解だと思いますが、勇気有る発言敬服します。
業界関係者に刺されるかと思ってびくびくしてました。

お酒業界って食品なのに、保健所よりも税務署が強かったりとか(税金の確保が優先)
不思議なことがいっぱいあるんですよ。

投稿: みき@サンクトガーレン | 2009年12月10日 (木) 23時49分

>匿名さん

コメントありがとうございます。

たしかにビールの税率が安くなる→他のお酒との価格が広がり過ぎる、
で別の問題が生じる可能性がありますね。

匿名さんの案で、これ▼ いいですねぇ。なんとなく、の感覚ですが。
・減税を受けられる範囲を200kLから60kLに縮小(免許維持に必要なはずの量だけ減税)

たしかに、日本の地ビール会社は年間生産量が60KLに満たないとこ多いと思います。
(むしろ、60KLいってるとこのほうが少ないと思います・・・)

>1リットルあたり11円の減税がなくなるので、ビールメーカーの出荷時で
>小瓶1本あたり3.85円(11/3円+消費税)の値上がりになるはずだから、
>小売価格だと最大で10円上がるかな? という感じですね。

個人的には地ビール各社は優遇なしでスタート(価格設定もそのときしているはず)なので
現行維持してほしいなぁ、、、と思ってはいるのですが。

投稿: みき@サンクトガーレン | 2009年12月10日 (木) 23時45分

高くても価値があれば買う。
仮に負担増で経営負担になるなんて言う会社はそもそも経営がまずいか、ビールが不味いんでしょ?

投稿: ただの飲兵衛 | 2009年12月 8日 (火) 20時30分

みきさんがTwitterに書かれていた「地ビールの税率が優遇措置されたときにきちんとそれを告知して消費者に還元した地ビール会社は皆無なのに、撤廃されるときだけなぜ騒ぐ?」というのが、全くその通りだと思っていて、今回の件ではじめて地ビールの税率が優遇されていたことを知りました。

優遇措置撤廃反対派の人たちは、自分たち“だけ”優遇されて当然、みたいな見解なのでしょうか。

税率が20%ダウンになっても何の告知もしなかったのは、(消費者や他業界に対して)どこかに後ろめたい(隠しておきたい)という思惑があったのでは?と勘繰ってしまいたくもなります。

税率がもっとダウンされれば地ビール業界はもっと盛り上がるなんて主張は、全くただの空論でしかないと思います。
「税率がダウンされたら、また同じように自分たちが楽になる」と思って消費者をたきつけているとしか思えない。

投稿: 匿名 | 2009年12月 8日 (火) 20時27分

業界の中にいる方にしては大胆な見解だと思いますが、勇気有る発言敬服します。
 減税しても私益に取り込むだけなら特定の業界・一部の企業たちを優遇する意味は無いと役人ども・(お上)が考えても不思議(不自然)無いと言うのは理解出来る気がします。
 一酒飲みとしは、貴社の製品群を始め、昨今の日本のビールの多様さは目をみはる物があり面白い時代だなと思うと同時に、日本での酒関係行政 が、酒税の視点でしかないのは残念な所であります。

 醸造技術について、行政に頼る必要はないんでしょうが・・・・

 以前日本酒興味を持っていた時、Kらの疑問なのですが
 幾つか本を読んだりしましたが、醸造技術を指導する国の機関って以前から財務省(旧・大蔵省)の所管なのね
 独立行政法人・酒類総研究所 http://www.nrib.go.jp/

 農水省の所管
 農水省が特に良いと思ってる訳でないけど、食品行政でなく、税務行政の一環なのね。
 古来の日本酒につても・・・せっかく穀物(米)使うのだから、いかに間違いなく税収に結びつけるか腐造(酒作りに失敗し腐敗)させない為の技術指導が目的で、良い食品を作る事が目的では無いのね

投稿: 匿名 | 2009年12月 8日 (火) 20時17分

日本酒やワインなどと比べるとビールは材料費が安い(特に自社モルティングの場合)ので、
多様性のある酒分化を維持するにはビールの税金が高いのはしかたがないと思っています。
日本酒の主材料の国産の酒米と、ビールの主材料の輸入した大麦とでは、価格違いすぎる(笑)

ビールは20%未満まで許容されているんだから、
ビールメーカーは5%前後ではなく3倍濃縮の15%前後で作っちゃえよと思います。
そうしたら、炭酸水で3倍に希釈して飲むので、実質的には酒税1/3化と。
バーレースタイルは2倍希釈で飲みました(笑)

・減税を受けられる製造量1300リットルを撤廃して無制限に(大手も減税対象に)
・減税を受けられる範囲を200kLから60kLに縮小(免許維持に必要なはずの量だけ減税)
・減税率20%は維持
くらいが、個人的には妥当だと思っています。
194社で1億円の減税って、1社平均46.86kL分しか減税を受けていない計算ですから、
60kL作れていない地ビールメーカーの割合がとても多そうなので。

1リットルあたり11円の減税がなくなるので、ビールメーカーの出荷時で
小瓶1本あたり3.85円(11/3円+消費税)の値上がりになるはずだから、
小売価格だと最大で10円上がるかな? という感じですね。

投稿: 匿名 | 2009年12月 8日 (火) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/32529079

この記事へのトラックバック一覧です: そもそも地ビール税率軽減は誰のために?(地ビールの税率軽減の縮小について):

« 地ビール税制優遇がはじまった背景(地ビールの税率軽減の縮小について) | トップページ | 2009-12-07Twitterまとめ »