« -番外編- 8月28日【サンクトガーレンブルワリー開放デー】を振り返る ☆ショナゴTシャツ買えます&瓶ビールつかみ取り | トップページ | -質問回答編- 8月28日【サンクトガーレンブルワリー開放デー】を振り返る »

2010年9月 2日 (木)

-補足編- 8月28日【サンクトガーレンブルワリー開放デー】を振り返る

~準備編~  ←あっという間に無くなってたけど・・・肉何キロ用意したか知ってる?  

~本番前~  ←途中、消防車が通りかかったり、厚木市長がいらしてたの知ってる?

~本番後~  ←開放デーで初披露されたGPAが都内のバーに出荷されたらしいよ。

~番外編~  ←社長が着ていたTシャツ買えるらしい。ポイントカード達成者の景品が・・・



ブルワリー開放デー当日は工場の内部も見て頂いたのですが、全員の方に説明できた訳ではないので補足を。

まず真ん中にあった2つのタンクは正確にはです。ビールを造るときに使います。

左が糖化釜・・・粉砕した麦芽とお湯で、麦汁(麦ジュース。ビールの基)を作る釜。

右が煮沸釜・・・麦汁を沸かしてホップを投入する釜。

Img_5816


この釜で1回の仕込みで出来るビールは約6,000本。
※サンクトガーレンの使っている小瓶(330ml)換算

しかし、それは通常のビールの話。

インペリアルチョコレートスタウトバーレイワインなどの濃厚ビールになると、
1回仕込んで約3,000本分にしかなりません。通常の半分!!!


ただでさえ原材料をいっぱい使う上に、麦汁も濃厚な部分しか使わないからです。
高いビールには高いなりの理由があるのです。。。

-------------------------------------------------------------------------

工場の周りにずらーっと並んでいたのが、発酵タンク
ここで麦汁が発酵して、ビールになります。

ちなみに発酵タンク1本には約12,000本分のビールが入ります。

つまり、釜で1回仕込んでできるビールは約6,000本なので、
2回仕込んでやっとタンク1本がいっぱいになる計算。

さらに、インペリアルチョコレートスタウトバーレイワインなどの濃厚ビールは
4回仕込んでやっと発酵タンク1本分!!!


これは開放デー当日の写真ですが、この1番手前に映っているタンク、
このタンクはディアブロ2010(リンク先は2009)を熟成中。11月18日の解禁を待っています。

Img_7597

■関連記事

|

« -番外編- 8月28日【サンクトガーレンブルワリー開放デー】を振り返る ☆ショナゴTシャツ買えます&瓶ビールつかみ取り | トップページ | -質問回答編- 8月28日【サンクトガーレンブルワリー開放デー】を振り返る »

ビールのイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/36499460

この記事へのトラックバック一覧です: -補足編- 8月28日【サンクトガーレンブルワリー開放デー】を振り返る:

« -番外編- 8月28日【サンクトガーレンブルワリー開放デー】を振り返る ☆ショナゴTシャツ買えます&瓶ビールつかみ取り | トップページ | -質問回答編- 8月28日【サンクトガーレンブルワリー開放デー】を振り返る »