« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月16日 (金)

食べログ【東京ベストバー100】にサンクトガーレンが飲めるお店がランクイン!

食べログから毎年末に発表される「ベストレストラン2011」が発表になりましたね。

その結果を眺めていたら、お馴染みのお店がランクインしていたのでご紹介。

Jpg


「東京ベストレストラン2011」390位にランクイン : 新橋DRY-DOCK

Ddjpg


新橋DRY-DOCKは“世界一のスーパードライ”を飲ませるお店として有名ですが、
たま~にサンクトガーレンも飲めます。
お店のポテトサラダはアメトーク ポテサラ芸人イチオシの逸品。

▼泡がとろとろのスーパードライ。青葉台にある系列店「キールズバー」ではドライドックより高頻度でサンクト
ガーレンの樽生が飲めます!もちろん、この世界一のスーパードライも!
ドライドックの写真をもっと見る
注ぎ方1つでここまで味が変わるのかと感動


 「東京ベストレストラン2011」499位にランクイン : 豚組

Jpg_2

銘柄豚ブーム先駆けのお店で、イベリコ豚やプラチナポークの豚カツが食べられます。
銘柄豚のしゃぶしゃぶが楽しめる系列店の「しゃぶ庵」ではサンクトガーレンを
飲むことができます。


東京のレストラン108,296店中のベスト500なので、ホントすごいと思います!
おめでとうございます!

ちなみに500軒×2回、全50ページを目視で確認致しました(^-^;
もしサンクトガーレンのお取り扱いで抜けているお店があったら、私のミスです。
ご容赦を。

--------------

ちなみに食べログでは、上記とは別に「東京ベスト寿司店」とか「東京ベストフレンチ」とか
部門別のランキングも出ています。こちらは年に1回ではなく、毎月1回更新されています。

2011年12月の「東京ベストバー100」が出ていたので、見てみました。
こちらも目視確認ですので、関係店で抜けがありましたら訂正します。ご容赦を。。。


 「東京ベストバー100」(2011年12月) 21位にランクイン : bar cacoi

Cacoijpg


サンクトガーレンの湘南ゴールドが1年中飲めるお店としてお馴染のcacoiが21位に!
東京中のバー4,796軒中の21位です!地ビールが飲めるバーではトップですね。
cacoiはクラフトビールが飲めるだけでなく、カクテルやモルトなど他のアルコールも
充実しているし、お料理も板前さんの和食が食べられるなど、“バー”として総合力の
高さが評価されているのでしょうね。

▼冬限定。板前さんが土鍋で炊き上げる蟹ご飯。 cacoiの写真をもっと見る
ちなみに土日祝のランチはご飯もの&ドリンク&デザートで1000円。ビール1杯500円♪

渋谷cacoi


 「東京ベストバー100」(2011年12月) 45位にランクイン : グリフォン

Jpg_3

さらに45位にはグリフォンがランクイン。こちらもcacoiと同じく渋谷にあるお店。
たまにサンクトガーレンも飲めるビアバーです。
HAPPY HOURなどを積極的に行っているのが評価されているようですね。


各お店の関係者の皆様、おめでとうございます!!!

-------------------

[PR]12月18日までお歳暮早割延長:一升瓶ビール2本セットがお得!

■関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全受験生を敵に回すトレーナー

今、農大の醸造学科の学生さん2人が工場に実習に来ています。

そのうちの1人が、今日こんなトレーナーを!

1323969639487.jpg

もうすぐ受験シーズンなのに(^◇^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 3日 (土)

【12月3日はみかんの日】アジアNo1に輝いた“みかんビール”をエクストラコールドVerで

今日、12月3日はみかんの日

「いつ(12)も、み(3)かん」の語呂合わせで全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が制定したもの。
(11月3日も、いい(11)み(3)かんの日で、みかんの日)

A0006_000037_m

サンクトガーレンには、みかんを使ったビールが2つあります。

1つは春夏限定の湘南ゴールド



神奈川産のオレンジ“湘南ゴールド”を使用したプレミアムフルーツビールです。

湘南ゴールドは、神奈川県が12年をかけて開発したオレンジで、未だ県内でも
入手困難な稀少品。皮がレモンのように黄色で、中身はオレンジ。他のオレンジ類を
圧倒する華やかな香りを持っていて“まるで香水のよう”と言われるほど。

華やかな香りを最大限ビールに活かすため、果汁だけではなく皮も実も丸ごと果実を使用。

湘南ゴールド果実

アロマホップも柑橘系の香りが特徴のものを使用し、グラスに注いだ瞬間から
飲み終えた後のゲップまで、とことんオレンジです。瑞々しくジューシーな風味が
口中に広がり、後味には柑橘の皮特有のマーマレードのような苦味を感じます。

「ワールド・ビア・アワード2010」では、アジアNo1フレーバービールに輝きました

春夏限定ビールなのですが、都内に3店だけこのビールが樽生で1年中飲める店があります。
春夏限定の「湘南ゴールド」が樽生で1年中飲める3店

さらに、そのうちの1店「渋谷cacoi」ではエクストラコールドVerで飲めます。
地ビール業界唯一の【エクストラコールドビール】が渋谷cacoiにて

------------------

さらに、みかんを使ったビールがもう1個。こちらは黒ビールです。

1月11日より2万本限定で発売のオレンジチョコレートスタウト

生オレンジ果実を、皮ごと細かく刻み、長時間煮込んで風味を凝縮。
それをチョコレート麦芽を使用した黒ビールに合わせて発酵させました。

使っているのはお正月飾りに欠かせない“橙(だいだい)”というみかん。
お正月が終わると一気に需要がなくなってしまうこのみかん。
バレンタインギフトへと生まれ変わらせています。

マーマレードやポン酢にも使われるこのみかんは、ビターオレンジとも呼ばれ
火を入れると一層風味が強くなります。

オレンジチョコレートスタウトに使用するオレンジは長時間煮込んで風味を凝縮してから使用しています

香ばしくほろ苦いチョコレート感の中に、
オレンジの華やかな香り、爽やかな果実感が存在感を示します。

オレンジピールにチョコレートを掛けたお菓子「オランジェ」を
イメージしたビールです。

年内には先行予約がスタートしますので、宜しくお願いいます(*゚▽゚)ノ

先行予約情報を逃さずチェックするならメルマガにご登録を

-------------------

[PR]12月11日までお歳暮早割:一升瓶ビール2本セットがお得!
Facebook

■関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

ジンジャラーの人にお薦めの“生姜”ビール、八重洲と日暮里で限定販売中

寒さが厳しくなってきた今日この頃。

身体の外側からだけでなく、内側からも対策をしたいもの。

そこで昨冬から注目されているのが生姜!


人民日報が発行する健康雑誌「生命時報」ではこんな記事が。

■ しょうが健康法 日本で大ブーム

通常、魚の煮付けなどの臭い消しやてんつゆなどの薬味、漬物にして焼き魚の付け合せなどに使われるしょうが。そのしょうがが日本で今、健康食品として脚光を浴び、チューブ入りおろししょうがを持ち歩き、食事のときはそのしょうがを何にでもつけて食べる “ジンジャラー” が若い女性を中心に増えているそうだ。
http://j.people.com.cn/94475/7605945.html


ジンジャラーヽ(´▽`)/


何にでもマヨネーズをかけるマヨラー的な??


私もジンジャラーという程ではないですが、今年は生姜に目覚めました(笑)

愛用しているのはこの金時ショウガです。

粉末になっていて、お茶に混ぜて飲んでます。お薦めは「ほうじ茶」との組合せ(゚▽゚*)


OS-N 金時ショウガ末


わざわざ自分で混ぜなくても、キリンから生姜ブレンドのお茶が発売になってたりとか



つい最近、ローソンからは、柚子とジンジャーのロールケーキが発売に。 
yuzuginger


うーん、生姜の波がきてますねー。

サンクトガーレンも現在、生姜のビールを発売中。

八重洲バッカスさんの4周年記念で、店主様の希望によりつくったオリジナルビールです。

そのため、八重洲バッカスと姉妹店の日暮里オコンネルでしか飲めません。
(ボトルの販売も行っていません)

IMG_8674

ペールエールをベースにかなり強めに生姜を効かせていて

辛っ!苦っ!なジンジャラーの方にはぜひ1度味わってほしいビールです。

もともと「ジンジャーエール」のエールは、
サンクトガーレンの造る上面発酵ビールの総称であるエールのこと。

現在ソフトドリンクとして親しまれているジンジャーエールですが、
もともと、発祥地のイギリスではビールでした。
それがいつの間にかアルコールの入っていない清涼飲料水として普及したのです。


このジンジャーペールエール、けっこうたっぷり造ったのですが工場の在庫はあと5樽くらい。

年内に完売の可能性大ですので、興味のある方はお早めにお店へどうぞ!

-------------------

[PR]12月11日までお歳暮早割:一升瓶ビール2本セットがお得!
Facebook

■関連記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »