« ジャパン・ビア・タイムス2012夏号は、日本一クラフトビア密度の高い「厚木市」特集 | トップページ | サボテンを枯らした私が【ホップの栽培】をはじめてみました »

2012年8月16日 (木)

ビールの苦み・香りの基。 “ホップ” 摘みに行ってきました

先日、山梨県北杜市の農家さんへホップ摘みに行ってきました。

ホップはビールの苦みと香りの基になる主原料の1つです。

IMG_3084

ツル性の植物で、ヘチマや朝顔と同じように棒や紐などに巻き付きながら上へ伸びていきます。

IMG_3069

摘むときにはこのツルをバッサリと切り落とし、そこから1粒1粒手作業でホップをとっていきます。

IMG_3046

これがかなり根気のいる作業で、 人手と時間を要します。

IMG_3112

今回は代々木ウォータリングホールの皆さんと一緒に収穫作業を行ってきました。

IMG_3111

最初は「わー、良い香り♪」とか賑やかにやっていましたが、
やってもやっても減らないホップの山を前に段々口数も減り
プチップチッとホップを摘む音だけが響くように。

IMG_3055

総勢11人で1日作業をして、約20Kのホップが収穫出来ました。

IMG_2955

サンクトガーレンではこのホップをもちろんビールに使います。お楽しみに!


※以下、提供終了しました

そして、代々木ウォータリングホールさんでは、現在このホップを丸ごとフリッターにして提供中。 


ホップが食べられる機会は滅多にありませんので、ぜひこの機会にその味を体験してみて下さい!
(数量限定ですので、完売の場合はご了承下さい)

代々木 WateringHole(ウォータリングホール)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-26-5-103
TEL:03-6380-6115/基本無休 15:00 - 23:30
お店ブログ ▶お店Twitter ▶お店FaceBook

|

« ジャパン・ビア・タイムス2012夏号は、日本一クラフトビア密度の高い「厚木市」特集 | トップページ | サボテンを枯らした私が【ホップの栽培】をはじめてみました »

サンクトガーレン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/46713576

この記事へのトラックバック一覧です: ビールの苦み・香りの基。 “ホップ” 摘みに行ってきました:

« ジャパン・ビア・タイムス2012夏号は、日本一クラフトビア密度の高い「厚木市」特集 | トップページ | サボテンを枯らした私が【ホップの栽培】をはじめてみました »