« 新宿2丁目じゃないよ。茅ヶ崎HOPMANだよ。 | トップページ | 笑うほど苦い。もやしもんビール元気に発酵中。 »

2012年11月 5日 (月)

【完全手作業】 麦のワイン瓶詰め。シャンパンと同じ瓶内2次発酵製法

11月15日(木)、いよいよ大麦のワイン(バーレイワイン)小麦のワイン(ウィートワイン)が解禁になります。

現在工場では麦のワインの瓶詰めの真っ最中。

麦のワインはシャンパンと同じ瓶内2次発酵製法で仕上げています。

1次発酵の終わったビールからビール酵母を取り除き、そこに新しく元気なビール酵母と麦汁(ビール酵母の発酵活動に必要な養分)を投入。

そのビールを1本1本を手で瓶に詰めています。

このシンプルなガラス管で詰めています。原理はボールペンと同じで、先端を瓶底に押しあてるとビールが出て、離すと止まります。

瓶詰めは通常、炭酸ガスでビールに圧力をかけて行いますが、麦のワインは炭酸ガスを一切用いないナチュラルな方法で詰めています。

機械は一切使わず、用いるのはシンプルなガラスの管。

ビールタンクから直結したガラス管がボールペンのようになっていて、瓶底に押し当てることで瓶内にビールが流れ込みます。

工場は麦のワインの瓶詰めの山場を迎えています。このビールは1本1本全て手詰めです。

瓶内の空気を追い出すために、ビールは瓶から溢れるまで入れ、溢れたところで即、栓を打ちこみます。

その後、瓶は丸ごと水につけ、溢れたビールを洗い流します。

打栓も人力。通常の瓶詰めは炭酸ガスを使いますが、この原始的な方法では全く使わず、瓶内発酵で生まれる炭酸だけが液に溶け込みます。

麦のワインのボトルの外側に小さな傷が付いているものがあります。
それは、栓を打ち込む際にできたものです。

打栓機がボトルを挟み込む部分は鋭利になっていて、栓を打つ際に傷ができてしまうことは避けられません。
その傷は1本1本手詰めした証です。何卒ご理解、ご了承ください。

Untitled

瓶詰めしたビールは瓶の中の酵母が活動しやすい温度(13度前後)で2週間程度保ちます。

このときの発酵活動によって生まれた炭酸ガスをビールに溶け込ませて完成です。

麦のワイン2種は各6,000本限定。すでに残り半数を切っています。
ご注文はお早めに。

Untitled

|

« 新宿2丁目じゃないよ。茅ヶ崎HOPMANだよ。 | トップページ | 笑うほど苦い。もやしもんビール元気に発酵中。 »

バーレイワイン(麦のワイン)エル ディアブロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/47727205

この記事へのトラックバック一覧です: 【完全手作業】 麦のワイン瓶詰め。シャンパンと同じ瓶内2次発酵製法:

« 新宿2丁目じゃないよ。茅ヶ崎HOPMANだよ。 | トップページ | 笑うほど苦い。もやしもんビール元気に発酵中。 »