« 工場で栽培しているホップの近況 | トップページ | 麦のワイン解禁に向けて準備着々 »

2012年11月 9日 (金)

大麦のワイン(バーレイワイン/悪魔)と、小麦のワイン(ウィートワイン/天使)の違いを、分かり易く解説してみる

11月15日木曜日に解禁になる2つの麦のワイン、大麦のワイン(バーレイワイン/悪魔)と小麦のワイン(ウィートワイン/天使)。

この2つは、ビールでありながらワイン並のアルコール(約10%)をもち、ワインのように年単位での熟成が可能な点は共通しています。

異なるのは主原料となる麦芽。
悪魔は大麦麦芽が主原料で、天使は小麦麦芽が主原料。

「飲んだ印象はどう違うの?」という点を解説。

******

大麦麦芽を主原料とした、大麦のワイン(バーレイワイン)濃厚、かつ苦いのが特徴。

大麦のワイン

アルコール約10%のどっしりした超濃厚な飲み口で、その上さらに容赦なく苦いです。
(それが悪魔たる所以でもあります)

ビールの苦みの基になる“ホップ”を通常ビールの6倍以上も使用。

IMG_3059

ホップはビールに苦みの基になるだけではなく、草原や柑橘を思わす華やかな香りをビールにもたらします。

そのため、大麦のワイン(バーレイワイン)は通常のビールとは比較にならないほどの濃厚さと、華やかな香り、重厚な苦味を合わせもっています。

苦味を現わす数値IBUは91。
日本の大手ビールのIBUが20前後なので、約4倍もの苦味をもっているこということです。

******

小麦麦芽を主原料とした、小麦のワイン(ウィートワイン)濃厚、でも優しいのが特徴。

小麦のワイン

アルコール約10%のどっしりした超濃厚な飲み口ですが、苦味はあまり感じずまろやかな飲み口。
(それが天使たる所以でもあります)

麦

小麦は大麦と比べてたんぱく質が多いため、液に粘土が出て“とろみ”を感じます。

そのため、超濃厚ながらも、優しく柔らかな印象です。

******

ちなみに通常ビール(サンクトガーレン内で1番ベーシックなゴールデンエール)、バーレイワイン(大麦のワイン/悪魔)ウィートワイン(小麦のワイン/天使)の3つを比較すると以下のような感じです。

Photo

ぜひ、参考にして下さい。

|

« 工場で栽培しているホップの近況 | トップページ | 麦のワイン解禁に向けて準備着々 »

バーレイワイン(麦のワイン)エル ディアブロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/47781420

この記事へのトラックバック一覧です: 大麦のワイン(バーレイワイン/悪魔)と、小麦のワイン(ウィートワイン/天使)の違いを、分かり易く解説してみる:

« 工場で栽培しているホップの近況 | トップページ | 麦のワイン解禁に向けて準備着々 »