« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

チョコビールを注いで、飲んで、食べられる!チョコレート製ビアグラス、制作風景

2月より販売するチョコレート製ビアグラスは、サンクトガーレンが拠点を置く厚木市のお隣、海老名市にあるタダシ・ヤナギのアトリエで作って頂いています。

溶かしたチョコレートをグラスの型に刷毛で1個1個塗っていきます。

002

気泡が入らないよう、丁寧に作業します。

044

塗った後はこんな感じ。まだグラスというには全然厚みがありません。

077

ここにチョコレートをダバーっと流し込みます。

099

型に並々と流し込んだ後・・・。

105

これを逆さまにして落します。

139

それを温度・湿度ともに厳しく管理された環境の中で一夜乾燥させます。

175

そこに、再びチョコレートをダバー。

090

逆さまにして乾燥させる。

180

これを複数回繰り返すことでグラスの厚みと強度を出していきます。

出来あがったのはこんな感じ。かなり厚みがしっかりしています。

185

型から抜くのは緊張の一瞬…、かと思いきや、ここは割と簡単にスポッと抜けるそうです。

188

つやっつやっ!

216

ここに別で作成してある底の部分を取りつけます。

007

底の部分を少し熱で溶かし、接着。

236

グラスとして利用するため、ちゃんと水平になっているかどうかもチェックします。

242

飾りに金粉を振りかけて、完成です。
見た目はシンプルですが、とても手間暇のかかった作品なのです。

270

制作風景の写真一覧がこちらで見られます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ネット販売は2月1日お昼12時から】 チョコレート製ビアグラス、よくある質問 「手で握って溶けないんですか?」

チョコビールを注いで、飲んで、しかも最後に食べられる!

3

チョコレート製ビアグラスを今年も2月1日より数量限定で販売します。
販売方法・場所の詳細はこちらでご確認下さい

2_2

よく頂くご質問が「手で握って溶けないの?」というもの。

確かに、普段コンビニやスーパーで売っているチョコレートは少し手で握っただけで簡単にとけますね。それは、カカオ分の少なく脂の多い【チョコ】だからです。

このグラスに使用しているカカオ分の高い【チョコ】は、手で握ったくらいではとけません。

002

また、チョコレートは温度・湿度推移によって、それぞれの結晶の型の割合・率が変化し、それが商品食感や融点(融ける温度)を左右します。
 
ある段階では○○度、次に□□度、その次に△△度と、いくつかの時点で変化させることになり、各段階の温度の組み合わせの数は非常に多くなります。今回は、融点を高くするようにテンパリングの温度を設定して作っています。
 
商品に関わる重要なノウハウなので、具体的な温度・湿度は公表できませんが作っているときはもちろん、成形後に乾燥させるとき、完成後の保存の際も、細心の注意をはらって温度・湿度を一定に保っています。だから、簡単には溶けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

【1月22日はカレーの日】 カレーに合うビールといえば・・・

今日、1月22日はカレーの日。

1982年の今日、全国の小中学校で一斉にカレー給食が出されたんだそうで、
現在でもその名残で1月22日の給食がカレーの学校は多いそうですよ。

******

という訳で、私のお昼も今日はカレー。
厚木市役所近くに毎週火曜日に移動販売で来ている「けむり」さんのスープカレー

具が多過ぎて、スプーンを中に入れるのに苦労するほどです(笑)。

1358851053772.jpg

******

ところで、カレーに合うビールというとどんなビールを思い浮かべますか?

カレーの本場、インドで飲まれているビールと言えば、日本と同じピルスナーが圧倒的。

キンキンに冷やして、水感覚で合わせる感じですね。

1358851044136.jpg

サンクトガーレンとしてのイチオシはアップルシナモンエールです。

「辛いカレーと甘いビール?」

はい。その通りです。

というのも、アップルシナモンエールに使っているリンゴ、シナモンはどちらもカレーによく使われる材料なんですよね。

基本的に同じ材料を使っているもの同士なので相性が良いですし、
辛いカレーを食べた後の口の中を中和してくれるような働きもしてくれます。

ぜひ1度お試しください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

【あと2日】ふるさと祭り東京で食べた美味しいもの写真を貼っていきます

現在サンクトガーレンは、東京ドームで開催中のふるさと祭東京に出店中。

チョコビールを含む8種類の樽生ビールと、お持ち帰り用ボトルビールをご用意しています。

1358485573472.jpg

残る会期は今日を含めあと2日!

行こうかどうしようか迷っている皆様の背中を押しまくる、写真を会場よりずらずらっとアップしちゃいます。

******

■全国ご当地どんぶり選手権より
http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/special/donburi/

こちらの丼ぶりを楽しむにはまず専用のチケットが必要です。
チケットの購入は午前中、入場すぐが狙い目です。

1枚500円。ハーフサイズなので、女性でも2~3個はいけます。


【鹿児島・志布志黒豚三昧丼】

とろとろの角煮と、だしまき卵の中にも角煮!

1358485456951.jpg


【大阪・牛すじ温玉丼】

こちらもどろっとろの牛筋に温泉卵がとろん。ごちゃ混ぜにして食べましょう。

1358485473745.jpg


【石川・香箱カニ丼】

小ぶりながら、外子も内子も詰まっており。味が濃いです!

1358485481621.jpg


【山形・米沢牛ステーキ丼】

この米沢牛ステーキ丼と、北海道のうにめし丼は今年のどんぶり選手権で最も長い列をつくっている人気丼ぶり。
少しでもすいていたら、即並ぶべし!な丼ぶりです。

さすがの米沢牛。簡単に噛み切れる柔らかさとジューシーな脂。ハーフでも十分満足。

1358485487480.jpg


【愛知・名古屋コーチン親子丼】

今回、親子丼はこの名古屋コーチンのものと、秋田の比内地鶏のものと2つ出ています。

個人的なお薦めはこちらの名古屋コーチン。肉も卵も名古屋コーチンのもの。
名古屋特有の少し甘めの味付けで、ダメ押しで最後に添えられる卵の黄身が濃厚で美味!

1358485494279.jpg


【新潟・鯛茶漬け】
鯛飯に、鯛の香り揚げ、鯛のなめろう、と3つの鯛が楽しめます。
味付けの濃い丼ぶりが多い中、サラサラかき込める優しい味わい。ホッとします。

1358485503076.jpg


【高地・土佐漁師の三色丼】
鰹のたたき、マグロの漬け、サーモンの藁焼きの3種の魚の上に、たっぷりとろろ!

1358485512887.jpg

******

丼ぶり以外のフードも大充実。

北海道から沖縄まで、この会場で日本全国のふるさとの味が楽しめます。

麺類も充実しており、各地ラーメンの他、ぴょんぴょん舎の冷麺、沖縄そばも。

1358485520314.jpg

このチャンポンは豚骨ベースではなく、宮崎地鶏ベース。野菜もたっぷりで600円。

1358485529521.jpg

******

閉場時間が近くなると、値段交渉も楽しめるようになります。

生モノが多いので、その日に売り切れるなら多少のおまけはしてくれるはず。

これは半額ゲットした蟹三昧丼。

1358485540441.jpg

こちらは、米沢牛のお弁当。これは2個で1個のお値段にまけてもらいました。

1358485549534.jpg


スイーツも充実。
こちらは大阪の「黒チーズケーキ」。ブラックココアのビターな味わいが特徴。
サンクトガーレンのインペリアルチョコレートとの相性抜群です。

1358485556585.jpg

史上最大の大きさだという会場内のねぷたも必見です!

1358485563114.jpg

ぜひ遊びに来て下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

お正月飾りの蜜柑がバレンタインギフトに

チョコビールシリーズ の1つ「オレンジチョコレートスタウト」のオレンジは、お正月飾りに使われる蜜柑でもあります。

1357874014514.jpg

これは「橙(だいだい)」という蜜柑で、果実をそのままにしておくと2~3年は樹から落ちずにいるため、3世代の果実(孫、親、祖父母)が1つの樹になることがあるんだそう。

それで「代々」と掛けて繁栄をお願いするんだとか。

そんなおめでたい蜜柑ですが、欧米ではビターオレンジと言われる程苦くて、生食に向きません。

ただ生ではキツい苦味も、火を入れると程良いアクセントになり、香りも華やかに開きます。

そのため、マーマレードなどの原料にも使われています。

サンクトガーレンの使っている橙は湘南ゴールドの故郷、足柄で作られているもの。

お正月が過ぎて、出番の少なくなる橙を有効活用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

プチプチの裏と表

今日はチョコビールシリーズの発売日!

そして、頒布会の第1回目のお届け日です。
(恐らくほとんどの方に今日届いているかと思います)

頒布会には毎年、非売品のグッズをプレゼントしております。
今年のプレゼントはご要望の多かったパイントグラスでした。

300個近いパイントグラスをプチプチで梱包すること数時間・・・(;´▽`A``

私、ラッピングコーディネーターの資格なぞ持っておりまして、久々にその技術を使った気がします。
ネットショップでは注文量の増加に伴い現在は包装サービスを行っておりません。その代わりに箱そのものをグレードアップしました。

ところでプチプチ、凸のある面と、平らな面、どちらで包むのが正解か知っていますか?

1357817565809.jpg

正解は・・・

どちらでも良いのです。

プチプチを作っているメーカーの方曰く、どちらで包んでも緩衝材としての能力には差は無いんだとか。

******

ちなみに、サンクトガーレンでは普段このプチプチを殆ど使いません。

サンクトガーレンで使用している箱は全てうちの瓶のサイズに合わせたぴったりサイズ。

そのため箱内で瓶が動くことが殆どないので、余計な緩衝材は不要な造りになっています。

お客様より「緩衝材も何も使っていなくて割れないのか?」とお問合せを頂くのですが、
箱は事前に配送業者さんにも提出していて、これで瓶ビールを送ってOKという許諾も頂いています。

破損率は1%以下です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

チョコレートビール間も無く発売!

毎年、年始には「今年こそBlogをほぼ毎日更新するぞ!」と思うのですが、いつもあっさり断念。 それはきっと年始早々にチョコレートビールでバタバタするからです。

け、決して私の意思が弱い訳では…。

1357703552838.jpg

さて、そんなチョコレートビールシリーズ今年も3種類で1月10日より発売。

発売8年目ともなると初動は落ち着いたものですが、それでも初回だけで200ケース以上が全国のお酒屋さんへ旅立ちました。

もちろん樽も! 飲める店、買える店リストは今夜中には…。

頒布会の第一回分のオマケには、チョコレートビールシリーズの“要”、チョコレート麦芽の現物をお付けしています。

チョコレート麦芽って甘いの?苦いの? ぜひかじってみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

石の日なのでビール醸造の際に使うストーンを紹介します

1月4日は1(い)4(し)の日。

サンクトガーレンではビールの醸造の際に、エアレーションストーンとカーボネーションストーンという2種類のストーンを使います。

1357697091750.jpg

エアレーションストーンは、麦汁を発酵タンクに移す際に使用します。

麦汁が発酵する際に必要な酸素を麦汁内に溶け込ませます。

ストーンは表面に無数の細かい穴が空いていて、そこから液中に酸素を放出します。

酸素といっても外気を溶け込ませるのではなく、病院でも使われる滅菌済みのもの。

もう一方のカーボネーションストーンは完成直前のビールに炭酸を溶け込ませる際に使います。

ちなみにストーンと言いながら、これらはセラミック製。

なぜストーンというのか、確かな資料はないのですが、恐らく昔は軽石のようなもので出来ていたのではないかと推測しています。

軽石は簡単に欠けてしまうし磨耗しますが、セラミックなら半永久的に使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

サンクトガーレンは今年20周年で、10周年。2013年の個人的な目標など。

2013年、あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

Photo

サンクトガーレンは今年20周年で10周年。

なんのことやら?という方が多いと思うのですが、それを説明するにはサンクトガーレンのちょっと複雑な歴史を紐解いていきましょう。

お酒を造るには免許が必要です。
サンクトガーレンは 3回 4回(1月5日追記あり)もその免許を取得した珍しいビール会社です。
(普通の会社は1回だと思うので、もしかすると国内最多かもしれませんね)

******

1回目のビール醸造免許取得はアメリカ、サンフランシスコで。

その当時、日本でビールの醸造免許を取得するには年間2,000KLのビールを造って、売る必要がありました。
簡単に言えば、年間2,000KL分のビール酒税を納められればビール造ってもいいよ、ということ。

2,000KL。
ピンと来ないと思いますが、大瓶換算で1日で8,700本のビールを造って、売らなければいけない計算。

小さな会社には到底無理な数字。
つまり、当時日本では小規模のビール醸造が許されていませんでした。

だからサンクトガーレンはアメリカで免許を取って、造って、日本に逆輸入して販売。

その免許を取得したのが1993年。今年で20周年という訳です。

******

日本人がアメリカでビールの醸造免許を取得してビール造りをはじめたニュースはTIMEやNEWSWEEKで話題となります。

「なぜ日本人がアメリカでビール造りをはじめたのか?」
「それは日本でビールが造れないからだ」
この問答は日本の産業規制の象徴として取り上げられるようになります。

このニュースは次第に日本のメディアでも話題に。

世論は次第に“日本人がアメリカでビール造りをせざるを得なかった”状況に疑問を呈しはじめます。

そして1994年。
産業規制緩和の目玉の1つとしてビール醸造免許取得のための基準が大きく緩和されます。
これがいわゆる「地ビール解禁」。

サンクトガーレンがサンフランシスコでビール醸造を開始した翌1994年のことでした。

******

日本で小規模ビールが造れるようになったと言っても、サンクトガーレンはサンフランシスコで醸造をはじめたばかり。
すぐに日本に工場を、という訳にはいきませんでした。

でも、サンクトガーレンがビール造りをはじめたきっかけは「日本にエールビールを」この1点に尽きます。
日本でビールが造れるなら、日本で造ったほうが良いに決まっているのです。

満を持して1997年。サンクトガーレンは厚木に工場を設立し、ビール醸造免許を取得。

本格的に国内でのビール醸造を開始します。

******

当初、サンクトガーレンは会社ではありませんでした。

サンクトガーレン事業部。飲茶会社の事業部の1つでした。

2001年会社全体の経営の行き詰まりにより、ビール醸造免許の更新ができなくなります。

ビールの醸造免許を保持するということは、ビール酒税を滞りなく納める能力があるかどうか、ということがとても重要です。
(その能力が無いと見なされれば、最悪免許が更新出来ないこともあるのです)

当時は地ビールブームの終焉もあり「ビールなんて儲からない。もう止めたほうがいい」という周囲の反対を押し切り、岩本(現サンクトガーレン社長)は1人でサンクトガーレン有限会社を設立。

それが2003年。3回目4回目(1月5日追記あり)のビール醸造免許取得、今年で10周年です。

******

お陰様でサンクトガーレン有限会社になってからは経営も安定。

この6年で売上は10倍に伸びました。

サンクトガーレンには営業がいません。
この売上規模で営業がいない会社というのは相当珍しいのではないか、と驚かれます。

私たちが成長を続けられていけるのは、サンクトガーレンを支えて下さっている皆様のお陰に他なりません。

本当にいつも有難うございます。
そして、今年も宜しくお願いいます。

ちなみに免許は更新の必要が無い「永久免許」に切り替わっているため、これ以上の醸造免許取得は無いと思います(笑)。

※1月5日追記:サンクトガーレンの免許取得は4回でした。
地ビール解禁後の1995年。六本木の飲茶店(直営店)で醸造免許を取得し、そこに小さな醸造設備を入れてビールを造っていました。
今話題のブルーパブです。
ビールの免許は会社ではなく、場所におります。
そのため六本木の店で免許を取得していても、1997年厚木に工場を造る際には改めて免許を取得しています。
ちなみに六本木のそのお店は立ち退きで96年に無くなり、現在は六本木ヒルズになっています。


******

2013年の個人的な目標は「今年も何か1つ新しいことを」です。

「毎年何か最低1つ、新しいことをやる」というのは個人的にずーっと持っている&実現している目標です。

それは新商品の発売だったり、頒布会のような新しい仕組みだったり。

その年だけで終わるものではなく、
その年にスタートして翌年からもずっと積み重ねていけるものに育てるところまで。

2006年から見ると、こんな感じです。

2006年 インペリアルチョコレートスタウトバーレイワイン「ディアブロ」発売
2007年 黒糖スイートスタウトスイートバニラスタウトアップルシナモンエール発売
2008年 頒布会スタート。湘南ゴールドYOKOHAMA XPA発売
2009年 オレンジチョコレートスタウト一升瓶ビール・感謝の生発売 
2010年 エイプリルフール参戦「とりあえずビール」発売 工場移転
2011年 パイナップルエール発売
2012年 ウィートワイン「アンヘル」発売
2013年 今年!

売上が伴わなかったり、現場が大変過ぎて無くなったものもあるのですが、
毎年最低1個は何かしら残って、今もなお続いています。

それを今年も1個以上実現したい、と思っています。

あと、今年はもう少しだけ積極的に動こうかな、と。

サンクトガーレンは商売がうまい、とよく言われます。

パークブリュワリーとか、もやしもんビールとか、ベルマーレビールとか、後は百貨店さんに積極的に出店したりとか、がそう見えるのかな?

でも実は、サンクトガーレンから積極的に営業して何かがはじまったものって殆ど無いんです。

頂いたお話を前のめりに受けていたらこうなった、というのが正直なところ。

もちろん頂いたお話に言いなりではなく、自分達の意見を重ねて形にしている訳ですが。

でも今年は自分からも動いてみようかな、と。

一緒にお仕事してみたいとこにラブコールを自分から送ってみようかな、と考えています。

もちろん、面白いお話を頂くのも変わらず大歓迎です。

******

そんなこんなで2013年、皆様にとっても幸多き1年となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »