« シンガポールにある、日本の“地ビール(Jibiru)”専門バーにお邪魔して来ました。来週からサンクトガーレンも! | トップページ | 「“地ビール”という単語は日本の個性的なクラフトビールの代名詞なのに、もったいない!」と彼は言った »

2013年2月23日 (土)

シンガポールでまわった4つのブルワリーを簡単にご紹介

シンガポールでは4つのブルワリーをまわってきました。
それぞれの詳細は帰国後に書こうと思っていますが、自分の備忘録も兼ねて現地より簡単に。

******

■ブルーワークス

1361609516432.jpg

日本のガイドブックにも載っている、今シンガポールで最も人気と言われるブルーパブ。
アメリカ人オーナー運営でビールもアメリカンスタイル中心。

Brewerks:http://www.brewerkz.com/

******

■パンプルーム

1361609536237.jpg

なんとクラブ内に醸造設備があります。こういうのもありだね!と、目から鱗。
ブルーパブの概念を覆されました。

こちらもアメリカ人オーナー運営で、ビールはアメリカンスタイル中心。
回ったブルワリーの中で最もホッピー。1番美味しいと感じました。

The Pump Room:http://www.pumproomasia.com/index.html

******

■レベル33

1361609558115.jpg

世界で最も高い場所にあるブルワリー。
オフィス高層ビルの33階にあり、シンガポールの街を一望しながらビールが楽しめます。

マーライオンを見た後に立ち寄りやすい場所にあります。

LeVeL33:http://www.level33.com.sg/

******

■レッドドット

1361609573266.jpg

シンガポール初、現地オーナー運営のブルワリー。

現在シンガポールには30程度のブルワリーがあると言われますが、殆どは外国人オーナー運営のもの。

市街地から車でないと行けないような場所ですが、リゾートレストランのような雰囲気でロケーションがとにかく最高。

1361609595963.jpg

まわったブルワリーの中で唯一サンプラーセットがありました。

RedDot BREWHOUSE:http://www.reddotbrewhouse.com.sg/

|

« シンガポールにある、日本の“地ビール(Jibiru)”専門バーにお邪魔して来ました。来週からサンクトガーレンも! | トップページ | 「“地ビール”という単語は日本の個性的なクラフトビールの代名詞なのに、もったいない!」と彼は言った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールでまわった4つのブルワリーを簡単にご紹介:

« シンガポールにある、日本の“地ビール(Jibiru)”専門バーにお邪魔して来ました。来週からサンクトガーレンも! | トップページ | 「“地ビール”という単語は日本の個性的なクラフトビールの代名詞なのに、もったいない!」と彼は言った »