« 【6月3日まで】立川・昭和記念公園のまんパクに販売応援に行った結果… #まんパク | トップページ | 【間もなくW杯アジア最終予選 日本 対 オーストラリア 】 飲み干せオーストラリア! »

2013年5月29日 (水)

カメラをかざすだけでビールの色名を一瞬で知ることが出来るアプリ「色彩ヘルパー」

「色彩ヘルパー」というアプリが面白いのでご紹介します。 色彩ヘルパー

iPhoneをかざすだけで、カメラに映った物の色がリアルタイムでわかるアプリです。

iPhone スクリーンショット 2


慣用色名、系統色名、略記号、RGB数値、CMYK数値、HVC数値が一瞬にして表示されます。

このアプリを使えばビールの色を知ることも出来ます。

例えば、ゴールデンエール

1369802648598.jpg

光の加減によるのですが、淡い部分は「芥子色(からしいろ)」。

1369802654878.jpg

濃い部分は「金茶(きんちゃ)」という色のようです。

1369802659224.jpg

そして、ブラウンポーター

1369802664342.jpg

この黒は「鉄黒(てつくろ)」と言うらしいです。へぇ。

1369802668419.jpg

泡の部分は「コルク色」。

1369802672821.jpg

そしてサンクトガーレンには唯一、色の名前が入ったビールがあります。

それはアンバーエール(Amber Ale)




Amberは宝石の一種コハク(琥珀)のこと。

アンバー色はこんなイメージですね。▶ Pinterest:Amber

Qamber_2

さて、アンバーエールの色を見てみましょう。

褐色・・・。あれ?

1369802676611.jpg


栗色・・・。あら?

1369802680609.jpg

セピア・・・。あれれ?

1369802684765.jpg

弁柄色・・・。ちょっと∑(゚∇゚|||)

1369802689992.jpg

アンバーエール、アンバー色じゃないじゃん!!!!!

ちなみにアンバー(Amber)はこんな色。

1369802695015.jpg

と、こんな感じで楽しめます。

2013年5月29日現在、無料ダウンロード可能ですので興味のある方はお試しを。

//////

<補足>

ビールの色を正式にはかる場合はSRMを用います。

SRMとはStandard Reference Methodの略で、ビールの色度数の単位のひとつ。

日本の大手ビールのSRMはだいたい3~4。図でいうと上段の右から3~4番目。

ちなみにサンクトガーレンのビールだと、1番薄いのがゴールデンエールの3.5。

逆に1番濃いのがインペリアルチョコレートスタウトの86.4です。

Manycoloursofbeer

|

« 【6月3日まで】立川・昭和記念公園のまんパクに販売応援に行った結果… #まんパク | トップページ | 【間もなくW杯アジア最終予選 日本 対 オーストラリア 】 飲み干せオーストラリア! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラをかざすだけでビールの色名を一瞬で知ることが出来るアプリ「色彩ヘルパー」:

« 【6月3日まで】立川・昭和記念公園のまんパクに販売応援に行った結果… #まんパク | トップページ | 【間もなくW杯アジア最終予選 日本 対 オーストラリア 】 飲み干せオーストラリア! »