« 【折れたホップと頑固者】工場で育てているホップの最近の様子 | トップページ | 六本木「豚組 #butagumi 」で馬しゃぶを堪能して来た!サンクトガーレンも飲めます。 »

2013年6月20日 (木)

シュピゲラウのビールグラスセミナーで 【IPAグラス】 の実力を確かめてきた!

シュピゲラウのビールグラスセミナーに招待して頂きました。

シュピゲラウはビール大国ドイツで500年以上の歴史をもつグラスメーカー。
2004年よりワイングラスでお馴染のリーデルの傘下に。

グレートアメリカンビアフェスティバルのグラスサプライヤーでもあります。

そのセミナーの内容を一部抜粋して書き起こしてみます。

1371701305096.jpg

このビールグラスセミナーはグラスによるビールの味わいの違いを体験するもので、
4年前からアメリカで開始され、今回日本では初めての開催なのだそう。

1371701413403.jpg

テーブルの上には5つのグラスが並べてあります。
そのうち1つは、よく見かけるパイントグラス。

このセミナーではジョーカー扱い(苦笑)

1371701403958.jpg

どんなに美味しいビールも入れ物がなければそれを飲むことは出来ません。
“グラス”はビールの魅力を五感に伝える架け橋です。

グラスの選択を間違えるとビールの味は損なわれ、残念なビールになります。
より美味しくビールを楽しんでもらうためのグラスの提案です。

1371701332104.jpg

こちらのスライドはパイントグラスの表面を拡大したもの。
表面に正体不明の傷があります。

さらに拡大すると、パイントグラスの表面は月の表面のようにボコボコでラフです。
シュピゲラウはどこまで拡大しても滑らかでスムーズ。

1371701342524.jpg

グラスの細かな傷はスポンジの穴のようなものです。
バクテリア、洗剤、炭酸がこの中に入り込んでしまいます。

またグラスが分厚いと中身が冷たく保てると思うのも間違い。
グラスが厚いと中身の冷たい温度を吸収してしまう→液体がぬるくなる→炭酸も抜ける。

グラスが薄いほど断熱効果が高い。
中身の温度と平均化しようとし、グラスそのものが冷たくなる。

1371701349773.jpg

また、パイントグラスはよく見るとガラスの色が緑がかっているが、これは酸化鉄=不純物。

ガラスの原料は二酸化珪砂(けいさ)と呼ばれる砂。

シュピゲラウの原料はドーフナー鉱山から採掘。
グラスメーカーでここから採掘しているのはうちだけ。

不純物が非常に少なく、医療用ガラス、光ファイバーの原料もここから採掘される。

だから真透明で、ビールの色を魅力的に見せることが出来る。


ここでいよいよ、本日のメイン「IPAグラス」で試飲のお時間です。

このグラスはドッグフィッシュ、シェラネバダとともに開発したもの。6月にデビューしたばかり。

何個もの試作を造っては試してもらい、最終的に両社が「これ」と一致したもの。

1371701316294.jpg

容量は540ml(19オンス)。
小瓶を注いで、泡と、トップに若干の余裕を保てるのに丁度良い量。

1371701324371.jpg

あるアメリカのブルワーはこのグラスを「オルファクトリー(嗅覚)キャノン(大砲)」と言ったそうです。
アロマの大砲、というような意味でしょうか。

このグラスでIPAを飲むとグラスを鼻に近付け無くても、手に持っただけで香りを感じることが出来ます。
これは本当にびっくり。

1371701423133.jpg

またIPAはアルコール高めのものが多い。

パイントグラスは流量の調整が出来ないので、舌の先に液体が当たる。
だから1番最初にアルコールの高さを感じ
「これはアルコールが高いビールだな」ということだけが印象に残る。

シュピゲラウのIPAグラスは淵にレーザーカットが施されていて流量がコントロールできる。
液体は舌の中央部分に当たる。全ての要素がバランスよく味わえる。

-----

グラス下の蜂の巣のような形の部分は、エアレーションに効果が。

グラスを横に傾ける度に(ビールを飲む都度)泡が発生。
泡のキャップ(蓋)=ビールのアロマの蓋。
美味しさを長く保てる。

1371701433453.jpg

私はIPAスタイルがあまり得意では無いのですが、このグラスで飲むIPAは本当に美味しく感じました。

パイントグラスで飲むIPAはどうも苦味ばかりを感じてしまう私ですが、このIPAグラスでは麦芽の甘味、鼻から感じる直接的なホップアロマだけではなく、口に含んだときのフレーバーとしてのホップも感じられ「IPAってこんなに美味しかったんだ!」と。

これは本当に感動的。

ちなみにサンクトガーレンは「YOKOHAMA XPA」がIPAスタイルのビールです。

-----

IPAグラスが凄過ぎて、その後の試飲はもはやあまり覚えていません(すみません)。

1371701360861.jpg

シュピゲラウのグラスはとても薄いですが、純度が高いためとても柔軟=丈夫。

乾杯したとき(グラスを勢いよくぶつけると)、互いが跳ね返るようなそんな感じがありました。

1371701443979.jpg

本当に面白いセミナーで勉強になりました。ありがとうございます!

今後、何らかの形でこのIPAグラスを使うことが出来たら良いなぁと考えています。

▼シュピゲラウのグラスはこちらから購入可能です。
http://shop.riedel.co.jp/?___store=spiegelau

リーデルショップでも販売しているそうです。

|

« 【折れたホップと頑固者】工場で育てているホップの最近の様子 | トップページ | 六本木「豚組 #butagumi 」で馬しゃぶを堪能して来た!サンクトガーレンも飲めます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/52111934

この記事へのトラックバック一覧です: シュピゲラウのビールグラスセミナーで 【IPAグラス】 の実力を確かめてきた!:

« 【折れたホップと頑固者】工場で育てているホップの最近の様子 | トップページ | 六本木「豚組 #butagumi 」で馬しゃぶを堪能して来た!サンクトガーレンも飲めます。 »