« デルモンテのパイナップル加工工場を見学して来ました。次のパイナップルエールに使います | トップページ | 【ホップ摘みに行ってきました:その2】 今年は初めて乾燥にチャレンジ! »

2013年8月 8日 (木)

先日山梨県で摘んできた“生ホップ”を使ってYOKOHAMA XPA(IPA)を仕込みました

昨日、先日山梨県で摘んできた生ホップを使ってビールを仕込みました。

IMG_6521

仕込んだのはIPAスタイルのYOKOHAMA XPA

レギュラービールの中で最も多くのホップを使うビールです。

IMG_7028

ホップは、この中の黄色い部分“ルプリン”に香りの基、苦味の基が詰まっています。

IMG_6603

これをビールに抽出しやすくするために、手で揉んでから投入します。

IMG_7059

揉んだホップは袋に入れてタンクに投入します。

IMG_7047

紅茶を淹れるティーバッグの大きいもの、と思ってもらうと良いかもしれません。

IMG_7037

ホップは軽いので、このままタンクに投入しても麦汁の上にプカプカ浮かんでしまいます。

そのため鉄アレー、ではなく・・・
ビールタンクと同じステンレス製のアレーを一緒に袋に投入します。

IMG_7084

本当のトレーニング用アレーです。

“これはもしかするとうちオリジナルの方法かもしれない”と社長が言っていました。

なので、サンクトガーレンオリジナル ステンレスアレー入ホップバッグ(笑)。

IMG_7086

この袋を麦汁を煮沸している釜に投入し、ぐつぐつ煮込んでホップの香り、苦味を抽出するのです。

IMG_7100

このYOKOHAMA XPAは8月下旬出荷開始を予定しています。お楽しみに!

|

« デルモンテのパイナップル加工工場を見学して来ました。次のパイナップルエールに使います | トップページ | 【ホップ摘みに行ってきました:その2】 今年は初めて乾燥にチャレンジ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先日山梨県で摘んできた“生ホップ”を使ってYOKOHAMA XPA(IPA)を仕込みました:

« デルモンテのパイナップル加工工場を見学して来ました。次のパイナップルエールに使います | トップページ | 【ホップ摘みに行ってきました:その2】 今年は初めて乾燥にチャレンジ! »