« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

チョコビール2014、元気に発酵中

先日のブログでもご紹介の通り、11月26日、27日の2日間にわたり、1月10日発売のチョコビールを仕込みました。

その仕込みの様子はビールの本場ドイツのTV局にも取材されました

通常のビールはダブルバッチ(2回連続仕込み)でビールタンク1本がいっぱいになります。
1回で2,340L × 2回 = 4,680L。

ところが、このビールは材料をたくさん使うだけではなく、麦汁も上澄みの濃い部分しか使わないため、4回仕込まないとビールタンク1本がいっぱいになりません。

なので、 2回連続仕込み×2日間 でタンクをいっぱいにします。
1回で1,170L × 4回 = 4,680L。

こちらの動画はインペリアルチョコレートスタウト3回目仕込分をタンクに移送しているところ。

前日に仕込んだ分の発酵が始まっているため液面が騒がしく、泡がタンクから溢れてきています。



さらにその後の4回目は、工場の床一面に溢れるビール。

まるでチョコムースのように黒く硬い泡。
美味しそうに見えますが、ホップと酵母の苦味がすごくて、飲めたものではありません…。

さらにこちらの動画は、仕込みの翌日28日のもの。

ボコボコ元気に発酵中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

11月29日「いい肉の日」のブログ。主にお歳暮向け「肉ギフト」のご紹介

今日、工場はアンバーエールの仕込み日でした。
(写真はちょうどホップを投入しているところ)

アンバーエールのアンバー(Amber)は琥珀のことで、このビールの色を指してします。

よくアーバンエールと間違えられますが、都会的な(Urban)ビールという訳ではありません。

アンバーエールは金色ビールの“ホップ感・爽快感”と黒ビールの“コク”を良いとこ取りしたビールです。

ハーフ&ハーフがそれぞれの完成したものを後から混ぜているのに対し、
アンバーエールはそれを最初から具現化しているビールといえます。

サンクトガーレンの中で最も肉料理を相性が良いビールでもあります。

例えばウインナーとか…。

IMG_5310

ウインナーと言えば、現在サンクトガーレンではお歳暮で厚木ハムさんのウインナーとビールを詰め合わせたお歳暮ギフトを販売中です。

厚木ハムはただ単に厚木にあるウインナー屋さんではありません。

日本を代表するウインナー屋さんです。

●日本人で唯一の世界ランカーウインナー職人

厚木ハムの職人 嶋崎洋平氏は「国際食肉加工コンテストIFFA」のウインナー部門で日本人で初めて世界ランク入(第3位)を果たした、凄腕職人さん。

IFFAは100年以上の歴史を持ち、世界中のウインナー職人が入賞を目指す由緒ある大会。

その長い歴史の中で日本人で世界ランク入りを果たしたのは、厚木ハムの嶋崎氏が“初”で“唯一”。

フジテレビ「ザ・ベストハウス123」でも粗引ウインナーがものスゴく美味しいウインナー第1位 (日本一)に輝くなど、名実共に日本一のウインナー職人さん。

●豚肉で牛肉に勝つ!

通常、ウインナーな豚肉と牛肉の合挽き肉でつくられます。本場ドイツのウインナーであっても同じです。

ところが、厚木ハムのウインナーは自社農場の豚肉に自信を持っているからこその“豚肉100%”。



「邪道」と言われ続けたそのウインナーも世界で数々の賞を受賞し、今ではそれを揶揄する声も聞かれなくなりました。

牛肉入ウインナーに勝利【豚肉100%ウインナーとサンクトガーレンの金賞ビールセット】詳細はこちら


実は今、厚木ハムさんのネットショップは大変混雑しており、一部商品のお届けが12月10日以降になってしまうそうです。

が!サンクトガーレンとのコラボセットなら平日午前中のご注文は即日出荷!迅速なお届けが可能です(銀行振込・お届け日のある注文を除く)。

送料込みで3400円と、5000円の2タイプ。値段より豪華に見えると評判です!

//////

また、そんな厚木ハムが毎年クリスマスにのみ作る限定のハムや、煮込み料理を詰め合わせたクリスマスBOXのご予約も受付中。100セット限定です。



ウインナーセットがビール&そのおつまみ、という感じなのに対して、クリスマスBOXはこの1箱で大人2人のディナー1食分に相当する内容。ボリューム満点です。

世界ランカーのウインナー職人が手掛けるクリスマスBOX


//////

アンバーエールはこってり“もつ煮”とも相性抜群。



もつ煮と言えば、サンクトガーレンではお歳暮でビール粕を食べて育った臼井さんのモツ煮セットを販売中

ビールを作る際にはビール粕が出ます。麦芽の粕で、お茶をいれた後のお茶っぱとかを想像して頂くと分かりやすいですかね。

そのビール粕は厚木市内で最も大きな養豚場、臼井農産で豚のエサとして引き取ってもらっています。

ビール粕

ビール粕は繊維質とタンパク質に富み肉質を向上させます。  

さらにそのビール粕を食べた豚のフンは畑の肥料になります。

その肥料で育てられたお米と大豆で、味噌がつくられます。

 ↓

モツを煮込んでいるのはその自家製味噌です。

直営店は1日3時間しか営業しておらず、地元でも簡単には入手出来ない臼井さんのモツ煮。 ぜひビールと一緒にお試し下さい!

臼井さんのモツ煮と金賞ビールセット 詳細 

それでは皆様、素敵な肉の日を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

通常黒ビールが “ リンゴ → 大根 ” に対し、チョコビールは “ 甘酒 → トマト ”

クリスマスもまだだというのに、工場では早くもバレンタインシーズンのビール醸造がはじまりました。

チョコビールの代名詞とも言うべきビール「インペリアルチョコレートスタウト」です。

チョコレートと言っても、お菓子のチョコレートなどを使っている訳ではなく、ビール本来の材料のみでチョコレート風味を表現しているビールです。

サンクトガーレン内で1番材料と手間と時間のかかるビールは「麦のワイン」ですが、このビールもそれに匹敵するくらいの材料と手間と時間のかかるビールです。

1385518242570.jpg

▲左奥の黒い麦芽「チョコレートモルト」が、このビールの要。


通常のビールはダブルバッチ(2回連続仕込み)でビールタンク1本がいっぱいになります。
1回で2,340L × 2回 = 4,680L。

ところが、このビールは材料をたくさん使うだけではなく、麦汁も上澄みの濃い部分しか使わないため、4回仕込まないとビールタンク1本がいっぱいになりません。

なので、 2回連続仕込み×2日間 でタンクをいっぱいにします。
1回で1,170L × 4回 = 4,680L。 

今日はその2日目。

1385518243930.jpg

昨日はこのビールの醸造風景を撮影しに、はるばるドイツからTV局が!

ビール大国ドイツで日本のクラフトビールの盛り上がりを紹介したいそうです。

コーディネーターの方曰く「ドイツで日本のクラフトビールを調べると、サンクトガーレンばかり名前が出て来て、中でもこの“インペリアルチョコレートスタウト”が1番出てくる」のだそうです。

夏頃から取材のお話を頂いていましたが、どうしてもこのビールの仕込み風景を撮影したいとのことで、仕込み日に合わせての来日。

ドイツはもちろん、ドイツ語圏のオーストリアなどにも広く放映されるようです。

丁髷で仕込むべきだったか(笑)

1385518245226.jpg

こちら(上)の写真は麦汁の糖度を計測しているところ。

サンクトガーレンの定番黒ビール(ブラウンポーター)の麦汁の糖度は13。
甘い蜜入りのリンゴ程度の糖度です。

それに対しインペリアルチョコレートスタウトの麦汁の糖度は23。
乳酸菌飲料や甘酒と同じ糖度です。飲んだ感じは、ドロッと粘度もありお汁粉のようです。

この糖分をビール酵母が食べて、アルコールと炭酸(CO2)に分解します。
これが所謂“発酵”です。


ブラウンポーターは最初の糖度13(甘い蜜入りのリンゴくらい)
 ↓
発酵終了後は糖度3.5(大根くらい)
その差9.5。


インペリアルチョコレートスタウトは糖度23(乳酸菌飲料や甘酒くらい)
 ↓
発酵終了後には6にまで下がります(甘めのトマトくらい)
その差17。


この最初と最後の糖度の差が大きいほど、酵母がたくさん活動した
アルコールの高いビールということになります。
(ブラウンポーターのアルコールは5.5%、インペリアルチョコレートスタウトは9%)

※糖度の比較物(果実や野菜)はネット上のデータを参考にしたもので、その正確性は保証出来ません。

--------

ちなみにサンクトガーレンのホームページでは各ビールの麦汁の糖度が分かるデータが公開されています。
(こういったデータが公開されているのは珍しいと思います)

これはゴールデンエールの商品概要部分ですが、この初期比重の下の2桁を4で割った数字が、麦汁の糖度です。
つまりゴールデンエールの麦汁の糖度は44÷4で11ということになります。

3a09588d306d41e490d6a931178078ae

ちなみにIBUはビールの苦味を表す数値、SRMは色の濃さです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月25日 (月)

サンクトガーレンのお坊さんそっくりの猫がネットで発見される

サンクトガーレンのエンブレムと言えば、このお坊さん。

Photo_3

「サンクトガーレン」はスイスのサンクトガーレン修道院から頂いた名前です。

そこは、現存する記録で世界で1番最初に醸造免許を取得した場所。




その原点と志を受け継ぐべく、このお名前を頂きました。

だからエンブレムの中の人は正確にはお坊さんではなく、修道士。

今日、この修道士にそっくりな猫をネットで発見してしまったのです!


猫なのに…。



猫なのに…。



猫なのに…。



猫なのに…。



猫なのに…。



猫なのに…。




逆バージョンの猫も…。

5e9f045e


うちのビールのラベルに出演してくれないかなぁ(笑)

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

シアトルの【Hard Liver(肝臓) Festival】に誘われたので、丁重にお断りした話

今週末、池袋サンシャインシティで開催された「ニッポン全国物産展」に出店しました。

1385277655054.jpg

多くのお客様にご来場頂きました。本当にありがとうございます。

1385277664506.jpg

会場にはシアトルからインポーターのお2人も遊びに来てくれました。

1385277643441.jpg

右側の変顔をしている方が厚木のご出身で、6年前くらい前(なんと旧工場の時代から!)から熱心に輸出のお誘いを頂いています。

今回、初めて社長が前向きな返事をしたことでお2人は本当に嬉しそう。

シンガポールに続く第二の輸出先はシアトルとなりそうです。

今サンクトガーレンがちょうどバーレイワインを販売したことを知ると「シアトルには3月にバーレイワインのお祭りがある。ぜひバーレイワインを持って遊びに来てほしい」と。

なんでもそのお祭りは“ハードリバーフェスティバル”というそう。

ハードリバーフェスティバル???

Hard river Festival ????

と、思ったら当然“川”のわけはなく、

Hard Liver Festival

レバーですよ。レバー!肝臓!
(カタカナ読みだとレバーですが、英語読みだとリバー)

このビジュアル…。http://www.hardliver.com/

Photo_2

「朝からバーレイワインを飲みまくって、その辺の原っぱにたくさん人がバタバタと…」って

無理。

無理です。

肝臓は大切に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

【いよいよ今夜解禁】完全手作業 #麦のワイン2013 瓶詰め。シャンパンと同じ瓶内2次発酵製法

いよいよ今日、20日24時(21日0時)に麦のワイン2013解禁です!

サンクトガーレンのネットショップでは、ほぼ完売となっていますが、明日より取扱店の店頭にて販売が開始されます。
http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/el-diablo/shop.html

麦のワインはシャンパンと同じ瓶内2次発酵製法で仕上げているビールです。

1次発酵の終わったビールから古いビール酵母を取り除き、そこに新しく元気なビール酵母と麦汁(ビール酵母の発酵活動に必要な養分)を投入。

それを1本1本手詰めしています。瓶詰めに用いるのは、このシンプルなガラスの管。

1384918561635.jpg

瓶詰めは通常、炭酸ガスでビールに圧力をかけて行いますが、麦のワインは炭酸ガスを一切用いないナチュラルな方法で詰めています。

ビールタンクから直結したガラス管がボールペンのようになっていて、瓶底に押し当てることで瓶内にビールが流れ込みます。

瓶内の空気を押しだすために、ビールは瓶から溢れるまで入れます。

1384918564222.jpg

瓶からビールが溢れたところで即、栓を打ちこみます。もちろん打栓も人力。

1384918565479.jpg

麦のワインのボトルの外側には小さな傷が付いているものがあります。(むしろ無傷なもののほうが少ないと思います)

それは、栓を打ち込む際にできたものです。

打栓機がボトルを挟み込む部分は鋭利になっていて、栓を打つ際に傷ができてしまうことは避けられません。

この傷は1本1本手詰めした証です。何卒ご理解、ご了承ください。

1384918568166.jpg

打栓した後、瓶は丸ごと水につけ溢れたビールを洗い流します。

瓶詰めしたビールは瓶の中の酵母が活動しやすい温度(13度前後)で2週間程度保ちます。

このときの発酵活動によって生まれた炭酸ガスをビールに溶け込ませて完成です。

1384918566734.jpg

瓶の中には元気なビール酵母と、その酵母のご飯を入れてあるので、瓶を開ける瞬間までビールは弱い発酵を続けています。

本当の意味で“生きている”ビールです。

長期熟成には以下の4点が重要です。
●冷蔵庫で極力立てて保管
●温度変化を与えない
●振動をなるべく与えない
●光を(日光も、電気も)当てない

入手出来た方は、ぜひ美味しく熟成出来るようチャレンジしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

力士さんからのお届け物

今日、会社に春日野部屋さんから郵便物が。

中には番付表が入っていました。

1012896_653065334745970_485710207_n

力士さんでうちのビールを好いて下さっている方がいて、送って下さったものでした。


夏のオモハラ・ビアフォレストにも、




けやき広場秋のビール祭りにも遊びに来て下さっていて、スタッフにはすっかりお馴染み。

1268653_303246573151525_684158914_o

特に湘南ゴールドがお好きなんだとか。

サンクトガーレン一同で応援しています。頑張れ、栃丸さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月11日 (月)

あつぎ国際大道芸に参加しました

11月9日、10日あつぎ国際大道芸2013に参加してきました。

1384229797091.jpg

大道芸のお祭りは野毛や三軒茶屋でも行われていますが、厚木のものは街中が会場となっていて、街中のあちこちで大道芸人さんに触れあうことが出来るのが特徴。

1384229798542.jpg

サンクトガーレンは8種類のビールを販売しました。

1384229800095.jpg

今回初めてホットビールを販売したのですが、寒かったのもあり、これが大好評でした。

1384229801635.jpg

会場では私たちも色んな芸を見ることが出来て楽しかったです。

1384229802757.jpg

子供が泣いていた…。3m近くある羊。

1384229804191.jpg

なぜか頭の上にヤカンが乗っていて、たまに湯気を出したりする鳥。

1384229807058.jpg

個人的に1番凄いと思ったのは、フランスからのゲストパフォーマー ジュロさんの芸。

1384229805728.jpg

命綱もなく、下にマットもなく、高さ11.5mのポールの上で繰り広げられる芸はスリル満点でした。



フィナーレでパフォーマーさん大集合の図。華やか!

1384229809926.jpg

2日間楽しませて下さったパフォーマーの皆様、ありがとうございました。

そして、ご来場下さった皆様ありがとうございました。
うちのビール目当で八王子からお越し下さったという方がいて、本当に嬉しかったです。
寒い中、本当にありがとうございました!

1384229811154.jpg


<おまけ>

イベント中、突然ダースベイダーに話しかけられてびっくりしていた社長。
なんと中の人は社長の同級生(厚木市役所の方)でした。お疲れ様です。

1384229808505.jpg

関連情報
厚木市内でサンクトガーレンが買える場所・飲める場所

サンクトガーレンのイベントカレンダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 8日 (金)

本当に美味しいホットビールの作り方

先日、NHKラジオでホットビールについての取材を受けました。

「家で簡単に出来るホットビールの作り方を教えて下さい」という内容で、その際に紹介したレシピをご紹介します。


■用意するもの

アップルシナモンエール 1本(実際にホットビールに使うのは200ccくらい)
りんご 8分の1個
シナモン 2分の1本(手で折っておく)
クローブ 2~3個
角砂糖 1個(マグカップ1杯のビールに1個が目安ですが、お好みで調整を。蜂蜜などでも)

1383833420100.jpg


■作り方

りんご8分の1は薄くスライスします。
(もっと細かく刻んでも可。逆にリンゴが大き過ぎると香りや甘味が出ません)

1383833422827.jpg

小鍋に材料を全て入れ、

1383833424028.jpg

ビールをマグカップ1杯分くらい注ぎます(約200cc)。

1383833425185.jpg

弱火で少しかき混ぜながら温めます。ビールは最初泡立っていますが、

1383833426592.jpg

だんだん、泡がなくなってきます。

1383833427861.jpg

鍋の周りが少しふつふつしてきたら完成です。

1383833429354.jpg

グラスに注ぎます。

シナモン、クローブはビールに入れたままにすると香りが強くなり過ぎるのと、飲むときにちょっと邪魔なので、グラスに注ぐときに除いたほうが良いかもしれません。

1383833430484.jpg

リンゴはとても美味しいデザートになっているので、ぜひ一緒に召し上がって下さい。
作った後の部屋にもアップルパイを焼いた後のような幸せな香りが充満して、1度に3度楽しめる飲み物です。

1383833431608.jpg

このホットビールを今週末(11月9日、10日)のあつぎ国際大道芸で販売します。

寒い週末となりそうですので、ぜひこのホットビールで温まって下さい。
甘くて、温かくて、ポカポカしますよ。

お近くの方はぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

ビールでご飯を炊いてみた。その味は…

先日、あるサイトで見かけた「ビールの炊き込みご飯」を作ってみました。

大さじ1杯のビールを隠し味に入れるとか、そんなレベルじゃないです。

水は一切使わず、ビールのみで炊き上げるご飯です。

なんかもう嫌な予感しかしないんですけど、失敗してもブログのネタになるか…という感じで週末に作ってみました。

----

■用意するもの(これで4人前くらい。初めてだったのでレシピを忠実に再現しました)

お米 2カップ/ビール180g/黒ビール180g

鶏モモ肉100g/枝豆 60g/ほんだし 4g/塩4g

----

■作り方

お米2カップはといで、ざるにあげておきます。

1383577721369.jpg

枝豆はむいた状態で60g。

1383577732715.jpg

鶏もも肉は1口大に切ります。下味は不要。

1383577741392.jpg

今回ビールはサンクトガーレンのゴールデンエールブラウンポーター(黒ビール)を使いました。

レシピによると“ビールは何でも良いけれど2種類を使うことがポイント”とのこと。

大手ビールに比べると、ゴールデンエールはホップの香りが、ブラウンポーターはコーヒーのような焦げ香が強いので、それがご飯に悪影響を与えないかと少し不安…。

いくらビール屋さんでも、ホップの香り漂うご飯は…勘弁かな…。

1383577758145.jpg

ビール180g(つまり180cc)を計量カップ…ではなく、ビーカーではかります。
有名なマーロウのプリンのやつです(笑)

泡が立たないようにそーっと注ぎます。

1383577766182.jpg

こんな感じ。黒ビールでも同じことを繰り返します。

1383577773274.jpg

サンクトガーレンの小瓶は1本330mlなので、160cc余ります。
それは仕方が無いので(?)飲んじゃいます。ぷはーっと。

全ての材料を並べてみると、こんな感じ。
どう見ても、奥の泡立った2種類の液体に違和感。

1383577781161.jpg

ご飯、鶏肉、枝豆、ほんだし、お塩を炊飯器に入れます。

1383577789782.jpg

そこにビールを注ぎます。もう後には引けません。

1383577798945.jpg

黒ビールも注ぎます。

炊飯器の中で泡立つビール。

美味しそうなものが出来る予感がこれっぽっちもありません…。

1383577807485.jpg

全体を軽く混ぜて、炊飯器のスイッチオン。

1383577815574.jpg

「念のため、サトウのごはんも用意したし大丈夫」と自分に言い聞かせて炊きあがりを待ちます。

炊いている最中の湯気からは意外にも(?)良い香りが。

醤油は1滴も入れていないのに、焦がした醤油のような香ばしい香りがします。

ビールを造っているときのような香りがするかと予想していたのですが、そんな香りは全くしません。

「これは、もしかしていけるんじゃないの?」

全く期待していなかったビールご飯に、少しだけ期待が膨らみます。

そして、炊きあがり。

恐る恐る蓋を開けてみると、おっ!?美味しそう。

1383577824634.jpg

お茶碗に盛っていただきます!

これが!意外、、、美味しい!

醤油を1滴も使っていないのに、醤油を使った混ぜご飯のような味わい。

その奥にすこーしだけビールの苦味があって、それが味に奥行きを与えています。

さらに、ご飯の1粒1粒が炒めた炒飯のようにパラパラ。(ビールの炭酸の効果?)

ビールを使っていると言われなければ、ビールで炊いたご飯とは気が付かないと思います。

1383579187213.jpg

嬉しいことに冷めても美味しいので、お弁当などにもお薦めです。

ご興味のある方はぜひお試しを。


※少し味が濃く感じたので、普段から薄味の食事の方は食塩やほんだしの量を少し減らしたほうが良いと思います。

※炊飯器に火力を選べるモードがある方は通常モードが良いと思います。
お焦げが好きで“強火モード”にしている方は気を付けて下さい。ビールは水より焦げやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

デザインフェスタvol.38に出店しています #デザインフェスタ出展 【11月3日まで】

サンクトガーレンは11月2日(土)3日(日)ビッグサイトで開催中の「デザインフェスタ」に参加しています。

1383408483876.jpg

デザインフェスタは大人の文化祭のようなイベント。

壁一面に絵を描いている人がいたり、

1383408492677.jpg

アクセサリーや革小物、絵葉書、洋服、ろうそく、食器…などなど手作り小物を販売している人がいたり、

1383408497823.jpg

ライブをやっている人がいたり、ダンスをしている人がいたり、アジア最大規模のアートイベントです。

1383408504078.jpg

サンクトガーレンは8種類の樽生ビールをL600円/M500円で販売しています

今日1日目の1番人気はヴァイツェンです。

通常ビールは大麦麦芽から造りますが、このビールは原料の半分に小麦麦芽を使用。苦味は殆ど無く、フルーティーでまろやか。無濾過の白濁りビールです。来年の秋まで醸造予定のない、今季最後の在庫です。

1383408509984.jpg

そして2番人気はランドルを通して提供するアップルシナモンエールでした。

アップルシナモンエールはもともと焼きリンゴとシナモンを使ったフレーバービールですが、
ランドルという特殊なフィルター装置を使って、提供直前にさらに焼きリンゴとシナモンのフィルターを通して提供しています。

初日は申し訳ないことに途中完売となってしまいましたが、2日目は途中完売の無いよう多めに持って行きます。

1383408522373.jpg

ビールと相性の良いおつまみも販売しています。ぜひ一緒にどうぞ。

 厚木ホルモン 400円
 厚切ベーコン 300円
 フランクフルト 150円
   ―以上、お肉3点盛り 800円

 アボガドディップ(コーンチップ添え) 300円 
   ―お肉3点盛り ∔ アボガドディップ 4点盛り 1,000円

 ムール貝 ガーリックバター蒸し 400円
   ―以上5点全部盛り 1,300円

1383408515045.jpg

出展者の皆様にもたくさん飲んで頂きました。

1383408528406.jpg

ありがとうございます!

1383408535945.jpg

海外のお客様も多く、SUPER IPA(超インディアペールエール)が人気でした。

1383408543867.jpg

3日(日)19時までの開催です。

他、11月3日サンクトガーレンは以下イベントでも楽しむことができます。ぜひ、どこかで!

11/2~3 匠の市@北鎌倉

11/2~3 バーベキューフェア「肉祭り」@飯山グランド 

11/2~4 全国ふるさとフェア@横浜赤レンガ倉庫

関連情報 ▶サンクトガーレンのイベントカレンダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »