« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »

2013年5月26日 - 2013年6月1日

2013年5月29日 (水)

カメラをかざすだけでビールの色名を一瞬で知ることが出来るアプリ「色彩ヘルパー」

「色彩ヘルパー」というアプリが面白いのでご紹介します。 色彩ヘルパー

iPhoneをかざすだけで、カメラに映った物の色がリアルタイムでわかるアプリです。

iPhone スクリーンショット 2


慣用色名、系統色名、略記号、RGB数値、CMYK数値、HVC数値が一瞬にして表示されます。

このアプリを使えばビールの色を知ることも出来ます。

例えば、ゴールデンエール

1369802648598.jpg

光の加減によるのですが、淡い部分は「芥子色(からしいろ)」。

1369802654878.jpg

濃い部分は「金茶(きんちゃ)」という色のようです。

1369802659224.jpg

そして、ブラウンポーター

1369802664342.jpg

この黒は「鉄黒(てつくろ)」と言うらしいです。へぇ。

1369802668419.jpg

泡の部分は「コルク色」。

1369802672821.jpg

そしてサンクトガーレンには唯一、色の名前が入ったビールがあります。

それはアンバーエール(Amber Ale)




Amberは宝石の一種コハク(琥珀)のこと。

アンバー色はこんなイメージですね。▶ Pinterest:Amber

Qamber_2

さて、アンバーエールの色を見てみましょう。

褐色・・・。あれ?

1369802676611.jpg


栗色・・・。あら?

1369802680609.jpg

セピア・・・。あれれ?

1369802684765.jpg

弁柄色・・・。ちょっと∑(゚∇゚|||)

1369802689992.jpg

アンバーエール、アンバー色じゃないじゃん!!!!!

ちなみにアンバー(Amber)はこんな色。

1369802695015.jpg

と、こんな感じで楽しめます。

2013年5月29日現在、無料ダウンロード可能ですので興味のある方はお試しを。

//////

<補足>

ビールの色を正式にはかる場合はSRMを用います。

SRMとはStandard Reference Methodの略で、ビールの色度数の単位のひとつ。

日本の大手ビールのSRMはだいたい3~4。図でいうと上段の右から3~4番目。

ちなみにサンクトガーレンのビールだと、1番薄いのがゴールデンエールの3.5。

逆に1番濃いのがインペリアルチョコレートスタウトの86.4です。

Manycoloursofbeer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

【6月3日まで】立川・昭和記念公園のまんパクに販売応援に行った結果… #まんパク

サンクトガーレンはただ今、立川・昭和記念公園で行われている「まんぱく」に出店中。

昭和記念公園の緑いっぱいの空間でピクニック気分で美味しいフード、ビールを愉しむことが出来ます。

場内にはテーブル、椅子が沢山あり、土日もお昼のピーク時を避ければ座れます。

1369710613044.jpg

まんパクでは毎日の売上からお店の人気ランキングが掲出されます。
ブースの頭の数字は前日の順位。

サンクトガーレンは期間中3位が最高、その後は4位に定着してしまった感がありました。

1369710628671.jpg

そんな中、販売していた7種類のビールのうち、YOKOHAMA XPA、ペールエールの予定量が完売。

そのため急遽、ホップフィルターのランドルを投入。
アンバーエールをシトラホップのフィルターを通して「まんパクエール」として販売しています。

注ぐ直前にぎっしりホップの入ったフィルターを通しているので、かなり強力なホップの香りが楽しめます。
ここまでホッピーなアンバーエールはなかなか飲む機会は無いと思いますので、行かれた方はぜひ!

1369710621338.jpg

そして25日の土曜日には順位を1個でも上げるべく、意気揚々と私も販売応援に行ってきました。

会場はフードもラーメンやカレーやご当地ものや、スイーツや盛りだくさん!

ビール販売もしますが、美味しいものも楽しむヽ(´▽`)/!
食べたものをリポートしていきます。

▼ワールドフード部門で1位!長城菜館の焼小籠包。
普通のお店で食べる小籠包より一回り大きめ。4個で500円はコスパ高いと思います。

1369710606709.jpg

▼茨城県のメロンカレー。見た目も香りも味もメロン。でもスパイシー!
見た目と味のギャップに舌が少しパニックを起こします(笑)。

レギュラーサイズ600円。ハーフサイズ300円。
興味のある方はハーフサイズでどうぞ。

丸ごとメロンクリームソーダ長蛇の列が出来ているお店ですが、
カレーはその横のレジですぐに買えますので、行列に並ばないよう注意(笑)

1369710637471.jpg

▼博多の豚骨ラーメン。ラーメンは、容器こそ使い捨てのものが使われていますが、
味も内容もお店で販売しているのとほぼ変わらないと思います。

そのため、価格もお店で食べるのと変わりません。でも、美味しいです。

1369710644545.jpg

▼うちのブースのお隣のジンギスカン丼。1度鉄板で焼いてから、炭火で炙っています。
甘辛いタレがご飯とよく絡んで美味しいです。

1369710705427.jpg

▼地元立川の郷土調味料(と言うのでしょうか?)“もとだれ”を使った“もとだれ団子”。
みたらし団子よりもあっさりで、ぺロリといけます。
“もとだれ”について

1369710595306.jpg

▼いちごけずり。底にオリジナル苺ソース、凍らせたイチゴを削ったもの、上に練乳のムース。
当然ながら普通のカキ氷よりもイチゴ感が凝縮されています。

1369710651261.jpg

そうして、いっぱいビールを販売して、フードも楽しんだ結果・・・。

結果・・・。

翌日のランキング・・・。

サ、サンクトガーレンの名前が見当たらない…。

け、圏外になっていますし・・・∑(゚∇゚|||)
 
も、、申し訳ない・・・ m(_ _)m

追伸:翌日のスタッフの頑張りにより順位は回復したことを付け加えておきます。

何はともあれ本当に楽しくて美味しいイベントですので、皆さんお腹をすかせて遊びに来て下さい!

また、今後のサンクトガーレンも飲めるビールイベントのスケジュールはこちらで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

ビール純粋令レプリカで撮影協力しました 【改めて、 ビール純粋令 とは何ぞや?】

先日、東海テレビの「モノローグ」という番組の撮影に協力しました。

ドイツビール好きの方なら1度は聞いたことあるかもしれませんが「ビール純粋令」ってご存知ですか?

1516年4月23日にドイツのバイエルンで公布された“ビールは『大麦』と『ホップ』と『水』の3つの原料以外を使用してはならない”という、法律です。

当時これが公布された目的は2つあると言われます。

■1つは偽物や不純な添加物の入った粗悪なビールの取り締まり

革のパンツをはいた検査員がビールを塗った椅子に座り、数時間後椅子が持ちあがらなければ不合格という基準があったとか…。
(粗悪なビールは薄いため、乾いてもベタベタせず椅子が貼り付かないとされたようです)


■2つ目は、不足気味だった小麦(パンの原料)をビールに使わせないため

ドイツビールと言えば、小麦麦芽を使ったヴァイツェンが有名ですが、当時、小麦を使ったビールの醸造権利は特権階級のみに与えられていました。
ヴァイツェンが“貴族のビール”と呼ばれるのはこのためです。

//////

そして、サンクトガーレンにはそのビール純粋令のレプリカがあります。

1369666010433.jpg

うちのビールはアメリカスタイルなのに、なぜこれが(笑)。

6月3日放送のモノローグは「ビール」について深く掘り下げる回のようで、この純粋令レプリカの撮影にいらっしゃいました。
放送は19時からです。ビールの歴史に興味のある方は見てみて下さい。
(サンクトガーレンが映っている訳ではありません)

6月3日放映のモノローグ

//////

ちなみに、サンクトガーレンでは瓶詰め機でも撮影協力をしたことがあります。

このビールの瓶詰め機のベルトコンベアがヒントになって日本の外食シーンには欠かせないあるものが開発されました。

何だかご存知ですか?

1369666021615.jpg

正解は回転寿司です!

その辺の詳細はこちらのページに出ています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »