« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »

2013年1月27日 - 2013年2月2日

2013年2月 1日 (金)

【 実話 】 お父様にチョコレートグラスを贈られた、とある方のお話

突然ですが、新しく買った食器や洋服。


そのまま使う派ですか?1度洗ってから使う派ですか?


私は1度洗ってから使う派です。


食器や洋服に付いている説明書、きちんと読む派ですか?


私はほとんど読みません。


そんな方は要注意のお話です。


*****


今日、チョコビールを注いで、飲んで、最後にバリバリ食べられるチョコレートグラスを販売開始しました。

ネット販売分の250セットはあっという間に完売。ありがとうございます。

028


一昨年、お父様にこのチョコグラスを贈られた方のお話。


お父様は、そのチョコグラスを陶器で出来たグラスと勘違い。

1度食洗機で洗ってから使おう、と思われたようなのです。


手で握ってビールを飲むくらいでは溶けないチョコグラスですが、さすがに食洗機で洗うと…。


もうお分かりですね。


数十分後、洗浄機の中には何も残っていません。

あるはずのグラスが見当たりません。


びっくりして説明書を見ると、
そこには「このグラスはチョコレートで出来ています」の文字が…。


これ、実話なのです。


*****


新しく買った食器や洋服。

そのまま使う派ですか?1度洗ってから使う派ですか?


食器や洋服についている説明書、きちんと読む派ですか?


これを読んで心配になった方は、チョコグラスをプレゼントするお相手に事前連絡(もしくは当日連絡)を…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

チョコビールを注いで、飲んで、食べられる!チョコレート製ビアグラス、制作風景

2月より販売するチョコレート製ビアグラスは、サンクトガーレンが拠点を置く厚木市のお隣、海老名市にあるタダシ・ヤナギのアトリエで作って頂いています。

溶かしたチョコレートをグラスの型に刷毛で1個1個塗っていきます。

002

気泡が入らないよう、丁寧に作業します。

044

塗った後はこんな感じ。まだグラスというには全然厚みがありません。

077

ここにチョコレートをダバーっと流し込みます。

099

型に並々と流し込んだ後・・・。

105

これを逆さまにして落します。

139

それを温度・湿度ともに厳しく管理された環境の中で一夜乾燥させます。

175

そこに、再びチョコレートをダバー。

090

逆さまにして乾燥させる。

180

これを複数回繰り返すことでグラスの厚みと強度を出していきます。

出来あがったのはこんな感じ。かなり厚みがしっかりしています。

185

型から抜くのは緊張の一瞬…、かと思いきや、ここは割と簡単にスポッと抜けるそうです。

188

つやっつやっ!

216

ここに別で作成してある底の部分を取りつけます。

007

底の部分を少し熱で溶かし、接着。

236

グラスとして利用するため、ちゃんと水平になっているかどうかもチェックします。

242

飾りに金粉を振りかけて、完成です。
見た目はシンプルですが、とても手間暇のかかった作品なのです。

270

制作風景の写真一覧がこちらで見られます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ネット販売は2月1日お昼12時から】 チョコレート製ビアグラス、よくある質問 「手で握って溶けないんですか?」

チョコビールを注いで、飲んで、しかも最後に食べられる!

3

チョコレート製ビアグラスを今年も2月1日より数量限定で販売します。
販売方法・場所の詳細はこちらでご確認下さい

2_2

よく頂くご質問が「手で握って溶けないの?」というもの。

確かに、普段コンビニやスーパーで売っているチョコレートは少し手で握っただけで簡単にとけますね。それは、カカオ分の少なく脂の多い【チョコ】だからです。

このグラスに使用しているカカオ分の高い【チョコ】は、手で握ったくらいではとけません。

002

また、チョコレートは温度・湿度推移によって、それぞれの結晶の型の割合・率が変化し、それが商品食感や融点(融ける温度)を左右します。
 
ある段階では○○度、次に□□度、その次に△△度と、いくつかの時点で変化させることになり、各段階の温度の組み合わせの数は非常に多くなります。今回は、融点を高くするようにテンパリングの温度を設定して作っています。
 
商品に関わる重要なノウハウなので、具体的な温度・湿度は公表できませんが作っているときはもちろん、成形後に乾燥させるとき、完成後の保存の際も、細心の注意をはらって温度・湿度を一定に保っています。だから、簡単には溶けません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »