« 今日は川もビールも緑に染まるセント・パトリックデー | トップページ | スノーモンキービアライブ2014に参加してきました »

2014年3月17日 (月)

ギネスビールが日本で“発泡酒”になるかもしれなかった話

今日3月17日はアイルランド最大の国民行事「セントパトリックデー」

1e353e41cebd443d9bcc734dc80b61b3_2
ギネスビールfacebookページより

アイルランドはギネスビール発祥の地。

1759年に誕生以来、今や150か国以上で楽しまれている、恐らく世界で1番有名な黒ビール。

そんなギネスビールが日本では“発泡酒”扱いになるかもしれなかったことをご存知ですか?

ギネスビールは1778年にアーサー・ギネスの考案によって誕生しました。

その頃、ロンドン生まれのポーターがアイルランドでも人気を博していました。

ところが、石炭税が高かったアイルランドでは、ロースト麦芽を大量に使うポーターは税金がとても高くなってしまうため、
麦を麦芽化せず乾燥した「ローストバーレイ」を使った新しいポーターを考案しました。

これが徐々に人気を博し、ポーターとは区別して「スタウト」として1つの新しいスタイルとして確立しました。

English_2

実はこの麦芽化していない“麦”が、もともと日本の酒税法ではビールの原料には認められていませんでした。

日本でギネスビールの輸入販売がはじまったのは1960年代。

当時の日本の担当者の手違い(勘違い?)により、本来「発泡酒」として販売しなければならないギネスビールを「ビール」として販売許可。

その後、その間違いに気がつき2003年に“麦”がビールの原料に加えられたと言われています。

-----

日本でのビールの定義

[1] 原料(水・ホップを除く)における麦芽の使用率が2/3以上
[2] ビールで使用可能な原料(※)を発酵させたもの
[3] 酒類(アルコール分20%未満)
[4] 発泡性

※ビールで使用可能な原料
麦芽・ホップ・水・麦(2003年より原料として認められる)・米・とうもろこし・こうりゃん・ばれいしょ・でんぷん・糖類・カラメル

→ [1]麦芽率を低くして、酒税を抑えたものがいわゆる“節税型発泡酒”です

→ [2]サンクトガーレンの果物を使ったフルーツビールや、さくらビールが“発泡酒”表記になるのはこの指定材料以外の原料を使っているためです。
麦芽率は高いため、支払っている税金はビールと変わらず“節税型発泡酒”とは一線を画します。
海外に輸出する際には普通にビール扱いとなります。

ギネスビールがもし“発泡酒”扱いになっていたとしたら、今より安く楽しめるのでは?と思う方がいつかもしれませんが、それはありません。
ギネスビールがもし日本で“発泡酒”扱いになっていたとしても、それは表記上だけです。
ギネスビールの麦芽率は高いため、通常のビールと酒税は変わりません。つまりもし“発泡酒”扱いになっていても、今より価格は安くなることは考えられません。

------

今日、セントパトリックデーを祝ってギネスビールが割引で楽しめるお店が多くあります。

サンクトガーレンのYOKOHAMA XPAリアルエール)常設店の渋谷オールゲイトでは、ギネスビール200円引きです。

1e353e41cebd443d9bcc734dc80b61b3

|

« 今日は川もビールも緑に染まるセント・パトリックデー | トップページ | スノーモンキービアライブ2014に参加してきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギネスビールが日本で“発泡酒”になるかもしれなかった話:

« 今日は川もビールも緑に染まるセント・パトリックデー | トップページ | スノーモンキービアライブ2014に参加してきました »