« 湘南ゴールドの選果風景(サイズの計測) | トップページ | 個人的にツボだったビール会社のエイプリルフールネタ3選 »

2014年4月 2日 (水)

BBQメニュー「ビア缶チキン」を家のオーブンで作ってみた

今週末がお花見予定の方、多いのではないでしょうか。

1人1品の持ち寄りメニューに悩んでいる方も多いのでは?

そんな方にお薦めの(?)一品をご紹介します。

//////

アメリカのバーベキューでお馴染の「ビア缶チキン」をご存知ですか?
丸鶏にビール缶を差し込んで焼き上げる料理。見た目のインパクトが抜群です。

それを家のオーブンで(無理矢理)作ってみました。
バーベキュー用の作り方を適当に家用にアレンジしてトライ。
ちなみに家のオーブンは特別に大きい訳ではなく、普通の家庭用のよくあるサイズです。

まず鶏を1匹用意します。家でやるなら1Kgぐらいのが良いと思います。
1匹1000円くらいです。

Photo1

フォークで表面にブスブス穴を開けます。

Photo2

塩、こしょう、にんにくをすり下ろしたものを全体によくすり込みます。
ハーブなんかが手元にあったら一緒になじませても(写真はローズマリー)

このまま冷蔵庫で数時間なじませます。

Photo3

お好きな缶ビール(発泡酒でも大丈夫なはず)の上側を缶切りで開け、中身を半分くらいにまで減らしておきます。

Photo4

ビール缶を立てたまま鶏をお尻側からねじ込みます。

Photo7

シュッと鳩胸な感じ。

Photo6

鶏の中にはビール缶。

Photo9

バーベキューの場合はこのまま網などの上でじっくり焼き初めれば良いのですが、家庭用のオーブンはこの高さでは入りません。

そのため、もっともっと鶏を押し込みます。

Photo5

その結果…。シュッとしていた鶏が、ドデンとした感じに。

Photo8

オーブンの天板にアルミホイルを敷き(鶏の脂が落ちるため必須)、その中央に鶏を鎮座。
周りに一緒に焼くと美味しそうな野菜を並べてみました。

ビール缶を安定させるための専用のスタンドも売られているようですが、私が作った際には何も使わずとも安定して立っていました。

Unnamed

オーブン200度で2時間くらい(様子を見て焼時間は調整)。

Photo10

おぉぉぉぉ!!!!



ちなみに野菜はこの温度と時間だと焼き過ぎになってしまった…(今回唯一の失敗)

Photo11

解体。

Photo12

鶏を押しこみ過ぎたのか、中の缶がつぶれている(笑)
ちなみに缶の中には鶏の脂がたまっていました。

Photo13

外側はパリパリ。
ビールで蒸すような感じになるためか、中はしっとり。
ほんのりビールの風味もします。

切り分けてサラダやサンドイッチにしても美味しそう。

Photo14

分量も作り方もアバウトにやった割にはとても美味しく出来ました。

お花見の持ち寄りメニューで悩んでいる方は
家で焼いて、丸のまま持って行けばインパクトも大きく盛り上がりそうです。
(簡単な割に凝った料理に見えますしね。笑)

バーベキューシーズンにはぜひ外で挑戦してみたいですね。
(本来は外で作るバーベキュー料理です)
▶きちんとした作り方は こちら や こちら などを参考に

//////

お花見ビールには、本物の桜の花を使ったビール「さくら」をどうぞ。
平日午前中のご注文は即日出荷対応。まだ週末のお花見用に間に合います。

Sakura_beer

皆でワイワイ楽しむなら、一升瓶ビールも盛り上がると思います。

関連情報
ビールを使った料理でしたらこちらも:ビールでご飯を炊いてみた 

|

« 湘南ゴールドの選果風景(サイズの計測) | トップページ | 個人的にツボだったビール会社のエイプリルフールネタ3選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/55616458

この記事へのトラックバック一覧です: BBQメニュー「ビア缶チキン」を家のオーブンで作ってみた:

« 湘南ゴールドの選果風景(サイズの計測) | トップページ | 個人的にツボだったビール会社のエイプリルフールネタ3選 »