« 神田万世橋ビアアーチに行ってきた【その1】。会場近くのコンビニでは孤独のグルメに登場の「万カツサンド」とサンクトガーレンが! | トップページ | ビール税率統一化は地ビール・輸入ビールにとって逆風ではなく、追い風ですよ! @IRORIO_JP さん »

2015年8月17日 (月)

神田万世橋ビアアーチに行ってきた【その2】。神田川沿いテラスでゆったり、サウスコリドーでワイワイ、電車目前の2013プラットホーム…さぁどこで飲む?

最寄駅を間違えて予定以上に歩きましたが、無事にマーチエキュート神田万世橋に到着。

洞窟のような入口を抜けるとアーチ状に広がる空間が。



お店とお店はトンネルのようにつながっており、壁やドアはありません。



進んでいくと、ずらーっとクラフトビールが並んだ冷蔵庫が。その数約70種。
通常クラフトビールはメーカーごとに並べられていることが多いのですが、こちらはスタイルごとに並んでおります。
サンクトガーレンのYOKOHAMA XPAはIPAの棚に。湘南ゴールドパイナップルエールはフルーツビールの棚に、という感じ。



レジでお会計をしたら、そのままビールを持ち帰ることも出来ますし、その場で自分で栓を開けて飲むことも出来ます。
東京駅構内で約100種のクラフト瓶ビールを販売するルコリエマルノウチが運営していますので、希望小売価格でそれぞれのビールが購入可能。

ビールを楽しめるスペースは大きく分けて3つ。

1つめは神田川沿いのオープンテラス。
涼しい夜風に吹かれながらビールを楽しむことが出来ます。



2つ目はサウスコリドー。
こちらには特設席が用意され、大勢でワイワイビールを楽しむことが出来ます。

Unnamed_11

日替わりでキッチンカーの出店があるのもこちらのスペース。

Unnamed_12

さらに、神田万世橋ビアアーチ内の飲食店からテイクアウトメニューも用意されています。

Unnamed_13

Unnamed_14

3つ目のスペースは、階段を上った2階にあります。

Unnamed_16

2階に行く階段は2つあって1つは1935階段、もう1つは1912階段といいます。

それぞれ1935段の階段、もう1つは1912段の階段…という訳ではなく、それぞれ1935年と1912年につくられた歴史あるもの。

上った先にあるのは展望デッキ。
手で触れそうな距離で電車を眺めることが出来る席です。

こちらは「2013プラットホーム」と言って、2013年の施設。

1912年の階段から2013年の施設へと、101年のタイムトリップです。

ぜひ思い思いの場所でクラフトビールを楽しんでください。

開催は8月30日(日)までです。
【7/21-8/30】マーチエキュート神田万世橋「ビアアーチ」にサンクトガーレン含むクラフト瓶ビール70種勢揃い

Unnamed_17

また、会場から道路を渡った先にある万世ビルの1階にあるスリーエフではサンクトガーレンの各種ボトルビールや、孤独のグルメでお馴染みの「万カツサンド」が購入できます。お土産に(?)いかがでしょう。

|

« 神田万世橋ビアアーチに行ってきた【その1】。会場近くのコンビニでは孤独のグルメに登場の「万カツサンド」とサンクトガーレンが! | トップページ | ビール税率統一化は地ビール・輸入ビールにとって逆風ではなく、追い風ですよ! @IRORIO_JP さん »

ビールのイベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/61199862

この記事へのトラックバック一覧です: 神田万世橋ビアアーチに行ってきた【その2】。神田川沿いテラスでゆったり、サウスコリドーでワイワイ、電車目前の2013プラットホーム…さぁどこで飲む?:

« 神田万世橋ビアアーチに行ってきた【その1】。会場近くのコンビニでは孤独のグルメに登場の「万カツサンド」とサンクトガーレンが! | トップページ | ビール税率統一化は地ビール・輸入ビールにとって逆風ではなく、追い風ですよ! @IRORIO_JP さん »