« 明治時代の衝撃のビールの飲み方とおつまみ(TV東京「時代変われば!~昔のニッポンは衝撃の習慣だらけ~ 」より) | トップページ | 【感謝】麦のワイン2015解禁!麦のワインがボジョレー同時解禁になった理由 »

2015年11月10日 (火)

なぜ同じ8月に摘んだホップを使ったビールの発売が1か月以上もずれるのか?

今、サッポロビールとキリンビールから2015年に摘んだホップを使ったビールがそれぞれ発売中です。

20150913194912

サッポロビールからは10月20日より、今年8月に北海道富良野の摘みたて生ホップを使用した「サッポロクラシック」を限定発売中。

基本は北海道限定販売ですが、ネットショップや、東京駅八重洲口にある北海道フーディストや、有楽町どさんこプラザなどでも購入出来ます。

Furano_img001b

キリンビールからは岩手県遠野市で今年の夏に収穫したホップを使用した1番搾りが10月27日より数量限定で発売中。

Bbb091107cc541c8bc183f80b0c1d9a3

サンクトガーレンも同じように8月に山梨県北杜市で摘んだ生ホップを使った「YOKOHAMA XPA」を数量限定で発売していました。
なぜ過去形かと言うと、サンクトガーレンの2015年の生ホップ使用ビールの発売は9月2日で、今年の分はすでに完売となっています。

Xpa

一方は絶賛発売中で、一方はすでに完売。

なぜ同じ8月に摘んだホップを使ったビールの発売が1か月以上もずれるのでしょうか?

実はこれこそが、ラガービールとエールビールの違い

世界に数百種類あるビールのスタイルは、大きくラガーとエールに分かれます。

Photo

サッポロやキリンといった大手ビールの主力商品はラガービールなのに対し、サンクトガーレンは創業以来エールビール一貫主義。

下面発酵でつくる「ラガービール」は低温でゆっくり発酵させます。
1週間程度の主発酵を経て、1~2か月程度のコンディション(二次熟成、熟成)を経て完成します。

一方、上面発酵でつくる「エールビール」は高温で一気に発酵させます。
3~5日程度の主発酵を経て、1~2週間程度のコンディション(二次発酵、熟成という場合も)を経て完成します。
4e9278de9d994c23af14a71f7d1ade0e

つまりラガータイプのビールは、8月初旬に収穫したホップをすぐに仕込みに使用しても完成は10月になります。

一方のエールタイプのビールの場合、8月初旬に収穫したホップをすぐ仕込みに使用すると8月下旬にはビールが完成します。

これが同じ8月に収穫したホップを使っているのに発売に大きく差が出る理由です。

19689863983_b60e57920b_z

肝心のラガーとエールの味わいの違いですが、1番分かり易いのは“香り”です。

ビール酵母は高温で発酵させると果実のような香りの成分“エステル”を生成するため、一般的にエールのほうがフルーティーな香りに満ちたビールとなります。

逆にラガービールはすっきりとシンプルな味わいのビールに。

どちらが良い悪いではなく、そのときの気分やシーンによってチョイス出来るようになると素敵だなぁと思っています。

|

« 明治時代の衝撃のビールの飲み方とおつまみ(TV東京「時代変われば!~昔のニッポンは衝撃の習慣だらけ~ 」より) | トップページ | 【感謝】麦のワイン2015解禁!麦のワインがボジョレー同時解禁になった理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/62449741

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ同じ8月に摘んだホップを使ったビールの発売が1か月以上もずれるのか?:

« 明治時代の衝撃のビールの飲み方とおつまみ(TV東京「時代変われば!~昔のニッポンは衝撃の習慣だらけ~ 」より) | トップページ | 【感謝】麦のワイン2015解禁!麦のワインがボジョレー同時解禁になった理由 »