« 2015年4月5日 - 2015年4月11日 | トップページ | 2015年5月31日 - 2015年6月6日 »

2015年4月12日 - 2015年4月18日

2015年4月16日 (木)

樽生ビールと瓶ビールの違いとは?

先日、TBSの「この差って何ですか?」という番組で“瓶ビールと生のビールの違い”が特集されていました。

20150415_233300

樽生ビールのほうが美味しいという方、

20150415_233301

瓶ビールのほうが美味しいという方、様々ですが

20150415_233302

実は樽生ビールと瓶ビールは容器が違うだけで、中身に違いはありません。

20150415_233302_1

とはいっても、樽生ビールと瓶ビールの味が違うように感じるという方は多く、サンクトガーレンにもお問合せを頂くことがあります。

そのように感じる要因はいくつかあると思いますが、1番大きなものはガス圧。

恐らくどこのビールメーカーさんも樽と瓶、それぞれの容器に詰める際のガス圧が異なります。
通常、瓶のほうが強いガス圧で詰めます。当然、中身のビールも炭酸が強めになります。
(ちなみにサンクトガーレンの場合は 樽1:3瓶 くらいの違いがあります)

過去ブログ:同じビールなのに樽生と瓶で異なる味のように感じるのはなぜ?

個人の好みもありますし、どちらのほうが良いというものではありませんが、
湘南ゴールド」や「パイナップルエール」は小麦麦芽を使っていることもあり、比較的ガス圧の弱い樽生のほうが柔らかな飲み口が楽しめます。

でも、瓶ビールも注ぎ方で樽生ビールの柔らかな飲み口に近付けることが出来ます。

用意するのは少し大きめのグラス。
330mlのビールなら500ml程度入るグラスがお薦め。

グラスは垂直に近いかたちで、まっすぐ持ちます。
手に持たずテーブルに置いたままでも良いです。
そこにビールを上から勢いよく注ぎます。

Pineblog_4

当然泡だらけになりますが、そのまましばらく置いて液面があがってくるのを待ちます。

そこに残ったビールを何回かに分けて注ぎきります。
(よく3回注ぎと言われるやつです)

こうすることで、炭酸ガスが程よく抜けてビールの飲み口が柔らかくまろやかに。
樽生ビールのような飲み口に近付きます。

ぜひお試しあれ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月5日 - 2015年4月11日 | トップページ | 2015年5月31日 - 2015年6月6日 »