« 2015年6月7日 - 2015年6月13日 | トップページ | 2015年7月26日 - 2015年8月1日 »

2015年7月5日 - 2015年7月11日

2015年7月10日 (金)

札幌「月と太陽BREWING」に行ってきました。北海道で1番サンクトガーレンを売って下さっているお店

7月11・12日に開催されるSapporo Craft Beer Forestに参加するため、10日の1番遅い便で札幌へ参りました。
ビールイベントで北海道に来るのはこれが初めて。

到着した頃には23時を過ぎていましたが、ずっと来てみたかったお店「月と太陽BREWING」さんへ。

こちらのお店は昨年10月にオープン以来、サンクトガーレンのビールを北海道で最も販売して下さっているお店です。

店内に入るとなんだかとても良い香り。
木の香りと…なんだろう?燻製の香り?
聞いてみると、自分たちでウインナーのスモークもしているのだそう。

今日は7種類のビールがつながっていました。
(ここも木!)

サンクトガーレンからはYOKOHAMA XPAがつながっていました。

こちらでは、グラスリンサーで1個1個グラスをからビールを注いでくれます。

グラスリンサーは、ビールの美味しい泡の大敵となる埃を流してくれたり、
常温に置いてあったグラスを程よく冷やしてくれる役目や、
さらにはグラス内側に水の膜を作ってビールを注ぐことでビールの摩擦抵抗が減るため、より美味しくビールが楽しめると言われています。

グラスを注いでくださっているのは店長の森谷さん。(岩本と雑談中)

こちらは月と太陽“BREWING”の名前通り、自家製ビールの醸造も行っています。

店の外から設備が見られます。
これで1回200L仕込んでいるそうです。

残念ながらこの日お店では自家製ビールは飲めなかったのですが、Sapporo Craft Beer Forestでは飲めるそう。

お店の営業もあるのに仕込みはいつやってるんですか?と聞いたら
お店終了後の真夜中にやっているんだとか。
直火で仕込んでいるため、人の出入りのある時間帯はなかなか難しいのだそう。

閉店30分前に滑り込んだので、フードは簡単に。

焼き枝豆。
自家製の合わせ醤油とバター&粒黒コショウがアクセント。

焼きトウモロコシの枝豆版です。ビールが進みます。

ビール屋さんの餃子。ポン酢で頂きます。

蝦夷麦酒のフレッドがふらりと。
よく飲みに来るんだそうです。

Unnamed_1

とても素敵で、居心地の良いお店でした。

月と太陽ブルーイング
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ビアバー | 豊水すすきの駅すすきの駅(市営)バスセンター前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 9日 (木)

湿気と香りの関係。“ホップ疲れ”は湿気のせい?

じめじめした日が続きますね。

梅雨の狭間の雨上がりの日に、普段より香りを強く感じることはありませんか?

革製品の香りがやけに鼻についたり、庭の緑の青臭さを強く感じたり…。

14391903610_a26ec6512f_k

温度と香りに密接な関係があることはよく知られていますが、実は湿気も香りに影響を与えます。

香りの成分は揮発性ですが、乾燥していると香りの揮発が早くなります。
香りの広がりが早くあっという間に薄れていきます。

一方、梅雨のような湿気が多いときは香りの揮発がゆっくりで香りが長く留まります。

例えば乾燥した海外ではかなり多めに香水をつけても、香りはすぐに薄れていきます。
でも、日本で同じ量をつけると強い香りがいつまでも続いてしまいます。
やけに香水臭い外国人の方は、自国と同じ感覚で香水をつけているのかも…。

A0007_000191

さらに湿気の多い日は鼻の粘膜が潤っているため、より香りを強く感じやすい傾向があります。

人間の何万倍もの嗅覚をもつ犬が、常に鼻を舐めて濡れている状態にしているのも嗅覚を敏感に保つおくため。

A0027_001272

昨今、日本ではアメリカ西海岸スタイルのIPAが人気です。

アメリカンIPAはWest Coast Style(西海岸スタイル)と、East Coast Style(東海岸スタイル)に分けられることが多々あります。
それだけ2つには異なる特徴があるということ。

西海岸スタイルのIPAの代表的格はそのものずばりを名前に冠しているGreen Flash Brewing 「West Coast IPA」、西海岸スタイルのIPAの元祖と言われるSierra Nevada Brewing、Stone Brewing、Ballast Point Brewing、Coronado BrewingのIPAなど。

1

ずらり並んだ名前を見ればどれも強烈なホップキャラクターの際立つIPAだということが分かりますね。

それこそがWest Coast Style IPAの特徴です。

その強烈なホップの香りに魅了される方が後を絶たない一方、“ホップ疲れ”という言葉も聞かれます。
ホップキャラクターの強いビールを飲み過ぎて、鼻や舌が少し疲れてしまった状態とでも言いましょうか。

2

海外と日本で同じ感覚で香水を付けると“やり過ぎ”状態になってしまうように、乾燥した西海岸で楽しむのには丁度良いホップキャラクターも、湿気の多い日本で楽しむには少し強烈過ぎることがあるのかもしれません。

一方、西海岸に比べて湿度が高い東海岸スタイルのIPAはホップキャラクターを支えるモルティなボディとバランスの良さが特徴とされます。Samuel Adams BreweryのIPAがその代表格でしょうか。
サンクトガーレンの造るIPA(YOKOHAMA XPA)はこちらのタイプです。

7246120111102120049
湿気の多い今の時期、たまには東海岸系のIPAをゆっくり楽しんでみては?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

タナバタビアフェスタトヤマ最終回に参加してきました。

毎年七夕シーズンに開催されている日本海側最大級のビアフェス「タナバタビアフェスタトヤマ」に今年も参加してきました。

2008年から開催されていたビアフェスですが、なんと今年で最終会とのことで例年にも増して多くのお客様で賑わっていたように思います。

サンクトガーレンはイベント隊長の横溝と

新人の野原

最終回ということもあり、岩本と私もお邪魔しました。

7種類のビールを持っていきましたが、人気だったのは湘南ゴールドとパイナップルエール。

社長は会場隣のスターバックスでコーヒーを買うときに「湘南ゴールド美味しかったです!」とスタッフさんに声を掛けられたそうです。
ポロシャツもスタッフ証もなかったのにスゴイ。

11707715_1032098900175943_674356745

タナバタビアフェスタトヤマ恒例の鱒寿司開封の儀では、過去最高の21店の鱒寿司が集まったそう。

皆が鱒寿司に夢中になっている頃、横溝はステージで湘南ゴールドをPR。
皆(鱒寿司を見ていて)背中だった…と寂しそうでした(^_^;)

最後は実行委員長である城端ビール山本さんの乾杯で〆。

長い間、本当にお疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月7日 - 2015年6月13日 | トップページ | 2015年7月26日 - 2015年8月1日 »