« 投票用紙とビールラベルは同じ紙。 え!?実は紙じゃない!? | トップページ | 【 パークブリュワリー2016 】本日スタート!今年の飲み放題ビールはIPA。アペタイザーはスペイン風。 »

2016年7月13日 (水)

巨大なホップ塊で、夏のビール仕込みラッシュを乗り切る

今年の春にサンクトガーレンに納品されたこの巨大な荷物。
中身はカスケードホップ。

カスケードホップは柑橘系の香りが特徴で、このホップによって“アメリカクラフトビールの味”が特徴づけられたと言ってもいい代表的存在です。

リーフ(葉っぱ)状なのに、フカフカじゃなくて固い!
そのくらいギュウギュウにみっちり詰まっています。

ビールの醸造に使うときには割って…
(断面にルプリンがくっきり!)

ほぐして使います。
ほぐすのは計量しやすくするためと、ビールの苦味と香りのもとになるルプリンを抽出しやすくする狙いがあります。

カスケードホップはあまりに王道すぎて、最近では敢えてカスケードホップを使わないブルワリーも多いですが、定番だからこそ安定して入手出来るホップでもあります。


夏前の怒涛の仕込みスケジュールで、あんなに巨大な塊だったホップももうすぐ使い終わりそうです。

ビールの美味しい夏はもうすぐそこですね!

|

« 投票用紙とビールラベルは同じ紙。 え!?実は紙じゃない!? | トップページ | 【 パークブリュワリー2016 】本日スタート!今年の飲み放題ビールはIPA。アペタイザーはスペイン風。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大なホップ塊で、夏のビール仕込みラッシュを乗り切る:

« 投票用紙とビールラベルは同じ紙。 え!?実は紙じゃない!? | トップページ | 【 パークブリュワリー2016 】本日スタート!今年の飲み放題ビールはIPA。アペタイザーはスペイン風。 »