« 【10月13日は引越しの日】2009年の工場引越しを思い出す | トップページ | 200個の生姜を刻んで投入したビール「ジンジャーIPA」、今日から大江戸ビール祭り #oedobeerfest で! »

2016年10月15日 (土)

「横浜オクトーバーフェスト」で美味しいビールの証“エンジェルリング”づくりにチャレンジ

エンジェルリングをご存知ですか?

エンジェルリングは美味しいビールの証と言われます。

Unnamed_1_2

美味しいビールの泡はすぐには消えず持続力があるため、最初の1口から最後まで泡が残ります。

エンジェルリングはそのビールの泡が上から下に移動していった跡です。

綺麗なエンジェルリングは何個かの条件が揃わないとできません。

ビールが新鮮であること、ビールの通るラインやサーバーが綺麗であること、そしてビールの注ぎ方はもちろん、使うグラスや飲み方にも重要なポイントが。

Unnamed_2

【ポイント1】食洗器で洗ったグラス(もしくはグラス専用スポンジで洗ったグラス)を使うこと

通常、鍋や食器を洗うスポンジは綺麗に洗ったつもりでも油分が付着します。
そのスポンジで洗ったグラスにも(目には見えませんが)油分がつきます。

ビールの泡にとって油は大敵ですので、そのグラスに注いだビールの泡は粗くなり、すぐ消えてしまいます。

お薦めは食洗器で洗ったグラスを使うこと。参考↓



食洗機が無い場合は、グラス洗浄専用スポンジで洗ったグラスを使うのがお薦めです。

【ポイント2】自然乾燥させたグラスを使うこと

意外に思われるかもしれませんが布で拭いたグラスはNGです。
目には見えない布の繊維がグラスの内側に付きビールの泡を粗くします。

グラスを洗い終わったら水を切って自然乾燥がベストです。

実は、これらの条件が揃っているのが横浜オクトーバーフェストです。

ビールは毎日工場から運んでいて鮮度抜群。グラスは食洗器で洗い、自然乾燥です。

そして、綺麗なエンジェルリングを作るには飲み方にもポイントが。

最初に泡を飲んでしまうのではなく、 泡を上唇で押さえて、泡の下の液体を飲むようにします。(泡を最後まで残す)

また油は大敵なので、口紅を付けている方はエンジェルリングをつくるのは難しいようです。

14440729_1321894041184729_161424397

横浜オクトーバーフェストにお越しの際には、ぜひ綺麗なエンジェルリング作りにチャレンジしてみて下さい。


|

« 【10月13日は引越しの日】2009年の工場引越しを思い出す | トップページ | 200個の生姜を刻んで投入したビール「ジンジャーIPA」、今日から大江戸ビール祭り #oedobeerfest で! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「横浜オクトーバーフェスト」で美味しいビールの証“エンジェルリング”づくりにチャレンジ:

« 【10月13日は引越しの日】2009年の工場引越しを思い出す | トップページ | 200個の生姜を刻んで投入したビール「ジンジャーIPA」、今日から大江戸ビール祭り #oedobeerfest で! »