« サンクトガーレンとKIRIN、摘みたてホップ仕込みビールの発売が1か月以上もずれるワケ | トップページ | 【12月1日は映画の日】タイタニック気分を味わえる、黒ビール「ポーター」 »

2017年11月14日 (火)

11月14日は“いいいし”の日。ビール造りに欠かせない石とは?

今日、11月14日は語呂合わせから11(いい)14(いし)の日。

ビールと石、関係ないようですが実はサンクトガーレンではビール造りに2つの石を使います。

これはその1つ、カーボネーションストーンを洗っているところ。
完成直前のビールに炭酸ガスを添加するときに使います。

工場にある もう1つの石はエアレーションストーン
こちらは、麦汁の発酵に必要な酸素を送り込むためのものです。

「あれ?酸素は酸化の原因になるからビールに大敵じゃないの?」と思った方、正解です。

完成“後”のビールにとって酸素は酸化の原因となるため大敵です。
でも完成“まで”の発酵の工程には酸素が不可欠です。

ちなみに添加する酸素は外気ではなく、病院などでも使われる滅菌済みのものです。

ストーンの表面にあいている無数の泡からCO2や酸素を液中に放出して溶け込ませます。
水槽のブクブクを想像してもらうと分かり易いかもしれませんね。

ちなみに“ストーン”と言いますが、両方セラミック製。
石じゃない…。

社長曰く「昔は本当に軽石のような石が使われていたんじゃないか」とのこと。
でも石だとすぐに欠けてしまうので、半永久的に使われるセラミックの素材に変わったのでは、と。
真偽のほどは定かではありません(あくまで社長の推測です)。


|

« サンクトガーレンとKIRIN、摘みたてホップ仕込みビールの発売が1か月以上もずれるワケ | トップページ | 【12月1日は映画の日】タイタニック気分を味わえる、黒ビール「ポーター」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/72214515

この記事へのトラックバック一覧です: 11月14日は“いいいし”の日。ビール造りに欠かせない石とは?:

« サンクトガーレンとKIRIN、摘みたてホップ仕込みビールの発売が1か月以上もずれるワケ | トップページ | 【12月1日は映画の日】タイタニック気分を味わえる、黒ビール「ポーター」 »