« 2017年1月29日 - 2017年2月4日 | トップページ | 2017年2月12日 - 2017年2月18日 »

2017年2月5日 - 2017年2月11日

2017年2月 8日 (水)

大阪でチョコビールを飲むなら「エデン特急」!大阪高島屋でチョコビールを売りまくった森さんのお店

週末、大阪高島屋のアムール・デュ・ショコラの会場帰りに、昨年秋にOPENしたばかりのビアバー「エデン特急」にお邪魔してきました。

玉造(空堀町)の古い長屋が、そのまま複合施設としてリノベーションされています。

住所は確かにここなのにエデン特急はどこ? と思ったら小さな看板を発見。

横の小路を進んでいきます。

もともと住居だった長屋。
部屋にお風呂がなく、近所にあった銭湯が営業を止めてしまったことで、大半の方が引越しをされてしまったのだとか。
それを機にこのような形でリノベーションされたのだそうです。

Unnamed_14

ありました!エデン特急。
今回、このお店に来た1番の目的は…

Unnamed_15

この方に会いに来ました!オーナーの森さん!

昨年、初めて大阪高島屋のバレンタイン催事出店のお誘いを頂いたとき1番悩んだのがスタッフの確保でした。
そんなとき森さんにお手伝いの快諾を頂き、12日間にわたってチョコビールの販売をして頂きました。

バレンタイン売場では普段クラフトビールを飲んだことのないお客様に、 チョコビールを説明しなければなりません。

その際に「これって飲みやすいですか?」と聞かれることがあります。
この質問は、私も答えるのに頭をフル回転させるのですが、それに対しての森さん考えがFacebookで書かれていました。

そんな森さんがオープンさせたエデン特急は、5坪というコンパクトな店内に3本のビールタップを擁しています。



お邪魔した日は、そのうちの2本がチョコビールという、なんともおかしな(誉め言葉)ラインナップ。

中サイズでセサミチョコレートスタウトを頂きます。
この二重構造のグラスは、中身がぬるくなりにくいのだとか。

エデン特急は森さん1人で営業しているのにお料理も充実しているのが本当にすごい。
乾き物だけではなく、しっかりお食事が出来ます。

まずは、お出汁ダクダクだし巻き玉子。
だし巻き玉子のおでんのようで、寒い日にほっこり温まります。

極太フランクフルト。
主役のソーセージはもちろんなのですが、付け合わせの野菜が充実しているのも嬉しいですね。
個人的にはこのコールスローがとても好きです。
マヨネーズは控えめでリンゴ酢を効かせてあるそうで、さっぱりフルーティー。

レバーパテ。
こちらも付け合わせのポテトサラダがまた美味しい。アクセントの野沢菜がポイント。

臭みのないレバーパテは、インペリアルチョコレートスタウトと合うんです!

森さんのお料理を食べるために、大阪の粉物も食べずに腹ペコで来ました。
という訳で、パスタもいっちゃいます!

カツオと昆布だしのトマトソースパスタ 白子の醤油焼のっけ。

デザートにはチョコビールに合わせてチョコレートを頂きました。
こちらは、森さんが合わせたいビールがあるときにだけ用意されているメニュー。

カウンターメインのお店って最初入る際に緊張すると思うのですが、森さんの柔らかい雰囲気がその緊張をすぐほどいてくれますよ。

1人でゆっくり飲みたいときも、森さんにビールについてあれこれ聞きたい方も、ほど良い距離感で楽しめます。

チョコビールの樽生があるうちにぜひ!

■エデン特急 -Drink Craft-
大阪府大阪市天王寺区空堀町11-8
営業時間 平日17:30~24:00/日祝 13:00~20:30
火曜定休
Facebook ▶Twitter

エデン特急ビアバー / 玉造)  
夜総合点★★★★ 4.0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月29日 - 2017年2月4日 | トップページ | 2017年2月12日 - 2017年2月18日 »