« ルヴァンカップ決勝戦での“のっぴきならない事情”について | トップページ

2018年10月30日 (火)

とれたてホップ使用ビールの発売が、サンクトガーレンとKIRINで1か月もずれるワケ。

キリンビールから今年も「1番搾り とれたてホップ生ビール」が発売になりました。
2018年の夏に収穫したホップを使ったもので、通常の1番搾りよりもホップの香りが華やかとされています。

9e11410af26c464389b96447943128ad_1

サンクトガーレンからも2018年の夏に収穫したホップを使用した「FRESH HOP IPA(フレッシュホップアイピーエー)」を発売していました。
過去形なのはすでに工場の在庫はほぼ完売で、ビアバーや酒屋さんが確保している分しかないためです。

305c6809b95447038b90be143245d7ec

同じ2018年の夏に収穫したホップを使用したビールなのに、一方は発売したばかりで、もう一方は完売間近。
なぜ1か月以上も発売時期に差が出るのでしょうか。

それこそが、エールビールとラガービールの違いです。
クラフトビールの魅力の1つは、スタイルの多様性にあると言われています。

IPA、ペールエール、スタウト、ヴァイツェン、ピルスナー…、ビールのスタイルは100を超えますが、大きくはラガー(Lager)とエール(Ale)に分類できます。


Photo_2

KIRINやアサヒといった大手ビールの主力商品はラガースタイルなのに対し、サンクトガーレンは創業以来エールスタイル一貫主義。
ペールエールYOKOHAMA XPAはもちろん、季節の果物を使ったフルーツビールも、11月15日解禁の麦のワインも全てエールスタイルのビールです。


上面発酵でつくる「エールビール」は高温で一気に発酵させます。
3~5日程度の主発酵を経て、1~2週間程度のコンディション(二次発酵、熟成という場合も)を経て完成です。


一方、下面発酵でつくる「ラガービール」は低温でゆっくり発酵させます。
1週間程度の主発酵を経て、1~2か月程度のコンディション(二次熟成、熟成)を経て完成します。


エールタイプのビールの場合、8月初旬に収穫したホップをすぐ仕込みに使用すると8月下旬にはビールが完成します。
その一方で、ラガータイプのビールは、8月初旬に収穫したホップをすぐに仕込みに使用しても完成は10月になります。


これが同じ8月に収穫したホップを使っているのに発売日に大きく差が出る理由です。

肝心のラガーとエールの味わいの違いですが、1番分かり易いのは“香り”です。

ビール酵母は高温で発酵させると果実のような香りの成分“エステル”を生成するため、一般的にエールのほうがフルーティーな香りに満ちたビールとなります。


逆にラガービールはすっきりとシンプルな味わいのビールになります。


そのときの気分やシーンによってチョイスして楽しんで下さい。


<まとめ>

■エールスタイルのビール
・サンクトガーレンのつくっているビール。
・高温で一気に発酵させるため、3週間程度で完成。
・ビール酵母は高温で発酵させるほど、フルーティーな香りの成分“エステル”を生成するため香りが豊か。

■ラガースタイルのビール
・大手ビール会社の主力ビール。
・低温でゆっくり発酵させるため、完成に2か月かかる。
 →だから同じタイミングで収穫したホップを使ったビールでも、エールと比べると発売が1か月以上遅くなる
・すっきりシンプルな味わい。


前述の通り、フレッシュホップIPAの工場在庫はもう僅かですが、取扱い店の店頭にはまだ並んでいます(完売の場合はご了承下さい)。
今なら、とれたてホップ1番搾りとの飲み比べが楽しめます。


|

« ルヴァンカップ決勝戦での“のっぴきならない事情”について | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397717/74497926

この記事へのトラックバック一覧です: とれたてホップ使用ビールの発売が、サンクトガーレンとKIRINで1か月もずれるワケ。:

« ルヴァンカップ決勝戦での“のっぴきならない事情”について | トップページ