ビールなお店

2017年2月22日 (水)

【2/23OPEN】 大手町直結、立ち飲みBAR 「壌 大手町店」 。クラフトビール樽生を、ブランド豚の和食とともに。

2017年2月23日(木)、大手町パークビルディングの地下1階に「ホトリア Shops & Restaurants~よいまち~」がグランドオープンします。
地下鉄大手町駅直結(C6a出口)なので、地下からの方は地上に上がらなくても行けます。

「よいまち」では、飲食店16店、薬局1店の合わせて16店舗がオープン。
その中にクラフトビール樽生が楽しめるお店があります。

それがこちら「壌(じょう)」

すでに赤坂店(壌 泡組)のほうではサンクトガーレンのボトルをずっとお取り扱い頂いていますが、新たにOPENする大手町店ではボトルに加えて樽生でもお楽しみ頂けます。

Unnamed_11

先日、オープン前のレセプションにお邪魔させて頂きました。

木製の壁が印象的なこちらのお店では、“ジャパニーズブランド”にこだわったビールや日本酒、ウイスキーが300~800円で楽しめます。

気になるビールは4タップ

レセプションの日はサンクトガーレンのYOKOHAMA XPA(IPA)と、箕面ビールのヴァイツェン、琥珀エビス、スーパードライがオンタップしていました。

もちろん両方頂きました!琥珀色のほうがYOKOHAMA XPAです。
クラフトビール樽生価格は小500円/大800円。さくっと立ち飲みにちょうど良い価格です。

フードも“和”にこだわり、300円・500円・800円のラインナップ。

ブランド豚を日本に根付かせた「豚組」の姉妹店ですので、豚肉料理が充実しています。



300円メニュー一例。

500円メニュー一例。

800円メニュー一例。

クラフトビールのボトルも揃っています。
志賀高原ビール、南信州ビール、箕面ビール、ひでじビール、伊勢角屋ビール、そしてサンクトガーレンなど。

こちら(右)が壌 大手町店、店長の奥谷(おくや)さん。(左は弊社社長)

六本木店でずっとサンクトガーレンのビールを扱って頂いていたので安心です。
季節限定ビールのこともよくご存知で、すでに2月23日発売の「サンクトガーレンさくら」もお店に発送済みです。

そしてこちら(左)が社長の國吉さん。オープンおめでとうございます!

豚組しゃぶ庵さん、六本木 壌泡組さんでもお世話になっています(両店でもサンクトガーレンのボトルが飲めます)。

こちらのお店ではランチ営業もあり、そちらでは究極の豚汁定食が楽しめるそうですよ。(チラッと写真を見ましたが角煮のような塊の豚肉が入っていた!)

ご飯は究極の炊飯器と話題の「バーミキュラ ライスポット」で炊いているそうで、すごく気になります。

大手町付近にお勤めの方はぜひ!

■壌 大手町店
住所:東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルB1F
電話:03-6551-2360
営業時間:ランチ11~16時/バータイム16~24時
休業日:土日祝日

関連ランキング:立ち飲み居酒屋・バー | 大手町駅竹橋駅二重橋前駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月12日 (木)

【市ヶ谷】6種類の樽生ビールが楽しめる「Focusrite(フォーカスライト)」。タイ料理出前、青いゆで卵もあるよ

東京ドームふるさと祭りの帰りに、サンクトガーレン樽生常設のビアバー「Focusrite(フォーカスライト)」にお邪魔してきました。

ギネスの立て看板の後ろの階段を昇った2階にあります。
入り口のドアが非常口のドアそのもので、中の様子が全く見えません。
1人だと入るのに躊躇してしまうと思いますが、思い切ってその思いドアを開けると…

明るく広い空間が広がっています。

お店で楽しめるビールは6種類。
ギネスとハートランドが定番で、4種類のタップでクラフトビールを色々入れ替えで提供しています。

ビールのライン洗浄に徹底したこだわりをもっていて、特にギネスの美味しさには定評があります。
「ギネスが好きで色んなお店で飲むんだけど、ここで飲むギネスが1番美味しい」という常連さんがいるほど。

この日サンクトガーレンはゴールデンエールがつながっていました。

他には、東北のブルワリーのビール(秋田のあくらビールや、福島路ビール、田沢湖ビールなど)、まだ関東では飲めるお店の少ない大阪のブリューパブMARCAのビールが楽しめます。

しかもこの日はSNSで話題の「青いゆで卵」がありました(毎日ある訳ではないそうです)。
塩もマヨネーズも何もつけないで食べてもしっかり味がついています。

醤油やコンソメなどを独自にブレンドしたタレに数日漬け込んでいるそうです。

1人で運営されているお店なので、がっつりしたお料理メニューはありませんが、お店のすぐ近所のタイ料理やさんから頼むことが出来るそうです。

良い意味で緩い雰囲気のカジュアルなビアバーです。0次会や2次会利用にお薦めです。

関連ランキング:ビアバー | 市ケ谷駅半蔵門駅麹町駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金)

渋谷駅直結で極寒の日も寄りやすい「iBeer (アイビアー)」。なんとバーレイワインを含む全クラフトビール統一価格、統一グラス。

昨日、渋谷で打合せの帰りにヒカリエへ。
お目当てはヒカリエ7階のiBeer LE SUN PALM (アイビアー・ルサンパーム)
ずらり並んだビールタップにテンション上がります。



こちらでは11種類の国産クラフトビール樽生+KIRINハートランドが楽しめます。
サンクトガーレンはただ今バーレイワインの「エル ディアブロ」が飲めます。



ここのクラフトビールメニューは全てUSパイントが1,030円、ハーフパイントが630円の統一価格。
普通のビアバーでは少しお高い価格設定になっている、バーレイワインも統一価格!

アルコールが高く、手間もかかるビールなので卸価格が他より少し高めになっているのに、これはすごい良心的です。

最近増えている統一価格のビアバーでも、普通はバーレイワインだけは少し高い設定になっていたり、提供量が少なくなっていたりするので、驚いて「ワイングラス提供ではないんですか?」と何度も確認してしまいました。



でも迷った挙句に結局頼んだのは飲み比べセット。4種類で1,100円。

フードも頂きました。海老と金美人参のブルスケッタ。1ピース350円!
アボガドと卵が主張する左半分と、シャキシャキさっぱりの人参が主張する右半分という感じで1つで2回美味しいです。



クレソン、きゅうり、鶏せせり。
入っていたものを箇条書きしている訳ではなく、こういう名前のメニューなのです、笑。
中華の前菜を思わせる味わいで、個人的に好みでした。



女性向けのお店ということで、野菜を使った見た目にも美しいメニューが充実している一方でガッツリしたお肉メニューも豊富です。

渋谷駅直結なので、天気の悪い日も、極寒の日もサクッと寄りやすい店だと思います。

19時を過ぎると混みはじめるので、サク飲みに立ち寄るなら19時前がお薦めです。

関連ランキング:ビアバー | 渋谷駅神泉駅表参道駅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

迫力満点!熱川バナナワニ園で鶏を丸飲みするワニを見て、フルーツパーラーでパインボート&パインビール

週末、熱川のバナナワニ園に行ってきました。

園内に入るとすぐにワニ。右を向いても左を向いてもワニ。

水に潜っているワニもいれば(これは水槽の中)

日向ぼっこをしているワニもいます。

ここにいるのは、比較的小柄で温和のアリゲーター科と、大柄で獰猛なクロコダイル科の2種類。
やはりクロコダイルのほうは大きくて迫力があります。

アリゲーターの中にはこんな可愛い顔をした奴も。
これはクチヒロカイマン。

ワニはかなり至近距離で見られます。
「ワニは意外と俊敏なので手や物を柵から出すな」という警告があちこちに貼ってあって少し怖いです。



エサやりの時間は迫力満点。
これからワニ園に行かれる方はエサやりは見たほうが良いと思います。

与えているのは鶏肉を丸ごと。ほとんど噛まずに丸のみです。

ワニは食べるときと食べないときの差が激しいので、食べるワニには満足するまであげて、食べないワニはそのまま放っておくのだとか。

ちょっと殺伐としたワニ園の癒しの存在となっているのが、レッサーパンダ。

1匹ではなく、何匹も飼育されています。

ただ、この日は30度超えの猛暑のため…。

みんなグデーっとしていました(これはこれで可愛い)

“バナナ”ワニ園の名前の通り、温室ではバナナを中心に、マンゴーやカカオなどの熱帯植物も栽培されています。

そして、ここで出来たバナナはフルーツパーラーでバナナジュースとして楽しむことが出来ます。



さらに、ここのパーラー(分園のほうにあります)ではサンクトガーレンのパイナップルエール湘南ゴールド(オレンジ)ゴールデンエールのビールを楽しむことが出来ます。

今週末から取り扱いが始まったばかりですが、手作りのテーブルテントなども用意して頂き特にパイナップルエールの動きが良いようです。

パーラーいち押しのパインボート(園内でとれた熱帯フルーツ入)と、パイナップルエール。
これが中まで生果実ぎっしりでかなりボリュームがあります。

バナナは昨今主流の完熟ではなく、少し硬めの青っぽい風味がして懐かしい味わい。
ここでとれたというマンゴーが特に濃厚で美味しかったです。

パイナップルエールとも文句なしの相性でした。

関連ランキング:喫茶店 | 伊豆熱川駅


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

新宿BEAMS内に、10種の樽生クラフトビールと金谷ホテルの百年カレーが楽しめるお店「日光金谷ホテル クラフトグリル」

今年の4月“BEAMSが初となるレストラン展開を行う。しかもクラフトビールが飲めるらしい”というニュースを目にしたので、実際に行ってみました。

場所は新宿3丁目。

日本の名品や文化を国内外に発信するコンセプトでつくられた“BEAMS JAPAN”の地下1階にそのお店はあります。

階段を下りると目に入るのは、10タップを擁するカウンター。
新宿ということを忘れてしまうくらい静かで落ち着いた空間が広がっています。

その奥にはテーブル席が。
ライブ感あふれるオープンキッチンです。

こちらのお店では、樽生ビールは日替わりではなく、固定メニュー化されています。
(今後変わる可能性もあります)

サンクトガーレンからはゴールデンエール樽生と、YOKOHAMA XPA樽生がオンメニュー。サイズはスモール(250㏄)、レギュラー(450㏄)の2サイズ。
価格は液種によりますがスモール650~700円、レギュラーで950~1000円くらいです。

まずは、ゴールデンエールから。





アミューズはエビのエクレア。
日光金谷ホテルの壁面にも使われているという大谷石をお皿に見立てて提供されました。



続いてサラダ代わりに注文した、野菜と豆腐のパフェ。
恐らく日本一ヘルシーなパフェですね。

底はアボカドのムース、その上に豆腐のムース。
豆腐に白和え風の味付けがされており、野菜をディップしながら頂きます。

菜園風バーニャカウダ。
本物の土がついているのかと驚きましたが、土に見えるのは砕かれたオリーブ。

次のビールはYOKOHAMA XPAを。美人スタッフさんに注いで頂きます。
こちらのお店は「金谷ホテル」の名前を冠しているだけあり、スタッフさんもホテルマンのような接客をしてくださいます。

メインは赤城和牛モモ肉ステーキ。木の丸太のようなお皿で提供されてきました。
ここはお皿なども細部までこだわりがありますね。

モモ肉なのに綺麗にサシが入っていて甘味があります。
ソースは敢えてフレンチで王道のトリュフなどを使ったペディグーソースを用い、洋食感を演出しているそうです。

そして〆には、お店の看板メニュー「百年カレー」。
2003年に金谷ホテルの蔵から発見された大正時代のカレーレシピを再現したという歴史あるカレーです。

ライスはレーズンバターライス・刻み漬けライス・雑穀米・白ライス4種類から選べます。
その中でもお店イチオシのレーズンバターライスをチョイス。

牛フィレ肉のフリットが添えてあるのは新宿店オリジナルだそうです。
カレーは最初優しい甘さが主張してきますが、あとからスパイスが効いてきます。
野菜をしっかりしっかり煮込んでとろみを出していると思われる丁寧で優しい味です。

デザートにはほうじ茶のアイス。
これもお皿が可愛いですね。濃厚な甘さがありながら、ほうじ茶の風味ですっきり。



テーブル席でしっかりお食事&ビールはもちろん、カウンター席のほうでカジュアルにバー利用も出来ます。
場所がら海外のお客様も多い印象でした。

最後に支配人の藤代さん(左)と、社長(右)でパチリ。

1階に出ると猿田彦珈琲さんがあります。
こちらで食後の1杯を頂きました。

関連情報 ▶<2016年NEW OPENまとめ>国産クラフトビール樽生が楽しめるお店

関連ランキング:ビアバー | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

恵比寿で幻の“尾崎牛”と50種のクラフトビールが楽しめるお店「GATSBY (ギャツビー)」

尾崎牛ってご存知ですか?

幻の牛として「尾崎牛」という名前を聞いたことはあったのですが、どこの牛だか実はよく知りませんでした。

恵比寿にそんな尾崎牛とクラフトビールが楽しめるお店があるという情報を聞き行ってきました。

お店に着くと、なんと満席!

でも「コース料理でデザートの方がいらっしゃるので…」とのことで少し近隣をブラブラ。

「お席できましたよ」のご連絡を頂き向かいます。

まずは尾崎牛のお勉強。

マンゴーやなどでお馴染の宮崎県で、尾崎宗春さんという方の育てた牛だそう。

その最高級の味わいは「宮崎牛」ではなく「尾崎牛」として独立した存在なのだとか。

月の出荷量は30頭ほどで、そのうち東京に出荷されているのは10頭。
その稀少さゆえ、一般流通にはのらないという幻の牛。

そんなこちらのお店では約50種類のクラフトビールをボトルで味わえます。

伺ったのが週末の閉店間際だったので「ガラガラでお恥ずかしい…」とのこと。
いえいえ、そんなことはないと思います。

サンクトガーレン各種をはじめ、ベアードビール、箕面ビール、ネストビール、ブリュードッグ、KAGUAなどがオンメニューしていました。

樽生ビールはハートランドです。

ボトルビールを注文するとスタッフさんが目の前でグラスに注いでくれます。
(ここはテラス席のため外です)

まずは春夏限定オレンジのフルーツビール「湘南ゴールド」でスタート。

7種の前菜盛り合わせ。

尾崎牛のリエットが濃厚で美味!

メインの塊肉に向けて期待が高まります。



黒板メニューから尾崎牛のアスパラ巻き。

薄いお肉なのに味の主張がすごい!

そして、こちらはお肉だけではなくお野菜もすごいんです。

日本でルッコラを有名な野菜に育てたベジター(野菜人)の畝田謙太郎さんが営むルコラステーションから調達された野菜が楽しめるのです。
見た目もカラフル。

いよいよメイン!ということでビールはアンバーエール
あの肉フェスでの売り上げNo1を誇るお肉と相性抜群のビールです。

今日入荷したばかりというトウガラシという部位を頂きました。
日によって頂ける部位が変わるのも楽しみの1つ。

トウガラシは腕から肩にかけてのお肉で、一頭から2Kg程度しかとれないという部分。
肩肉は硬くて煮込みに使うようなイメージがあったのですが、そんなことはなくモモ肉のようにジューシー。
シンプルに岩塩で頂くのが美味しかったです。



幻の高級牛肉が食べられるお店なので、ナイフとフォークで…というお店かなと思ったのですが全くそんなことはなく、お箸も用意されていて、自分の食べたいスタイルでカジュアルに楽しめます。

最後にオーナーの橋本さん(左)と。(右は弊社社長の岩本)

隣のテーブルのカップルがとあるブルワリーのビールを飲んで(悔しいから銘柄は内緒、笑)「なんだこれ!ワインみたいな味がする!」とすごく感激していらっしゃって、「あぁ、こうやってクラフトビールが広がっていくんだなぁ」と思う瞬間もあったりしました。

素敵なお店でお客様がひっきりなしにいらっしゃっていたので、確実に入店されたい方はご予約を強くおススメします。

関連ランキング:ステーキ | 恵比寿駅広尾駅


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

【日本初上陸】新宿南口NEWoMan「800°DEGREES」のカスタマイズピザを体験してきた!サンクトガーレンのオリジナルビール樽生も

新宿南口NEWoMan(ニュウマン)に初上陸した「800°DEGREES」で、カスタマイズピザを体験してきました!

お店は新宿駅南口を出て目の前。横断歩道を渡ってすぐです。

IMG_3918

4月15日にOPENするこちらのお店に一足早く潜入(?)出来た理由がこちら。

光栄なことに、こちらのお店のオリジナルビールを造らせて頂いたので、特別にご招待頂きました。ありがとうございます。

IMG_3948

ビールの説明は後にするとして、、、まずはピザピザ!

ピザはテーブルで注文するのではなくカウンターに出向いてオーダーします。

なぜならここは自分で好きなベースとトッピングを選んで自分でピザがカスタマイズできるお店だからです。

まずは5種類のソースから好きなものを選びます。

800

お店はライブ感たっぷりで、目の前で自分のピザがつくられていく様子にテンションあがります。



私がチョイスしたのはヴァルデ。バジルペーストにモッツァレラが乗ったベースです。

1番右のスタッフさんがつくってくれている緑のが私のです。

IMG_3984

ベースを選んだら次はトッピング。
常時40種類の具材が揃っていて、そこから好きなものをチョイスします。

トマトやベーコンなどお馴染みのものから、秋刀魚のコンフィ、パプリカのチアシードソテーなど日本オリジナルのものも用意されています。

IMG_3989

スタッフさん曰く、トッピングは2~3種類がお薦めとのこと。
私は生ハムと、日本オリジナルのトッピングほうれん草+ザクロをチョイス。

トッピングを決めたら、自分のピザが出来る様子を眺めながら奥のピザ窯へと進んでいきます。

IMG_3978

店名にもなっている華氏800度(摂氏約425度)に保たれた窯はガスや電気ではなく、薪使用。

重さも1台2トンもあるそうで、駅ビルであるこの建物に入れるのはかなり大変だったそうです。

IMG_4019

ピザは90秒ほどで一気に焼き上がります。

完成がこちら!

IMG_4025

周りを見回しても、どれ1つとして同じピザがないのがカスタマイズピザの面白いところ。
(エビも美味しそうだな…)

IMG_4028

そして、こちらで楽しめるビールは前述の通りサンクトガーレンが造ったオリジナルビール(ペールエール)です。
シトラ、シムコー、チヌックを使用し、軽やかな飲み口に仕上げています。
1杯680円のお手頃価格で楽しむことが出来るのも嬉しい限り。

日本1号店オープンのために来日していたシェフ兼創業者のアンソニーもこのビールを大変気に入ってくれ、レセプションのために特別に瓶詰めしたものを「アメリカに持って行くんだ!」と言っていました。

社長、800°DEGREESのinstagramデビュー。

Chef Anthony throwing one back with the brewmaster!

800 Degrees Pizzaさん(@800degreespizza)が投稿した写真 -

2016 4月 13 6:37午前 PDT

ビールが飲めない方にはレモネードがお薦め。
毎朝手搾りのレモンでつくっているそうです。

IMG_4034

話題のスポットの話題のお店なので、しばらくは混み合うかもしれませんが、お近くにお立ち寄りの際にはぜひ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月19日 (火)

中目黒ブルックリンダイナーで、フォアグラジャークチキンとチョコビール。口の中でとろける至福の組み合わせ。

先日、ブルックリンダイナー中目黒店にお邪魔してきました。

1号店のブルクリンダイナー駒沢店では世界のボトルビールが揃っていますが、樽生ビールはハートランド1種類のみ。
でも、2号店の中目黒店では5種類の樽生ビールが楽しめます。

キリン ハートランド、お店の名前でもあるブルックリンラガー、ブルームーンが常設されており、他に日替わりで2種類のクラフトビールがオンタップ

サンクトガーレンは現在ストロベリーチョコレートスタウトが樽生で楽しめます。
(他3種のチョコビールはボトルで楽しめます)

ビールはハートランドが1杯600円。クラフトビールは1杯700円。

そして今日のお目当てはこちら。
今月のブルックリンダイナー中目黒店のマンスリー「フォアグラジャークチキン」。
世界三大珍味のフォアグラ!



来ましたフォアグラ!
この上にドーンと載っているのがフォアグラです。



あわせるビールはインペリアルチョコレートスタウト
フルボディで超濃厚なこちらの黒ビールは、とろっとろのフォアグラとの相性が抜群。

ビールを1口飲んで → フォアグラを1口 → またビールを1口。
もう口の中でとろける至福の組み合わせです。



こちらは通常のジャークチキン。
通常のはスパイシーですが、フォアグラジャークチキンはマンゴーバルサミコのソースがかかっており、ほんのり甘酸っぱいです。



そして、ブルックリンダイナーで忘れてはいけないのが、こちらのジャマイカンカリー。
ジャークチキンプレートにハーフサイズのカレーをセットで頼むのがお薦め。

水を欲するような辛さはなく、むしろマイルド。
ココナッツミルクの甘さもあるのでしょうが、しっかり煮込まれた野菜の甘さもある気がします。
甘さの中にもしっかりスパイス感はあり1度食べると病みつきに。

デザートにはこれまたインペリアルチョコレートスタウトと相性抜群のラムレーズンアイスを。
自家製のラムレーズンはかなりお酒が効いています。

インペリアルチョコレートスタウトは2年間の熟成が可能なビールですが、熟成させるとラムレーズンを思わせる甘味が出てきます。
なので、本当によく合います。



ちょうどパーティーをやっているグループがあって、バックリブが登場したときには大盛り上がりしていました。
お皿にドーンと盛られたバックリブは迫力満点でした。



現在こちらのお店は深夜2時までのディナー営業のみですが、春頃にはランチ営業を再開する計画もあるようです。

お腹いっぱい食べて、クラフトビールを軽く楽しんでも2,000円ちょっと。
近くにあったら1週間に1回は通ってしまいそうなお店です。

ブルックリンダイナー 中目黒店
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ダイニングバー | 中目黒駅祐天寺駅


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月22日 (日)

【のものキッチン池袋東口店】 クラフトビール&東北フードの多種少量盛り合わせが充実

昨日は「ニッポン全国物産展」の後、池袋東口改札外に出来たばかりの「のものキッチン池袋東口店」に行ってきました。



のものは東日本の魅力を紹介する地産品ショップで、特に東北の食材に注力しています。
店内には東北の工芸品などもさり気なく飾られています。

左の日本地図は見切れている訳ではなく、これが店内で飾られている全て。
つまり、ここに表示されている地域の食材が楽しめるという訳です。

店内にはビールタップが5本。
注ぐ際にはグラスを氷水に通し、最初の粗い泡を捨て、最後に泡切り、ととても丁寧な手順。

伺ったときのビールはこんなこんな感じ。
サンクトガーレンからはスイートバニラスタウトがオンタップ。
(現在はYOKOHAMA XPAがオンタップしています。2016年1月現在)

ビールメニューは通常のビアバーのように日替わりではなく、しばらく固定されるようです。

ビールはレギュラーサイズが(250ml)500円、ラージサイズ(400ml)が750円。

その他に飲み比べセットが用意されていてます。
150ml×3杯1,080円。5杯で1,680円。
私が伺った際、店内では飲み比べセットを楽しまれている方が多かったです。

私のチョイスは1番のものオリジナルクラフトビール、4番キャプテンクロウ、5番のスイートバニラスタウト。

1番のものオリジナルクラフトビールはいわて蔵ビールさん作。
岩手のリンゴ、お米が使われたペールエールスタイル。
フルーツビールとしてリンゴを使っている訳ではなく、あくまでペールエールの隠し味的に使っているため、甘さは殆どなく、ふわっとリンゴのフルーティーさが良いアクセントになっていて美味しかったです。

スイートバニラスタウトは提供されてすぐ楽しむよりも、そのまま常温でおいておき少しぬるくなったほうがより甘い香りやクリーミー感が出るので、お薦めです。

おつまみも頂きました。
本日のお試し3種盛り合わせ。580円。
3種の内容は日替わりとなるようですが、私がうかがった際にはハーブ鶏の唐揚げ&青森イカのリング揚げ、塩辛、ポテトサラダでした。

ポテトサラダは、こちらのお店のウリの1つとなっています。
「きたあかり」を使っているそうで、甘味が強くこれだけでも十分美味しいのですが、トッピングが仙台牛タンラー油、三陸 鮭とイクラ、岩手 熟成粗挽ソーセージ、秋田 いぶりがっこ、と4種類用意されています。

盛り合わせにかかっているのは、仙台牛タンラー油。粒々見える具はほぼ牛タンという贅沢ラー油。

ポテトサラダは量も4種類から選べます。
小盛り(お1人様向)、中盛り(お2人様向)、大盛り(3人様向)、特盛りは高さ11㎝くらいあり、4人様以上向けだそうです。

お肉3点盛り合わせ。
この真ん中のものが、ベーコン?とおもいきや「豚はらみくんせい」だそうで、これが絶品!
ベーコンのような脂っぽさがなく、燻製が効いていて、お肉の味もしっかりでした。



お店のメニューはこんな感じです。
1人でも楽しめるような小皿メニューが充実しています。

86aa477f046d4d68b97838180b6e0b09

このメニューの1番下の「東北魚介のサラダ」も注文しようとしましたが、品切れでした。残念。

Dbb467175f854ccc83ba1e78d54b7adf

ちょっとずつ色々楽しめる盛り合わせメニューが豊富です。

F943fdfa8b5941558f6ba949257e9347

テーブルの上にあった卵かけご飯が美味しそうだったのですが、これは8~11時の限定メニューだそうです。
逆にビールは平日も土日も14時からの提供になりますので、ご注意を。

6b22c4fbd25945b6988c0375a91f99af

駅前ということもあり、ゆっくり落ち着いて楽しむというよりも、仕事帰りなどにサクッと飲んでつまむ、という感じに使うのがよさそうです。

テーブル席が中心ですが、立ち飲み席もあり女性1人でビールを楽しんでいる方も見かけました。

1b35aa9d99b54f49b31f827582aaf9ca

※ここでアップしたメニューは2015年11月21日時点のものです。

のものキッチン 池袋東口店
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:郷土料理(その他) | 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月20日 (金)

【感謝】麦のワイン2015解禁!麦のワインがボジョレー同時解禁になった理由

麦のワイン2015」解禁になりました。ディアブロは今年で発売10年目になります。

十数年前、ボジョレー解禁の数日後にとあるビアバーでボジョレーの樽を見かけました。

「あれ?普段からワインありましたっけ?」
「いや、普段は置いてないんだけど…」

なんで、普段はワインなんて置いていないビアバーにワインがあるんじゃぁぁぁ!と、ボジョレーへの敵対心から、この日をバーレイワインの解禁日に設定。

最初は単純に発売日をぶつけただけでしたが、あるビアバーの方が「これって0時に解禁して良いですか?」と、それがどんどん広がっていきました。

毎年解禁の日にはスタッフもどこかのビアバーにお邪魔しています。

今年、私は茅ヶ崎のHOPMANに伺いました。
壁にずらり並んだタップは38個。

解禁までは他のビールを飲んで待ちます。

お腹が減ったのでお料理も。

日替わりのマグロと鯛のサラダ。
トロロがアクセントになっていて美味!

社長の好きな厚揚げ。

鶏の炭火炙り焼き。

そうこうしているうちに、解禁10分前。
スタッフさんが「ディアブロ or アンヘル?」と乾杯の1杯を何にするか聞いて回りはじめました。
どんどん並ぶワイングラス。

ディアブロ派が多かったですね。
両方!という方も。

個人的には両方飲むなら、優しいアンヘル→ホップの激しいディアブロの順番が良いと思います。

日付の変わる瞬間に乾杯できるよう5分前から注ぎはじめます。

右の色が濃いほうがディアブロ、左の色が薄いほうがアンヘル。
でもまだ飲んじゃだめです。

117で時報を聞きながら「3、2、1、かんばーい!!」

12249968_1072791736094962_693963881

水曜日の平日の真夜中、こんなに沢山の方と乾杯することが出来て嬉しかったです。
もし誰もいなかったら、お店のスタッフさんとしっぽり乾杯するのもありかな…と思っていたので、本当に感謝です。

たまたま来たら解禁だった…という方もお付き合い頂きありがとうございました。

各地のビアバーでも一斉解禁!

▼新潟ロックサン。乾杯の1杯はお店からのふるまい!

ディアブロナイト2015解禁♪今年もありがとうございます☺︎



▼大阪エニブリュ



▼大阪レゼット

【ディアブロナイト!2015】皆さんで新酒の解禁をお祝いですー^ ^

Posted by レゼット クラフトビール & フード エクスペリエンス バー on 2015年11月18日



▼立川マイテーブル

解禁しました(≧∇≦)!今週は日曜日にお昼の12:00から解禁イベントPart2も開催するので飲み逃した方はぜひ!(≧∇≦)

Posted by 諸国のみくい マイ テーブル(旧:ぐるくん) on 2015年11月18日



この3連休にかけて各地ビアバーで続々開栓されると思いますので、どこかで見かけましたらぜひ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧